お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

犬神家の一族

2007-01-04 | 映画2006・2007
観てきました。
<池袋HUMAXシネマズ4>

監督:市川崑
原作:横溝正史 『犬神家の一族』
脚本:市川崑 日高真也 長田紀生
テーマ曲:大野雄二

昭和22年。犬神家の当主、犬神佐兵衛の遺言に記された莫大な遺産の行方をめぐって繰り広げられる人間模様と、それによって起きる連続殺人事件。
言わずと知れた超有名作品の30年ぶりのリメイク。


前作はテレビで観ました。筋とかうろ覚えの状態で鑑賞。

当時と殆ど同じ脚本とのことでしたが、流石に今観ると、伏線の扱いとか、ミスリードの仕方とか、結構粗いように感じてしまいました。ストーリーの繋ぎが唐突に感じられるところもあったし。

この映画の一番の見所は何と言っても富司純子ですね。凄い迫力。特に後半は独壇場と言ってもイイほど。佐清役の尾上菊之助と実の親子だからと言うだけでなく、子を思う親の凄みに、魅入ってしまいました。

比べるワケじゃあ無いですけど、石坂浩二は金田一としてはもはや年取りすぎでしょ。よく走ってましたけどね。

「松子・竹子・梅子」の3姉妹って言うのは「後付」じゃないとできない命名ですよね。 web拍手お願いします。

公式サイト


犬神家の一族

角川書店

このアイテムの詳細を見る


犬神家の一族

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


金田一耕助の事件匣 市川崑×石坂浩二 劇場版・金田一耕助シリーズ DVD-BOX

東宝

このアイテムの詳細を見る

コメント (2)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
« あけましておめでとうございます | トップ | プリキュア5公式サイトキャ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (八ちゃん)
2007-01-04 23:24:04
TBありがとうございます。そして明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

自分は映画の出来はどうでもよく、ただただ懐かしさとあの世界を楽しんじゃいました。レビューとしては失格でしょうけど…
今年もいろんな映画を楽しめたらいいなぁと思っています。
八ちゃんさま (edomu)
2007-01-05 00:12:06
コメントありがとうございます。
あけましておめでとうございます。
こちらこそ宜しくお願いいたします。

映画って人によっていろんな観方がありますよね。思い入れも人それぞれですし。特にこのような作品は色んな意見が出て当たり前だと思います。(って偉そうでデスね
今年も出来るだけいっぱい映画を観たいな、と思います。

コメントを投稿

映画2006・2007」カテゴリの最新記事

35 トラックバック

『犬神家の一族』 (ラムの大通り)
----これって、昔も作られなかった? 確か、同じ市川崑監督だったような気がするけど…。 「そう、いわゆるセルフリメイクってやつだね」 ----それって珍しくない? 「そんなことないよ。 かのヒッチコックだって34年の『暗殺者の家』を 55年に『知りすぎていた男 ...
「犬神家の一族」試写会レビュー レビューじゃなしに (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
完璧でしょ。原作や旧作を観ていない勉強不足のエセ芸大生にとってもそう感じられました。さて公開後の反響や興業はどうなるでしょうか。日本映画の信念を貫いた上での成功を期待しています。
犬神家の一族 (八ちゃんの日常空間)
リメイクというよりリバイバルを観ているような不思議な感覚でした。 新解釈とか斬新に作り直してもいいと思うのですが、あまりに忠実すぎます。そう、原作の持つイメージだけでなく、オリジナルの雰囲気そのものです。そのわけは「市川崑物語」を観て理解出来た ...
【劇場鑑賞139】犬神家の一族 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
莫大な遺産を巡って血塗られた惨劇がついに幕を開ける 絢爛な一族に起こる骨肉の争い 名探偵金田一耕助登場!
犬神家の一族 (メルブロ)
犬神家の一族 上映時間 2時間14分 監督 市川崑 出演 石坂浩二 松嶋菜々子 尾上菊之助[5代目] 富司純子 松坂慶子 評価 5点(10点満点) 会場 一ツ橋ホール(試写会) 簡単(テキトー)あらすじ 犬神さん家の子供達が、遺産をめぐり血みどろの ...
『犬神家の一族』 (flicks review blog II)
 1976年公開の横溝正史原作/市川崑監督による大ヒット作のセルフリメイク。
犬神家の一族 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
  金田一さん、事件ですよ-   日本映画史上 最高のミステリー       評価:★7点(満点10点) 2006年 135min 監督:市川崑 主演:石坂浩二 松嶋菜々子 尾上菊之助 富司純子 松坂慶子 萬田久子  奥菜 ...
2006年の「犬神家の一族」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
市川崑監督による1976年版「犬神家の一族」のセルフリメイク。主演の石坂浩二が ' 76年版と同じく金田一耕助を演じている。普通、リメイクというと何らかの手が加えられたり、脚本自体(視点を変えて描いた
「犬神家の一族」試写会&舞台挨拶 (Thanksgiving Day)
イイノホールで行われた、映画「犬神家の一族」の試写会に行ってきました!! 「犬神家の一族」といえば、横溝正史原作で何度も映像化されてる有名作品ですよね・・・とは言ってもぼくは内容をよく知らなかったんですけどね(-_-;) 『昭和23年、信州諏訪の犬神 ...
犬神家の一族 (ネタバレ映画館)
ストーリーを理解するためには「よく、聞く、事」だ! 
「犬神家の一族」遺言状に秘められた意図を読めず間違った愛情に走ったミステリー事件 (オールマイティにコメンテート)
「犬神家の一族」は30年前に角川映画第1弾として公開された「犬神家の一族」のリメークした作品で日本最大のミステリーとして豪華キャストが話題である。90歳を越えてなおメガホンを取った市川崑監督も凄いが、30年前の作品をリアルタイムで知らない世代に ...
犬神家の一族 (2006) 135分 (極私的映画論+α)
 30年ぶりにスクリーンで楽しめました。
犬神家の一族 (B級パラダイス)
ここ最近ですがDVDにて前作を観ました。今回、リメイクされるということで楽しみにしてたんですがなんとも微妙でしたね・・・。
犬神家の一族 (Akira's VOICE)
驚きと新鮮味は弱まったものの, 演技派の俳優たちによるドラマが, さらりとしながらも味わいのある印象を残す。
犬神家の一族/石坂浩二、松嶋菜々子 (カノンな日々)
有名な作品でTVで何度か放送したこともあると思うんですけど、実はこれまで観たことありません。なんとなくチラチラ観てたような気がするんだけど、ストーリーは全く覚えてないし当然犯人が誰かも全く知りません。湖面から突き出た二本の足の映像は子供だった私に ...
華やかに、舞い、散る、桜さながらの技量の極み (◆輝ける映画のときめき)
お正月に見たくなるのはまさに日本文化の香気と美術が馥郁と画面の隅々まで染み通っているからである。そのボワッとした日本の家屋の捉え方を見よ! 同じ谷崎の鐔椴藥随州の、これは映画化でもあるだろう。
犬神家の一族 (そーれりぽーと)
オリジナルはほとんど覚えてませんが、予告編を観る限り現代風にアレンジしてそうで面白そうだった『犬神家の一族』を観てきました。 ★★ 一言で言うと、「うわっ、面白くない邦画を引いてしまった」 「邦画は苦手」そう思っていたけど、ここ数年の邦画の面白さ ...
犬神家の一族 (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
30年ぶりのセルフリメイク。 配役も同じ人もいたりで、 ほんとに完璧なリメイク。
「犬神家の一族」:神谷町駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}おや、こんなところに骨董屋。 {/hiyo_en2/}東京には骨董品店がまだまだたくさんあるのね。 {/kaeru_en4/}30年前の「犬神家の一族」のDVDは置いてないかな。 {/hiyo_en2/}なんでDVDが骨董屋にあるのよ? {/kaeru_en4/}30年前の映画っていやあ、 ...
「犬神家の一族」(2006年版) 贅沢なリメイク版・・・ (追記)  (取手物語~取手より愛をこめて)
「犬神家の一族」のリメイク、しかも市川+石坂コンビで。これは金田一耕助ファンの私には非常に嬉しいと同時に、やってほしくなかったという気持ちと半々で非常に複雑なところでした。
不朽の名作サスペンスを楽しむ映画。『犬神家の一族』 (水曜日のシネマ日記)
横溝正史の名作探偵推理小説『犬神家の一族』のリメイク作品です。
犬神家の一族 (いろいろと)
12月16日より公開してます。 監督 市川 こん 主演 石坂浩二、松嶋菜々子、尾
犬神家の一族 (5125年映画の旅)
昭和22年、那須湖畔。大富豪犬神佐兵衛が莫大な遺産を残してこの世を去った。残された遺書には血縁関係の無い珠世と、彼女と結婚した佐兵衛の三人のいずれかの孫に全財産を相続させると記されていた。そして、遺産を巡って遂に殺人が起こる。事前に呼び出され ...
「犬神家の一族(2006)」 おかげでトラウマはなくなりました (はらやんの映画徒然草)
ミステリー映画はよく観ますし、推理小説もかなり読みます。 けれども1976年版「
犬神家の一族 (eclipse的な独り言)
 今日の休みを利用してみてきました。基本として監督も同じなので、味わいも前作と
犬神家の一族 (映画鑑賞★日記・・・)
『犬神家の一族』公開:2006/12/16(12/16鑑賞)製作国:日本監督:市川崑原作:横溝正史    『犬神家の一族』(角川文庫刊)出演:石坂浩二、松嶋菜々子、尾上菊之助、富司純子、松坂慶子、萬田久子、葛山信吾、池内万作、加藤武今年はイーサン・ハントも走った ...
犬神家の一族 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  古さと新しさのコラボレーション  
『犬神家の一族』 (てぃーちゃーのプライベート)
試写会にて、見てまいりました、『犬神家の一族』。 オープン間近な「シネプレックス枚方」のお披露目の意味もあって、ドリンクやフード付、しかも「王の男」とのダブル試写会と、普通とはちょっとちがった豪華さ。 でも……遠い、遠いよ、駅から!! しかも、 ...
映画「犬神家の一族」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「犬神家の一族」 横溝正史の『犬神家の一族』を、1976年に監督を務めた市川崑がセルフ・リメイク。 オリジナル版は角川映画第一弾として大ヒット。ただ、私の記憶に残っているのは湖から突き出た二本の足というショッキングな映像と、マスクを被った ...
映画『犬神家の一族』を観て (KINTYRE’SDIARY)
犬神家の一族(東宝)公式HP上映時間:134分鑑賞日:12月29日 シネフロント(渋谷)監督:市川崑出演:石坂浩二(金田一耕助)、仲代達矢(犬神佐兵衛)、松嶋菜々子(珠世)、富司純子(松子)、松坂慶子(竹子)、萬田久子(梅子)、岸部一徳(寅之助) ...
犬神家の一族 (勝弘ブログ)
http://www.fujitv.co.jp/inugami/映画館にて犬神家の一族微妙だ・・・そもそもこの話って佐清が戦争が終わった後とっとと帰ってくれば事件が起きなかったのでは?かなり後味悪いかも・・・殺人シーンのとき血を流すシーンは必須で
★「犬神家の一族」 (ひらりん的映画ブログ)
今年初・・いや、ひらりん史上初の二日連続2本鑑賞の1本目。 横溝正史原作で、昔テレビシリーズで見た記憶がある。 忠実リメークらしいし・・・映像技術の進歩がどうか・・・というところかなっ。
犬神家の一族 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『金田一さん、事件ですよ──』  コチラの「犬神家の一族」は、言わずと知れた横溝正史の大ヒットミステリー"金田一耕助"シリーズの映画化です。12/16公開になる市川崑監督のセルフ・リメイクなのですが、試写会で観てきちゃいましたぁ~♪  オリジナルは76年製...
『犬神家の一族』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ信州の犬神財閥の創始者である犬神佐兵衛(仲代達矢)は腹違いの3人の娘とその息子たち、佐兵衛の大恩人の孫娘野々宮珠世(松嶋菜々子)らを残して、この世を去る。巨額の遺産が、一族の争いの元凶となることを予期した法律事務所の若林は金田一耕助(石坂浩二)...
犬神家の一族 (Addict allcinema 映画レビュー)
金田一さん、事件ですよ──