Earth Spiral

Survival&Creative life. 
大地と魂の声を聴き、自分の道を歩め

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エッセンス・オブ・こびっと~共時律と因果律

2014-02-03 | [こびっと百貨店/こびっとハウス]

こびっと もりのくらし道場をやるに当たり考えたこと。

道場の目的は、案内の方にも書いているけれど、
大きなシステムに力を預けた状態であきらめるのではなく、
自分の持つポテンシャルやクリエイティブな力を使い、
現実を思う方向へ変化させていく力を、
ひとりひとりが取り戻すことだ。
そして、実際に現実を変えることだ。

そのためには、自分の「外側」と「内側」の
双方を変容させることが両輪になる。

外側としては、自分の現実的なライフスタイルを変えていくのに、
自然と共生するってどういうことか?地球に生きる礼儀作法は何か、
ということを、エコリテラシー、パーマカルチャーの原理原則などを知り、
出来るところから実践し、地球上でのサバイバル能力を高める、
というのが、「外側」の軸だ。

そして、プロセスワークやボディワークで、
自分自身の心や体に対する思い込みを外していく。
それは、世界への思い込みを外すということでもあり、
結果的に自分で自分を制限していた力が外され、
本来の自分の力が出やすくなる。
それが、もう一つの「内側」の軸だ。

自分が、その双方がなぜ大事だと思い、両輪だと思ったかは、
プロセスワークを担当してくれるタケさんとの
ミーティングを通して、徐々にはっきりしてきた。

その一つが、双方に共通するのが、
「因果律」ではなくて、「共時律」が
重なる部分にあるのではないかということ。

起きていることの善悪を判断し、原因を求めるのではなく、
起きていることを起きているままに、さらによく観察していく。
そこから、見えていなかったものが立ち現れる。

何か別なものになろうとするのではなく、
そこにあるものがどこへ流れようとしているのかを感じとる。
そういう世界観だ。

因果律が有効に働く場面ももちろんたくさんあるし、
エコリテラシーやパーマカルチャーは
生態学やその他の近代科学による知識が大半に含まれるので、
大方、因果律の世界観の中に入っている。

しかし、その知識を実際にどう使っていくのか、
という土台には、人間の意識が関わっている。
人間の意識はあるレベルから、因果律では推し量れない領域に入る。

簡単に言うと、これがあれしてこうなって、
と理論的に説明できないけど、直感や感覚的にこうなんだよ、
という部分のことです。

それは、科学というものがもっと進んだ時に、
解明されるのかもしれないけれど、今はそうではない。

しかし、科学で解明されるものにとらわれすぎたり、、
自分の頭の中に固定化されたやり方にとらわれると、
閉塞している現実をブレークスルーすることはできないので、
違うやり方をインストールする、または、
無自覚な思い込みをとっぱらう必要があるのですね。

そのためには、ちょっとした訓練、ちょっとした修業が必要。
その修業の場が、『こびっと もりのくらし道場』というわけだ。

そして、その、因果律と共時律の世界の橋渡しをするのに、
「からだ、身体感覚」が役割を果たすという話を次に書きます。

(つづく)

こびっと もりのくらし道場
2月4日(立春)より、受け付け開始します。
詳細は→http://www.earthspiral.jp/pages/000165.html
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« シンクロ読書法 | トップ | 募集をはじめました!『こび... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

[こびっと百貨店/こびっとハウス]」カテゴリの最新記事