クイリングバー研究家・河内恵一

◎各種クイリングバー設計(ECONESSNET)、製作(カワウチ技巧)、販売(ECONESSNETショップ)◎

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2020年4月16日 ECONESSNETオリジナル「ペーパーマスク」紹介。   

2020年04月16日 | クイリング・マスク

「新型コロナウイルス」の猛威が中々おさまりません。「マスク」が品不足で、入手できない状況が続いています。
政府から「マスク、2枚」が届きはじめましたが、十分な供給の見通しは、未だ先のようです。そこで、ECONESSNETオリジナル「ペーパーマスク」を作りました。
  専用紙を型紙に合わせて裁断。型紙は、
   追加裁断後、フィルター紙を粘着する。(予め、粘着済みの場合が有ります)
    
 カール面を下にして、仕付け線入を入れる。山・谷折りを行う。
 上下の区別が分かるように目印を付けると、折り込む方向の目安になる。
  
折り返しの、仕付け線を、両端に入れる。
 内側に折り曲げた後、アイロンで、圧着する。
 別途、補強のために、5~8㎜程度の細紙を圧着しても良い。

      鼻当てライナーと耳当てゴムを、圧着する。ゴム長の標準長さは、20㌢。交換用ライナーを挟むスペースを空けるため、予め剥離紙を差し込む。交換用ライナーを差し込んで完成。
 耳当てゴムを圧着する際のペーパーの寸法は任意で良い。交換用ライナーは、キッチンペーパーなど、任意の素材で良い。
  必要に応じて、除菌スプレーを噴射する。 
     コロナに負けない意識高揚のため、ワンポイントのマークを付けました。
〔 参  考 〕
・このマスクの特徴は、内側に交換用ライナーを差し込む折り返しが有る事と、幅を4㌢詰めれば子供用に転用できる事です。
・マスクの素材は、熱圧着糊付きと、糊ナシの場合が有ります。糊ナシの場合は、サージカルテープや裾上げテープなどをご利用下さい。
・圧着糊が付いている素材の場合は、完成後、口元の部分に温水シャワーを当てて、糊を洗い流すと呼吸が楽になります。使用後の洗浄にもなります。


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2018年7月12日 オリジナル・... | トップ | 2020年4月18日 自作「ペーパ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

クイリング・マスク」カテゴリの最新記事