栄子ママの箏だより

時々お箏のお稽古をしています。

1812 Overture

2009-12-24 00:06:09 | 思い出の音
 23日、映画 『のだめカンタービレ 最終楽章・前篇』を
みました (写真は、ミスドの期間限定ドーナツリースです)

夫は、ロイヤルアルバートホールでチャイコフスキーの大序曲「1812年」を
ナマで聞いたのだそうです
実際に空砲を撃ち
煙と火薬のにおいがして本当に驚いたと何度も話してくれました

続きは、のちほど・・・

 12月25日、書き加えました

【チャイコフスキーは『大序曲 1812年』をキリスト教大寺院の前の広場で
演奏するつもりでいたので、吹奏楽、大砲、教会の鐘などのための楽譜を
別に書き加えたが、それらの効果はレコードでも忠実に再現されている。
しかしながら
この曲の初演は1882年8月20日、モスコーの演奏会堂でI・K・アルターニの指揮により
これらの余分の楽器を省略して行われたのである。】

ロンドン ステレオフォニック・サウンド レコード
ジャケット裏面の説明書きの一部です
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ハンドケア | トップ | PANETTONE »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
1812年 (いして)
2009-12-24 21:38:41
チャイコの1812年を生で聞いたのはうらやましいですね。
一度空砲でも聞きたいものです。
今日はクリスマスイブ。
サンタさんを信じる子もいないし、
どこかに行くわけでもなく、
淡々と過ごしています。
娘の宿探しの連絡がありました。
またしてもかさむ費用です。
こんばんは。 (エコマ)
2009-12-24 23:45:41
先ほど・・オーサン母娘が「ウォーキングの途中に寄りますので」って
来てくれることになって~~

サンタさんの衣装でお迎えして(上着だけですけど)ふふふ~
可愛いプレゼントをもらいました~!!

いしてさんもオーサンも
健康管理を怠らないし、ご家族が仲良く話しあえていて・・・見習いたいと思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

思い出の音」カテゴリの最新記事