お萌えば遠くに来たもんだ!

感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

三代目明智小五郎~今日も明智が殺される~ 第6話

2010-05-19 | ドラマ
「人間やめてやる」

脚本:福原充則
演出:山統司

「そう簡単に素直になれるのなら、怪人なんて名乗ってはいないのだよ」

見知らぬ人形だらけの部屋で生き返った明智中五郎。一方、明智の身を案じる小林少女の元に、20面相からの電話が・・・。

【今週の死因】
※撲殺→蝋人形に。

【今週の小林少女】
※タン塩15人前。
※食逃げ。
※チアガール。
※ファーコートで募金。
※ペットショップのペットを全て逃がす。

※前後編的な、みたいな?
前回も「この作品」のパターンを破ってきましたが、今回はその続きということもあってか、更にイレギュラー(?)な展開に。
小林少女と怪人20面相の存在意義という、アル意味この物語の根幹に触れるマジな部分があったり、ヒネリの効いた感じで面白かった。
メタ的な論を述べてみようと思ったが、ワタシの文章力ではムリっぽい。

※それにしてもキングオブコメディの彼、灰汁が強すぎるよなあ。

【今週の萌えポイント】
※蝋人形になりたくはないとは言えなくもないとも言っていない。 

→ 向島クンの運命や如何に?!ガクガクブルブル。 web拍手お願いします。

公式サイト

MBS公式サイト

三代目明智小五郎DVD-BOX

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

小池里奈@三代目明智小五郎-小林少女の事件簿- [DVD]

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 仮面ライダーダブル 第35話 | トップ | アリス・イン・ワンダーラン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

三代目明智小五郎~今日も明智が殺される#6 (MEICHIKUなんでもぶろぐ)
前回からの続きとなる物語であったが、完全に小林少女が主役になっていましたね。主役である明智中五郎はいつも異常に情けない役割であり、しかも今回は今一つ訳が分からない殺され方でした。(はっきり言って、明智が殺されないと物語にならないということで、無理矢理殺...