私的美遊空間

美しく愛しいものたちへのつぶやき

医療付きリバーサイドホテルのベッドで考えることは食べ物の事ばかり

2018年08月13日 | 健康

先日、夏風邪をこじらせニ週間入院して来ました。

風邪をひいて弱ったところに「真菌感染」に見舞われ、
喉に針が20本も突き刺さったかのような痛みで、
飲むことも食べることも出来ずに、脱水と飢餓状態となり
緊急に入院するはめに。

入院するまでの一週間ほどは、ほどんど飲まず食わずで
みるみる5kgも体重が落ちました。

天井を眺めつつ湧いてくるのは
あれも食べたい!これも食べたい!という思いばかり。

あ~ラーメンが食べた~い、餃子が食べた~い
スイカにかぶりつきた~い、コーラをゴクゴク飲みた~い・・・





~ 病室からの夜景 ~

夜中になるとなぜか舌の全体が痛くなり寝ておれず
ナースコールで「痛み止めの点滴」をお願いする毎日。

そんな中、心を癒してくれたのは、外の景色。
夜間は川面に橋の外灯の光りが写り込んできれいでした。
この景色が見られのは入院患者の特典のようなもの。
素敵なリバーサイドホテルに泊まって来た気分です。

* * *

急に状態が悪化したものですから、皆さんには何もご挨拶もせず
長い間、音信不通で申し訳ありませんでした。
もう何でも食べられるようになりました。

またボチボチと投稿を始めますので、
よろしくお付き合い下さいますようお願い致します。

越後美人



コメント (31)