栄子ママの箏だより

時々お箏のお稽古をしています。

水茎の・・

2009-05-24 00:17:13 | お知らせ
良寛墨宝展 ー最晩年の芸術と生涯ー

愛媛県美術館にて 5月31日(日)まで


 日本人でいちばん温かく美しい字を書いたひと
良寛和尚(1758-1831)は、子どもと毬つきや、かくれんぼを
した心優しい人物として「良寛さん」の名で親しまれている禅僧ですが
同時に江戸後期を代表する歌人、書家として高く評価されています・・・

墨宝展のチラシを見ては、「行きたい!」と思っていました

23日(土)学芸員さんのフロアレクチャーもしっかり聞いて
音声ガイドも借りてじっくり味わってきました

新潟県公式観光情報サイトも読みました


朝霧に一段低し合歓の花 以南

水茎の あとも涙に かすみけり
    在りし昔の ことをおもひて 良寛

 【水茎のあと】とは、書かれた文字やその筆跡を言います
語源には諸説あるようですが、平安時代以後の用法だそうで
「水茎」を筆、「水茎の跡」で文字・筆跡を意味する例が多く見られるとのこと



    


こどものとも 絵本原画展
愛媛県美術館
5月28日(木)~7月5日(日)

愛媛県出身・MAYA MAXXさんの原画も初公開!だそうです
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« FAREWELL | トップ | パイオニア ミニコンポ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お一人で? (デコ)
2009-05-25 20:59:35
絵本の原画展は
よかったらご一緒したいです
デコさん♪ (エコマ)
2009-05-25 22:14:17
そうですね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お知らせ」カテゴリの最新記事