豊洲海老ブログ

東京豊洲の佃林(つくりん)の公式海老ブログ。東京都中央卸売市場のエビの情報を発信します

飲食店ドットコム 食材仕入先探しに佃林掲載

東京築地のエビ
▲新規飲食店とのマッチングサイトです

豊洲市場移転のお知らせ

築地市場の佃林です。新年会

2018-01-29 17:06:50 | 海老グルメ
築地市場の佃林です。久しぶりに、社内で新年会をしました。佃林では飲み会はありません。先代の社長も飲まない人だったこともあり、また日頃朝の早い仕事で、夜は早く皆寝る習慣なので、時間の遅くなりがちな飲み会は敬遠。食材の試食も兼ねて、食事会を時々行います。
今回はお客様の店、五反田の中華料理店の梅林さんにうかがいました。いわゆるグルメサイトでは焼きそばが有名な店です。しかし、コースでだしていただいたお料理すべて、とても美味しかったです。当社のアオリイカの炒め物や同じく当社の天然の海老の炒め物なども出してくださいました。どちらも、素材を生かした味で、食材の質にも改めて自信を持ちました。
(アオリイカの炒め物、と、皮つき豚肉の旨煮の写真、とりそこねました)


▲前菜

▲フカヒレのスープ

▲白魚の揚げ物

▲天然の大海老の炒め物

▲上海焼きそば


コメント

築地市場の佃林です。白田さんの梅の花

2018-01-27 15:23:58 | 築地市場の今
築地市場の水産仲卸の佃林です。佃林の事務所は築地7丁目にあります。北海道漁連ビルの6階です。このビルの裏口目の前に、今はほとんど開店休業状態の大宗旅館という日本家屋があり、塀に沿って植木鉢が並べられています。ここのご主人の白田さんが丹精こめて育てている花々です。「通る人が鉢をおいていくんだよ」ということで増えてしまったのだそうです。塀の勝手口の門の前に紅白の梅が一対。ちらほらと花が咲き始めました。毎年、この花が咲き始めたころ、寒波が来ます。今年は大雪が降りました。それでも花は増え続けています。このところ寒い朝が続いていますが、もう少しで春、と励まされます。


▲白田さんの梅の花


コメント

築地市場の佃林です。1月23日。大雪から一夜あけて、築地市場ほぼ通常業務。

2018-01-23 11:25:21 | 築地市場の今
築地市場の佃林です。東京、大雪の22日から一夜明けて23日。快晴です。まだあちこち雪が残っています。大きな通りは車の通行があるのでどんどん溶けています。歩道や日の当たらない細い道はぐちゃぐちゃ。
築地市場内、ほぼ通常業務。お客様の来店は少ないです。電話などのご注文は通常通り。ただ、いつもより配送分が増え、配送業者がパンクして、受付できない状態になっています。
入荷も少ないのですが、注文も少ないです。
品物によって、この先も入荷が不安定です。前日の午後にはわかるのでどうぞお問い合わせください。


▲午前10時半ごろの築地市場海幸橋門より

▲晴海通り、午前10時半過ぎ。築地6丁目交差点から勝どき橋方向。渋滞でまったく動きません。


コメント

築地市場の佃林です。1月22日築地、大雪です

2018-01-22 21:03:27 | 築地市場の今
築地市場の佃林です。今日1月22日、朝からチラホラ雪模様でしたが、午後になってだんだん雪が強くなり、午後2時を過ぎた頃から吹雪のようになってきました。佃林も、普段は午後5時ごろまでは事務所での業務しておりますが、社員の安全を考え、4時で閉めました。外はすでにうっすら雪が積もっています。明日の朝が心配です。荷物は来るのか、社員は無事に築地に来ることができるのか。お客様はおいでになれるのか。配送は可能か。心配です。写真は築地市場正門付近午後5時です。この後も降り続いています。


▲雪の築地市場正門付近


コメント

築地市場の佃林です。お年賀の手ぬぐい、タオルのこと

2018-01-09 11:24:29 | 築地グルメ
築地市場の佃林です。年の初めは、お客様はもちろん、場内の仲間ともお互いにお年賀タオルや手ぬぐいを交換してご挨拶を交わします。昔は皆、毎年手ぬぐいを染めていたのですが、今では、染めた手ぬぐいは数えるほどです。趣味人の多い築地ですが、染めの手ぬぐい、少なくなって貴重です。


▲染めた手ぬぐいで半纏の形に折ってあります

▲いただいたタオルと手ぬぐい


コメント

2018年新年あけましておめでとうございます。築地市場の佃林です。

2018-01-09 10:33:30 | 築地市場の今
2018年新年あけましておめでとうございます。築地市場の海老専門の水産仲卸、佃林です。築地市場での最後の新年です。初荷は1月5日でした。年明けは順調なすべりだし。お客様とご挨拶、恒例の店の名入れタオルをお渡ししています。初日は場内の仲間(市場内の仲卸のことを仲間とよびます)とご挨拶を交わし名入れタオルをお互いにやりとりします。手ぬぐいを毎回染めていた時代もありましたが、今はほとんどの店が名前の印刷だけ入ったタオルにしています。今でも数件は、染めている仲間、お寿司屋さん、天ぷら屋さんがあります。だんだん少なくなっていきます、こういう習慣。

さて、写真は6日入荷の活け車海老。潤沢。チャンスかも。


▲長崎東興の活け車海老


▲各地から、おが屑やシートで箱詰めされてくる活け車海老



コメント