お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

あしたのジョー

2011-02-21 | 映画2011
観てきました。
<新宿ピカデリー>

監督:曽利文彦
原作:高森朝雄、ちばてつや
脚本:篠崎絵里子

日本中が熱狂した、魂の傑作漫画完全映画化

なにが凄いって、冒頭から昭和中期の“ドヤ街”のセットが気合い入りすぎ。
「“貧乏”を表現するのに一番金かけてんじゃん」と、軽く矛盾を感じてしまった。

キャストでは香川段平と伊勢谷力石に釘付け。山Pはこの二人に比べると「持ってない」なあ。
ていうかジョーにしては「キレイすぎる」。

ストーリーは案の定駆け足で、当時アニメや原作を貪る様に観ていた世代にとっては味薄め。余韻少なめ。
とはいえ、まあまあ観られました。
「ICHI」の監督だったのですね。最初に知ってれば・・・。

【萌えポイント】
※建物中の蛇口をワイヤーで縛っておいて、力石の前に白湯ポットを持って現れる白木葉子。
ドSの調教か!?

それにしても倍賞美津子は何のために出てたのか。要らんやろ。
そして白木葉子の「過去」。蛇足以外のナニモノでもない。

70点。

公式サイト

あしたのジョー 劇場版〔DVD〕
ラインコミュニケーションズ

コメント (4)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« TVアニメ「けいおん!!」ラ... | トップ | カゴメコラボ「太陽のトマト... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBの交換、ありがとうございました。 (鍼原神無〔はりはら・かんな〕)
2011-02-27 16:44:55
>E-DOMさんへ
こんにちは。はじめまして。
Drupal.cre.jpのブログ記事「映画『あしたのジョー』の観所や面白さと不足感」とのTB交換、ありがとうございました。
遅くなりましたけれど、お礼申し上げます。

アタシの記事でも、映画について、少し辛めの評価書いていますが。
E-DOMさんの評価も渋めですね。
また、何かありましたら、よろしくお願いいたしますです。
思い入れ (edomu)
2011-02-28 09:20:15
鍼原神無さま

TB&コメントありがとうございます。
映画「あしたのジョー」についての考察、興味深く読ませていただきました。

昨年の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を見たときにも感じましたが、往年の名(迷)作に対しては、観ている側の思い入れが少なからず影響してしまうのでしょう。そしてその「許容範囲」の幅は、広く知られている作品であればあるほど、一人一人も変わってしまうわけで。
難しい作品を描いたカントクのチャレンジは評価しますが、この「ジョー」は「ヤマト」に比べて、「原作」に対する「アレンジ」が脚本・演出ともに「蛇足」だったなあ、と感じます。
こんにちは (おくやぷ)
2011-03-02 07:19:36
「“貧乏”を表現するのに一番金かけてんじゃん」

本当、そのとおりですね^^
おくやぷさま (edomu)
2011-03-02 21:46:09
ご訪問ありがとうございます。
この映画は、ワタシにとって、「観たい」部分と制作側が「魅せたい」トコロが微妙に「ズレ」ている感じがしてしまいました。気に入った部分も少なくないですが。

コメントを投稿

映画2011」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

曽利文彦監督 「あしたのジョー」  (追記あり) (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
観ようかどうしよか迷いました。 でもやっぱ気になります。 ちばてつや原作のマンガ「あしたのジョー」の実写化作品 公式サイト⇒http://www.ashitano-joe.com/index.html 原作はリアルに読んでた世代です。 当時、少年マガジンには「巨人の星」も同時に連載 星飛雄...
あしたのジョー(2011) (佐藤秀の徒然幻視録)
明日を信じない戦い 公式サイト。曽利文彦監督、山下智久、伊勢谷友介、香川照之、香里奈、勝矢、杉本哲太、倍賞美津子、津川雅彦。1968年から少年マガジンに連載されるや大反響を ...
映画レビュー「あしたのジョー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
映画「あしたのジョー」オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆傑作スポーツ漫画の実写化は、ノスタルジーの中に最新CG技術が絶妙に溶け込む。香川照之の存在感が抜群。 ...
[映画『あしたのジョー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・面白くって、何度も体に鳥肌を立てさせられたし、ホロリとさせられた。  よく、物語の構成を「序・破・急」と例えるけれど、この作品は「急・破・序」と言う普通と逆の順序で物語が展開されていた。  あまりにも有名な作品なので、ボクシングシーンに入る前段...
『あしたのジョー』  (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「あしたのジョー」□監督 曽利文彦□脚本 篠崎絵里子□原作 高森朝雄、ちばてつや□キャスト 山下智久、香川照之、伊勢谷友介、香里奈■鑑賞日 2月11日(金)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆...
映画『あしたのジョー』の観所や面白さと不足感 (Drupal.cre.jp)
 曽利文彦監督映画『あしたのジョー』を、アタシは公開初日に劇場で楽しんできました。  楽しんできたけれど、この映画、アタシは惜しいと思う。  「熱血ボクシング映画」としては
あしたのジョー (映画鑑賞★日記・・・)
2011/02/11公開 日本 131分監督:曽利文彦出演:山下智久、伊勢谷友介、香里奈、香川照之、勝矢、モロ師岡、西田尚美、杉本哲太、倍賞美津子、津川雅彦東京の下町で捨て鉢な生活を送る ...
あしたのジョー、あぁ、あしたのジョーや! (労組書記長社労士のブログ)
【=10 -3-】 昨日、香里園のティップネスで筋トレ追い込んで、さらにサウナ&水風呂で30分近く汗かきまくって、お風呂しっかり浸かって、そして家まで40分、思いっ切り歩いてさらに汗をかき、そして家に帰ってからはさくっとビールをたらふく飲んで汗かいた分の水分補給...
『あしたのジョー』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 あしたのジョー 』 (2011)  監  督 :曽利文彦キャスト :山下智久、伊勢谷友介、香里奈、香川照之、勝矢、虎牙光揮、畠山彩奈、中野裕斗、モロ師岡、西田尚美、杉本哲太、倍賞美津子、 津川雅彦...
あしたのジョー 2011(2011-013) (単館系)
梶原一騎原作、ちばてつや作画の超人気漫画の実写映画化。2回目?? 店頭で1970年に実写化されたDVDを見つけました。 自分が少年マガジンを読み始めたのは「あした天気になあれ」という 「あした」...
『あしたのジョー』 (ラムの大通り)
※作品も出演者もけなしてはいませんが、 人によっては不快に思われるかもしれないということが いただいたコメントで分かりました。 ファンの方は、スルーされた方がいいかも。 ----この映画の原作の高森朝雄って、 いま話題の『タイガーマスク』伊達直人を生みだした...
あしたのジョー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
高森朝雄・ちばてつや原作による同名ボクシング漫画を実写映画化。主人公・矢吹丈が宿命のライバル・力石徹と出会い、やがてリング上で対決するまでを描く。監督は「ICHI」の曽利文 ...
「あしたのジョー(2011)」 今、この作品を作る意味 (はらやんの映画徒然草)
「あしたのジョー」の原作の連載が開始されたのは1968年、僕が生まれた年です。
あしたのジョー  監督/曽利 文彦  (西京極 紫の館)
【出演】  山下 智久  伊勢谷友介  香里奈  香川 照之 【ストーリー】 昭和40年代、東京の下町で殺伐とした生活を送る矢吹丈は、元ボクサー・丹下段平にボクサーとしてのセンスを見出される。しかし、問題を起こした丈は少年院へ。そこでチャンピオンレベルの力を持....
「あしたのジョー」壮絶な打ち合いの末に丈がみた永遠のライバル力石の大きな壁 (オールマイティにコメンテート)
2月11日公開の映画「あしたのジョー」を鑑賞した。 この映画はちばてつや氏原作の映画「あしたのジョー」を 実写化した作品で、 喧嘩に明け暮れた矢吹丈が永遠のライバル力石 ...
「あしたのジョー」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや画による、日本を代表するボクシング漫画の金字塔を、「ICHI」「ベクシル2077日本鎖国」の曽利文彦監督、山下智久主演で実写映画化...
あしたのジョー (ハクナマタタ)
溶鉱炉のけむり 夕焼けにシルエットだけの工場群 オープニングでかかるあの曲そしてタイトル ドヤ街をあるくジョーから映画は始まる わたしはこの時点でぐっとこみあげてきた 原作のジョーで 自分がとても印象に残っている部分 2つあります ひとつ...
『あしたのジョー』 なぜジョーは立ち上がるのか? (映画のブログ)
 ある疑問を抱えて、私は映画『あしたのジョー』を観に行ったのだが、まずは本作の作り手にお詫びしなければならない。  私は2011年公開のこの映画を観て、「見事なCGIだなぁ」と思っていた。減量に減量を...