エコヴィレッジ鶴川は一日にしてならず

鶴川某地にて展開する自然志向のコーポラティブハウス「エコヴィレッジ鶴川」。
住民の手で心地よい暮らし、現在進行形。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さながらじどうこうえん

2007年01月28日 | 建設組合の様子
今日は集会室で総会。

改めてこうして集まると思いますが、
子どもが多い!そして元気!

今日だけではなく、
訪れるたび子どもたちが元気に遊ぶ姿を見かけます。
これだけ遊ぶ友達が近所にいて、
遊ぶ場所がいろいろあると、
(そこで遊んでいいかどうかは、大人たちに聞いてね)
こりゃ楽しいだろなあ。

自分の子どもを見ても、今は子どもたちが遊ぶのにも「アポ」が必要みたいだけど、ここは関係なし!
表に出れば、常に誰か遊んでいて、
遊ぶ相手には事欠きません。
私たちが子どもの頃を思い出す光景です。

しかも、近い将来は託児所がつくかも!
ということで、子育てにはとってもよい環境なのではないかと思います。

そのためかどうか分かりませんが、
エコヴィレッジでは、新たな命が次々と産まれています。

「少子化対策」が政策課題になっていて、
今も、いろいろな意味で新聞紙上を賑わしていますが、
どうでしょう、
少子化対策に、エコヴィレッジ。

(きらくな∞)
コメント

祝!完成…、いや引っ越し祝い(苦笑)

2007年01月28日 | 建設組合の様子
例によって一日中総会。
この総会をもって管理組合が発足し、
その後は、祝!完成…、
といいたいところでしたが、
まだ残っている工事もあるので、
引越し祝い!

今日も賑やかな宴会でした。
そして初めての自分たちの集会室での宴会でした。

いやいやいいですねえ。
住まいを目の前にして、
こうしてうまい酒が飲めるとは!

酒を飲んだ後、
いつも帰路に苦労している私としては、
ほんとうにうらやましい限りです。

しかも皆さん、
食材もさることながら、
本当に料理が上手で。

こうした宴会に参加するたび思いますが、
エコヴィレッジに入っていただく方たちは、
「環境」云々もそうですが、
ここきのかに限らず、
人間としての「快楽」に
素直に生きている方たちなのだと、
つくづく思います。
それを末永く享受できるには
どうしたらよいか、
究極を突き詰めていくと、
「環境」につながっていくのですね。

(きらくな∞)
コメント

あまみずを使おう!

2007年01月24日 | 建設組合の様子
雨水を溜める樽が設置されました。
この樽はウィスキー樽を利用したもので、焼杉板によく合います。

相模原のシップスさんの手で設置していただきました。

設置している間、子どもたちも興味津々で、またNさんもとても子ども好きな人で、子どもたちに優しく接しながら仕事してました。

(きらくな∞)
コメント