お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

2018-07-29 | 映画2018
観てきました。
<新宿ピカデリー>

監督:ロン・ハワード
キャラクター創造:ジョージ・ルーカス
脚本:ジョン・カスダン、ローレンス・カスダン

すべての男(ヒーロー)に、
はじまりの物語がある――


後に反乱軍の英雄になる男が、まだ何者でもなかった時代の物語。
これっていかにもスター・ウォーズ。エピソード4やエピソード1、ひいてはエピソード7と同じ文脈。
ましてや僕らは「彼」のその後を知っている。
どうしてもバイアスかかっちゃうよね。

面白かったけど、手放しでほめられないなあ。

ミレニアム・ファルコン。
無粋なおまけをつけちゃって。
ソレを最後に使うのがバレバレだっちゅーの。

キーラ。
ちょっと都合よすぎなキャラクター。
この後、本編でハン・ソロと絡むことはないわけで。
ただ、最後の展開は今後別なスピンオフでも出てきそう?

L3-37。
スピンオフのドロイドは、哀しい目にあうのが定番なの?
良いキャラなのに勿体ない。

それにしても、ハンもランドも、もう少し「面影」出せなかったか?

【萌えポイント】
※最後の赤い人!
ビックリした!

80点。

公式サイト

コメント   この記事についてブログを書く
« 仮面ライダービルド 第45話 | トップ | 仮面ライダービルド 第46話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画2018」カテゴリの最新記事