豊洲海老ブログ

東京豊洲の佃林(つくりん)の公式海老ブログ。東京都中央卸売市場のエビの情報を発信します

飲食店ドットコム 食材仕入先探しに佃林掲載

東京築地のエビ
▲新規飲食店とのマッチングサイトです

東京築地市場佃林の車海老 カニ

2017-01-28 15:29:16 | 築地車海老日記
東京築地市場佃林の車海老 カニ
コメント

築地の挨拶、お年賀手ぬぐい

2017-01-26 12:23:22 | 築地車海老日記
築地市場の海老専門仲卸の佃林です。今日は1月26日。あっという間にまもなく1月が終わります。築地の初荷は例年5日。初荷の日は、お客様にも仲間にも新年のご挨拶をします。仲間というのは、築地市場の水産仲卸の仲間と、同業つまり海老屋仲間などを言います。日頃お互いに品物の売り買いのある仲間、そして同業海老屋仲間、それからご近所向こう3軒両隣にお年賀のタオルを持ってご挨拶です。お年賀タオルはお互いのやり取り。今は少なくなりましたが、お客様から頂く時もあります。昔は皆手ぬぐいでした。自分の店のデザインに名前を入れて染めてもらい、用意したのです。今ではほとんどの店が名前入りのタオルになりました。今年は4軒、昔ながらの染めの手ぬぐいのところがありました。その中の一軒、海老屋仲間の水栄さんのはこういう形に折ってありました。

▲築地市場仲卸「水栄」さんのお年賀手ぬぐい


築地海老専門仲卸 株式会社佃林
〒104-0045 東京都中央区築地5-2-1 TEL03-3541-2328 FAX03-3546-3816
コメント

築地市場内の水神社も宙ぶらりん

2017-01-23 21:30:23 | 築地市場の今
築地市場の佃林です。築地市場の中、あの吉野家1号店の横に、小さな神社があります。神田明神の水神社を分けていただいているのです。はい、この神社も豊洲へ移転する予定でした。引越しの工事にとりかかろうとした、まさにそのタイミングでストップ。何だか寒さが身に沁みるこのごろです。
コメント

築地市場佃林です。大シケ続きの北海道から来た甘海老

2017-01-20 13:13:53 | 築地車海老日記
築地市場の海老専門仲卸の佃林です。今日平成19年1月20日、寒いです。このところの寒さで、北海道の海は大荒れ。甘海老、ボタン海老、シマ海老、の赤い海老たちの入荷が少ないです。それでも、昨日今日は先週よりは回復。この先まだ良い見通しはできませんので、ご注文はできるだけ事前にお願いいたします。写真は今日入荷の甘海老、北海道久遠のものです。甘海老、良いものが少なかったようです。当社は常に良いものを仕入れております。なお、昼過ぎから午後2時までは各担当が事務所におります。入荷や価格のお問い合わせ、ご注文などに対応させていただいています。03-3541-2328です。


▲北海道久遠の甘海老



築地海老専門仲卸 株式会社佃林
〒104-0045 東京都中央区築地5-2-1 TEL03-3541-2328 FAX03-3546-3816
コメント

築地市場1月18日休市です

2017-01-18 08:18:25 | 築地車海老日記
築地市場の水産仲卸、佃林です。本日1月18日は休市日、築地市場はお休みです。このところ、準備を進めていた市場の将来が、全く、どうなるのかわからないという状態になり、茫然自失。市場全体が何と表現していいかわからない、怒りや失望などの、ある種マイナスの雰囲気に包まれています。(あー、のびのびしてるのカモメだけ)とはいえ、私たちは毎日、人が食べるものを扱う仕事をしています。お客様は飲食店様や小売店様。日々の仕事をおろそかにすることはできません。今まで通り、より良いもの、お客様ご注文に合ったものを、適切な価格でご提供するのが私たちの役目です。目の前の仕事をして行くだけです。
さて、このところの北海道の天候の悪さから、赤い海老、甘エビ・ボタンエビ・シマエビの入荷がごく少量で高値でした。明日以降、少し回復するようです。
九州沖縄の活車海老は順調な入荷で、安値が続いています。当店では価格はキロ単位ですが、ご注文は尾数でもお受けいたします。グラムを測って、価格を計算いたします。前日の昼過ぎに事務所03-3541-2328にお電話でご注文くだされば、翌日の入荷や価格予想などの情報をお伝えできます。写真は長崎の車海老30gサイズです。

▲長崎東興の車海老30gサイズ


築地海老専門仲卸 株式会社佃林
〒104-0045 東京都中央区築地5-2-1 TEL03-3541-2328 FAX03-3546-3816
コメント

築地市場の佃林です。午後はカモメばかりの市場でした。

2017-01-13 16:49:24 | 築地市場の今
築地市場水産仲卸の佃林です。今日は1月13日。正月休みが終わって初荷は1月5日でした。成人の日も過ぎて、場内ちょっと一服のゆるやかな雰囲気です。寒いけれど良い天気。午後1時半過ぎたあたりで、場内の東京都関係の事務所に行きました。あ、築地市場は東京都の公設市場です。東京都の管理下にあり、その事務所も、しっかりあります。で、所用で午後、一番奥のほうの事務所に行った帰り、市場内ののどかな風景を写真に撮りました。人も車も少なくて、カモメばかりが目につく風景でした。カモメ乱舞。茶屋の屋根にはズラリと整列。地面でくつろぐ一団も。市場の仲卸としては、こんなにのどかでどうしてくれる、という気分です。それにしても、カモメ、多すぎると思いますが。昨日は小池百合子都知事がお出でになって、まるでアイドルの撮影会かと思うようなカメラの列だったようです。
さて、海老はといえば、北海道は大シケで、甘海老ボタン海老シマエビは入荷とても少なく高値です。九州沖縄からくる活け車海老は、入荷順調。注文が少ないので需要と供給のバランスによる安値。高値の時の半額程度のものもあります。

▲昼下がりの築地市場。カモメ乱舞、屋根に整列


築地海老専門仲卸 株式会社佃林
〒104-0045 東京都中央区築地5-2-1 TEL03-3541-2328 FAX03-3546-3816
コメント