豊洲海老ブログ

東京豊洲の佃林(つくりん)の公式海老ブログ。東京都中央卸売市場のエビの情報を発信します

築地市場の佃林です。連絡なしのキャンセルとは!!

2018-02-24 14:33:07 | 築地グルメ
築地市場の海老専門水産仲卸の佃林です。今週の事、午後事務所に1本の電話があり、ボタン海老のご注文いただきました。はじめてのお客様でした。このところシケで、ボタン海老はかなりの高値であることお伝えしました。安定している時期には1キロ5~6千円のところ、2万円~3万円もの高値であると。ご注文いただいても2万円近くなってよろしいでしょうか、と念を押して聞きましたら、必ず行くから取っておいてください、とのことでした。お名前と携帯電話お聞きしました。で、次の日、朝6時半のお約束でしたが現れません。連絡なし。こちらからお電話しても出ません。このような高い値段の物、右から左に売れるものではありませんし、次の日に売るようなものでもありません。二度とお出でにはならないでしょうが、約束、商取引での約束事を守らないで、さて、どうなさるのか。当方もお客様対策などということを考えねばなりません。生ものの取引というものをご理解いただきたいと思います。


▲(参考 ボタン海老・シマ海老)


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

築地市場の佃林です。事務所の裏の大宗旅館の梅。

2018-02-15 14:28:33 | 築地市場の今
築地市場の佃林です。当社、店舗は築地5-2-1の東京中央卸売市場内にありますが、事務所は築地7丁目にあります。事務所の裏手に古い木造2階建ての旅館があります。現在はほぼ開店休業状態。知ってる人しか泊めない、とのことです。木製の塀に沿って、植木が並んでいます。知らないうちに増えていくのだそうです。「置いてっちゃうの」だそうです。きれいにお世話しているのが見てとれるので、捨てるのが忍びない鉢を、そっと、置いていくのでしょう。勝手口の両側には紅梅白梅一鉢ずつ。今日2月15日、こんなに咲いていました。梅が咲いたら、うぐいす餅、食べたくなります。さて、どこに、、。


▲築地7丁目の梅


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

築地市場の海老専門水産仲卸の佃林です。今日2月10日の車海老。

2018-02-10 12:26:56 | 築地車海老日記
築地市場の海老専門仲卸の佃林です。活きた車海老、生のボタン海老・甘海老・シマ海老、冷凍の各種海老やカニ・ホタテ・イカ等を扱っております。

このところ、活け車海老、生の赤い海老たち、高値です。生の赤い海老たち(ボタン海老・甘海老・シマ海老)は、日本海側北陸から北海道で獲れるので、シケだと入荷が減るのです。このところの悪天候で入荷少なく、値が高騰しております。日によって入荷の状況が違うので、前日にお問い合わせください。

さて、活け車海老、例年ですと、この時期は入荷も潤沢で安値で安定することが多いのですが、今年はいったいどうしたことか、入荷が少なかったりして、えっと思うような値がついていたりします。養殖場は九州沖縄にありますが、このところの寒波で海老が弱っていたり、池の底に潜って動かなかったりするそうです。いずれにしても、自然を相手の仕事であることを思い知らされます。

写真は、今日の車海老、海水の状態やエサによって色が違っています。赤く見えるのが沖縄、黒っぽいのが鹿児島です。


▲活け車海老、右の赤いのが沖縄、左の黒いのが鹿児島


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする