ねじ取りを買いました

2017年07月29日 | 揺らし系
1日の練習時間は、(指の痛みがあるので)今のところ3時間が限界かな‥今日は、小指が少し腫れてきた。
なかなか上達しない、焦っては駄目か‥。


なめたねじを外す道具を買った。


ハンマーでたたく方式のもの‥本当に使えるのかどうか、不安
‥と思っていたけど、
あっさりと、なめたねじを外すことが出来た(!o!)オオ!。
このねじ取り、使える!!



ジャンク品コーラスの修理再開。


2時間後‥。
配線に苦労して時間がかかったけれども、音が出るようになった(ツマミのコントロールも、電子スイッチのオンオフもできるようになった)\(^O^)/。
けれども新しく取り付けたLEDが、何故か光ってくれない(?_?)。

アノードとカソードをつけ間違えたのか、それともプラス側に結線した抵抗3.3kΩではダメだったのかな?

‥LEDの線を反対に付け替えたところ、光るようになった。


電源ジャックも、センターマイナスの絶縁タイプに付け替えたし、


音も出るし、コントロールもちゃんと効く。

ただ、オムロン製電子スイッチを新品部品に交換したのに、オンオフが気まぐれにしかできない(?_?)。
この症状はスイッチの接触ではなく、基板上の古い電子部品の問題っぽかった‥年代物のジャンク品なので、電解コンデンサなどの寿命で容量抜けしているのかも?


電源を入れて1時間ほど使っていると、正常にフットスイッチでオンオフできるようになった(?_?)。

ということは、DOD FX65 ステレオコーラスのリペア自体は、うまくいったみたいだった。

好みの音色なので、電解コンデンサ交換をしてみる価値はありそう。

コンデンサでなければ、電子スイッチのオンオフは基板上のトランジスタ(FET)が関係しているので、トランジスタ部品の故障の可能性も考えられる。
『楽器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自作ディストーションを作り... | トップ | ミュートボックスを作りました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

揺らし系」カテゴリの最新記事