Earth Spiral

Survival&Creative life. 
大地と魂の声を聴き、自分の道を歩め

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

冬の手仕事時間

2014-01-16 | パーマカルチャー的暮らし
冬になったらカゴ作りなど手仕事をやろう、と毎年思う。
しかし、カゴ作りも、裂き織も、編み物も、縫い物も、
何もかも3日坊主で終わる自分。

しかし、今日は、あることをきっかけに、ひとつ、決断をしました。

「一日30分でも良いので、手仕事の時間をつくること」

今は今年のこびっとハウスでのワークショップや内装作業のこと、
それから、グリーンシーズンではできない読書をするなど、
また、春のスタートダッシュに向けての仕込期間なので、
そこはそこで、しっかりやらないといけないところ。

でも、頭を使うことが中心なので、
手仕事をすることで発想が広がったりするに違いない、
という気もして、始めてみることにしました。

というわけで、手始めに、
棚の中にしまいこんでいた天然石のビーズなどを引っ張り出して、
ビーズワークをすることにしたのですが、
なかなか、創りたいものが思い浮かばず…。

木のビーズがあったので、木と石を合わせてみようと思って、
ちょっとつなげてみたりしました。
そうやって、やってみると、
あ、この木をもうちょっと加工すると、
かっこよくなるかも!と思ったり、
いろいろやりたくなってくるわけです。

それで、思い立って、直径6~7センチほどの枝を
スライスしいたものが手近にあったので、
彫刻刀で掘ってみて模様を付けてみることにしました。

彫ってみると、表面には年輪があるので、
イメージしたものがそのまま彫れるわけでもなく…。
なので、木が削らせてくれる方向を見ながら、
でも、自分も描きたい模様を考えながら掘る。

これって、なんて土星的な作業なんでしょう!
と思いながら彫っていきました。
木との対話も楽しいです。

あまり模様が目立たないので、
最後にバーナーでボーっ!と焼いて、
蜜蝋塗って仕上げたら、意外に良い出来。

やっぱ、まずはやってみるもんだなということを改めて確認。
あとは、3日坊主で終わらないように、
続けていけることを祈る次第です。

他にも、羊毛クラフト、ビーズクラフト、
染め、編み物、籠編み、裂き織など、
材料と道具だけは揃っているのであります。
小学校のころを思い起こせば、結構手芸マニアで、
近くの手芸店でいろんなものを買ってきては、
なんだか作っていたことを思い出しました。

地道に頑張りたいと思います。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 雪の結晶 | トップ | 『こびっと もりのくらし道... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

パーマカルチャー的暮らし」カテゴリの最新記事