栄子ママの箏だより

時々お箏のお稽古をしています。

しきみ

2006-12-27 23:52:54 | おやオヤ親
義母の誕生日です二人で、お墓参りに行きました
手すりのついた路を(これで完成かな?)しっかりと登って・・
 見事なシキミをお供えしました
シキミ
モクレン科シキミ属・・
みかん山の端っこに植えてあります
3~4月、淡黄白色で2~3センチの花が咲きます
9~10月に熟すと裂け、有毒の種子をだします・・
「悪しき実(アシキミ)」の悪が略されて「シキミ」と
名前がついたと聞きました

シキミというと、仏花とか葬儀の木を連想してしまいますが
仏事に使われるようになったのは平安時代以降だそうで・・・

万葉の頃は
【奥山の しきみが花の 名のごとや しくしく君に 恋ひわたりなむ】
「しくしく君に恋ふ」恋歌の美しい花だったんですね・・
 今は
この花を恋人に贈る人はいないデスヨネ・・

あたたかくて心地よいお墓参り、思い出話もたくさんしました
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 雨の日に | トップ | 音もだち♪おともだち☆ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうか (babe)
2006-12-28 02:09:46
お誕生日、でしたね。
シキミにそんな出生の秘密があるなんて、
知りませんでした。
本当に何も知らなくて、あきれられています。。。
ま、ぼちぼちね
死者を守る木 (葉隠庵)
2006-12-28 18:57:08
シキミが寺の境内や墓地に植えられている理由について、愚生の蔵書「庭木の仕立て方」(堀江聡男著)は、次のように述べています。
「死人を土葬した時に、野獣が掘り返すのを防ぐためです。この枝葉の香りが野獣に嫌われることを利用したものです」
シキミ (くわばら)
2006-12-28 19:36:09
家の南の場所にシキミを植えています。実がなった時隣の人にこの実は毒なのですよと教えてもらいました。いわれは「悪しき実」と聞いて納得です。こちらでは、シキビとか、はなえだとか、しばなどとも言ったりします。父の墓参りに行かなくてはと思いました。
まだまだ・・ (エコマム)
2006-12-28 20:09:22
babeさん、83歳になった【久仁女】さんを見習って・・元気で生きましょう・活きましょう・行きましょう・・。
まだまだ知りたいことがたくさんあるし・・
知らないことだらけですものね。

明治生まれのひいおばあちゃんも、とてもお洒落でした・・。
好奇心を持ち続けていたし、自分の足で歩く喜びを嬉しく思っていた【女性】でした・・。
キラキラ光る金のネックレスも似合っていました・・。
土葬 (エコマム)
2006-12-28 20:14:22
葉隠庵さん、いつもありがとうございます。
納得しました・・。
お墓参り (エコマム)
2006-12-28 20:17:54
お墓に対する考え方も、ズイブン変わってきたのかも知れません・・。

お父様のお墓は、お近くですか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

おやオヤ親」カテゴリの最新記事