横浜PMクラブのブログ

心不全かつ動脈硬化で医者からは血栓ができないよう激しい運動は禁止され、またガンも見つかったのでランニングは控えています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国会答弁に「おごり」があった?

2017-08-05 16:58:24 | 何でも言ってみる

アベという生物は「おごり」という意味がわからずに発しているんだろうね。

まあこのインタビューが読売テレビで放送されたらしいし、それを報道しているのが報知新聞社なのだから身内びいきの太鼓持ち記事であるようなのだけれどもね。

なんで読売新聞グループが政府べったりの記事なのかというと、その一つの例ともいえるのが戦後自衛隊の前身の警察予備隊、この宣伝報道をさかんにやっていたのが読売新聞社ということ。

当然当時はテレビ放送なんていうものは稀有の存在であったからこういう報道は主に映画館で映画上映の前に流れていたりしたものですね。

今は映画上映の前なんかには他の映画の予告編やなんかが放映されているけど数十年前には報道の映像やらが流れたもんです。

そういうものをおさえていた読売新聞社、そういう歴史があって戦後における「戦中の大本営発表報道」の役割を担っていたのでしょうね、そしてそれが今でもそういう意識というかおごりというか、われこそが政府の報道を正しく伝える唯一のゲスコミという意識が抜けきっていないのでしょうと思いますが。

それをうまく利用しているアベであるのですが、今や読売グループの政府関係の報道=ウソ800という国民の認識となっていることすら気がつかないKY首相とも言われた過去があるアベのことですから、毎度の事で適当に言葉を取り繕っておけばあほな国民はだまされて支持率が上がるだろうと考えているのだろうね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メディアレイプ | トップ | 支持率44.4%?なんだ、読売... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

何でも言ってみる」カテゴリの最新記事