エコネットちくご

筑後市の市民・事業者・行政の3者協働による環境ボランティア

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダーウィンと地球温暖化?

2009年01月24日 19時05分49秒 | Weblog
今年が、ダーウィンの生誕200年という新聞記事を見ました。
 私が学生の頃、進化について、そういうこともあるな!という本を読みました。何というのか忘れてしまいました。それは;
「生命の進化はいろんな条件があり、不可逆的である。つまり進化は科学的ではない。ダーウィンは産業革命当時の社会思想を進化に当てはめただけで、進化論は思想である。」というものでした。
 私は若い頃、名古屋で風洞試験をしたことがあります。そのとき試験の前にすることは、前回と同じ条件で試験し、同じ結果が得られるかという「再現性試験」でした。このことが「ぶれない」技術の進歩になるものと思います。
 いま、地球温暖化の原因としていろんなことが言われています。
生命の進化と一緒で地球の温暖化についてもたくさんの要因が重なって起因するものと思われます。そのような種類の現象を科学的に解析することはあくまで参考であります。IPCC・環境省・自治体が二酸化炭素削減を言うのは、それがアクションの前と後で効果が計量化できるからであると思います。(私は福岡県地球温暖化防止活動推進員をボランティアでしている会社員です)いろんな意見が出てくるのは歓迎することですが、省エネへのアクションに水を差すような言動は控えて欲しいものです。「β」
コメント   この記事についてブログを書く
« 100万人のキャンドルナイトの... | トップ | 見つけたもん勝ち »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事