豊洲海老ブログ

東京豊洲の佃林(つくりん)の公式海老ブログ。東京都中央卸売市場のエビの情報を発信します

飲食店ドットコム 食材仕入先探しに佃林掲載

東京築地のエビ
▲新規飲食店とのマッチングサイトです

豊洲市場移転のお知らせ

豊洲市場の銀鱗会で、根室のご縁がつながりました

2019-03-17 00:30:00 | 豊洲市場の日々
豊洲市場の海老専門仲卸の佃林です。豊洲市場の管理施設棟3階には銀鱗会という小さな部屋があります。築地にあったこの団体が持っていた、魚河岸の古い図書や資料を、整理しておいています。そこで、現在2019年3月、小さな絵画展が開かれています。
大卸の築地魚市場株式会社の役員だった石崎さんという方の絵です。うちの先代とボランティア団体でご一緒していた方です。石崎さんは今84歳、70歳の時に絵を習い始めたとのこと。築地を書いたものや、旅行先の絵など素晴らしいです。
ある日、並びのラーメン屋で隣にお座りになりました。あら、とお互いご挨拶。で、この絵画展に伺いました。中央のテーブルにかわいらしい汽車の絵のコピー、そして根室のことを書いた文章の小冊子がありました。
根室はどういうご縁ですか?と伺いましたら、「おじいさんが住んでいたので疎開していた」とのこと。お話はそこから続きます。
そして、実は私のコーラスのお仲間に、根室の出身の方たちがおいでです、と言いますと、さらに話が進んで、東京の根室会の方をご紹介することになりました。
一昨日、根室会の方たち4名、豊洲においでになりました。みなさんお喜びになってお話も尽きないようでした。
私も含めてお互いに、ご縁としかいいようのない出来事でした。



▲石崎富士夫作 根室拓殖鉄道の絵


店舗 江東区豊洲6-5-1
水産仲卸売場棟1階ニ039〜042
電話0366335327

事務所 江東区豊洲6-6-1
管理施設棟404
電話0366335328



コメント

豊洲に移った茂助だんごが切手になりました

2019-03-16 16:19:36 | 豊洲市場の日々
豊洲市場の海老専門仲卸の佃林です。ここ豊洲市場には、築地市場内にあった、いわゆる関連棟というところ店舗も一緒に引っ越してきました。寿司屋ラーメン屋、あの1号店の牛丼の吉野家などの飲食店、そして、金物屋、漬物屋、カツオ節、昆布の店などなど。
茂助だんごも豊洲市場の管理施設棟3階に来ました。そのお団子が切手になりました。同じ階の郵便局で売っています。
以前流行った「だんご3兄弟」、この作者は茂助だんごが好きで築地の店によく来ていたそうです。この歌のモデルになったお団子は、串に3つ。餡はこしあんのとつぶあんの2種類。そして焼き団子はしょうゆ味です。みたらしではありません。ここ、ファンには大事なところです。
なんだかうれしい切手です。



▲茂助だんごの切手


店舗 江東区豊洲6-5-1
水産仲卸売場棟1階ニ039〜042
電話0366335327

事務所 江東区豊洲6-6-1
管理施設棟404
電話0366335328



コメント