Earth Spiral

Survival&Creative life. 
大地と魂の声を聴き、自分の道を歩め

自分自身と真理を頼りに生きよ

2021-04-17 | Esoteric Astrology
「そういうわけで、私があなた方に教えたのは、そう聞いたからというだけで、信じてはならないが、自らの意識で確信したならば、その信念にしたがって一所懸命に行動せよということである」
(『イニシエーション』アリス・ベイリー著 「主仏陀は言われた」より)

仏陀は入滅の直前に弟子たちに
「自分自身と真理を頼りに生きていきなさい」
と説いたと言われており、それを自灯明(じとうみょう)・法灯明(ほうとうみょう)というそう。

仏陀は私たちの様々な階層にある欲求と、それがもたらす苦難について明らかにし、その土台のもと、キリストが欲求の変性を説いたと考えることができます。

4月20日5:33に太陽は牡羊座から牡牛座に移動します。牡牛座の秘教的なキーワードに「欲求」があります。欲求とは、私たちが望むところに連れて行ってくれる「力」でもある。

牡牛座は一般的には「地」のエレメントであり物質世界、五感の世界とかかわりが深い星座と捉えられています。それは低次表現において物質界の欲求に目が向いているから。

この牡牛が方向転換をし、その目が霊的方向に向いたとき、欲求の牡牛は神聖なる牡牛に変容します。
もう一つの牡牛座のキーワードは「イルミネーション」。イルミネーションを得た牡牛は、神聖なる方向に向かい、今度はその方向に向かって突進するパワーを使うことができるようになります。

人間は物質方向と霊的魂的方向の間で、長い間葛藤を続けてきていると言えるでしょう。どこでイルミネーションを得るか?それは欲求に従って行動することで、いつか得られるものなのかもしれません。そのためには自分の欲求に自覚的である必要があります。

人の言うことを簡単に信じてはいけないが、自分が真実だと思ったならば、そこに向かって進みなさいとあります。この言葉には、イルミネーションと突き進む力、そして自分と真理への信頼が含まれていると捉えることができます。

仏陀は太陽が牡牛座にある満月の時に誕生し、悟りを開き、入滅したと言われています(花祭りは4月8日だけど(;^ω^)あれ?)。というわけで、牡牛座太陽の時に起きる満月は、仏陀の力とつながることができる日であると言われています。今年は4月27日。

現在、牡牛座には変革の星である天王星が滞在中。
これが少しでも、人類にイルミネーションをもたらし、物質方向への欲求から、より高次の方向への意識の方向転換の刺激になりますように。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 痛みや悲しみの共有 | トップ | 天使へのお土産 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Esoteric Astrology」カテゴリの最新記事