お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

機動戦士ガンダム00 #18

2008-02-09 | ガンダム
「悪意の矛先」

脚本:黒田洋介
キャラクター作画監督:大貫健一
メカニック作画監督:西井正典
絵コンテ、演出:長崎健司

「エクシア、目標を駆逐する!」

スローネの武力介入は続いている。そのやり方に三大陣営はガンダムへの有効な対抗手段を見失いつつあった。プトレマイオスのクルー達も、今は静観しているしかない。そんな中、沙慈の姉絹江は、新たなガンダム=スローネの情報を持っている男と接触する。

【今週のサジくん】
※スローネの攻撃に巻き込まれたルイスのお見舞いに。

【今週の乙女座】
※フラッグの性能試験の際の模擬戦にトラウマが。
※「そんな道理、私の無理でこじ開ける!」「今日の私は、阿修羅すら凌駕する存在だ!」

【今週の中佐&乙女】
※「中佐、ガンダムはここにも攻撃仕掛けてくるでしょうか」「可能性はある。奴らの目的が世界を破滅させることならばなあ」

【今週の萌えポイント】
ポニテも出来ない怪我のままフラッグを整備するビリー・カタギリ グラハム共々、漢だねえ!

なんだか一気にスローネサイドをワルモノに描きはじめましたね。ちょっと荒っぽい展開じゃないカイ?
そもそも、これまでの刹那達の作戦で全く一般人が犠牲になっていない、って描写がないので、スローネサイドの非道ぶりが、ちょっとしっくり来ませんでした。
それを際だたせるためのルイスの悲劇なのでしょうが・・・。

ルイスは「ガンダム」を憎むことになるのでしょう。そして多分絹江にも「ガンダム」の魔の手が迫ることは想像に難くないわけで。沙慈の心が憎しみで塗り替えられてしまうのかな・・・。

一方、今回オトコを上げまくったグラハム&ビリー。まるで彼らが主役みたいだったよ。
そして、腹に一物ありそうなアレハンドロ。彼はホントはドコまで情報を掴んでいるのでしょう。

何れにせよ、遂にガンダム対ガンダムの図式になってしまいました。四人のマイスターは、スメラギはどう動くのでしょうか。三大陣営のどこかと「ガンダム」が手を組むなんて展開もありそう。


→ 予想!リボンズはイオリア・シュヘンベルグのクローン。 WEB拍手お願いします。


公式サイト




機動戦士ガンダム00 マスコットロボ ハロ

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

ちびボイス 機動戦士ガンダム00 (BOX)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

HG 1/144ティエレン宇宙型 ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

機動戦士ガンダムOO 特典 ガンプラ FG「ガンダムエクシア ロールアウトカラー」付き

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« キューティーハニー THE LIVE... | トップ | 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ガンダム」カテゴリの最新記事