豊洲海老ブログ

東京豊洲の佃林(つくりん)の公式海老ブログ。東京都中央卸売市場のエビの情報を発信します

豊洲市場、通常営業しています

2020-03-18 22:12:07 | 豊洲市場の日々
豊洲市場の海老専門仲卸の佃林です。今日は2020年3月18日です。市場内、見学者の入場はできなくなっていますが、仕入れなどの方に制限はありません。世の中が自粛ムードで、市場の中も、すいています。どの店もちょっと閉店時間が早くなっているようです。あまり普段ご自分で買い出しに来ない方、市場に慣れてない方でも、買い物しやすいと思います。ニュースでも言われているように高級食材が値下がりしていますし、お店で聞けば、親切に教えてくれます(不親切だったら別の店に行きましょう)。

佃林でもこのところ、特に活きた車海老が安値です。10本ほどでもお求めになれます。値段は1キロ単位で言うのが習慣ですが、キロ単位で買わなくてはいけないのではありません。目方を測って計算します。ですから、10本で250gという買い方もできます。店の水槽を見ながら、決めてください。

また、発送もお受けしています。都内と関東はヤマトの当日便があって、活きた車海老・イセエビ・オマール海老、そして生のボタン海老・シマエビ・甘エビの発送も可能です。価格はその日の相場です。前日の昼頃には大体の入荷情報が入っているので、ご連絡くだされば価格のお話もできます。

冷凍海老、とその他の冷凍食材はいつでもお送りできるので、どうぞお声掛けください。

きれいな包装紙などありませんが、個人のお客様のご注文もお受けしています。お使い道でオススメの物が変わるので、どうぞ事前にご連絡下さい。個人の、常連のお客様の定番は「天使の海老」と「ホタテ柱」です。サイズで価格が違いますが、生食可、バラ凍結、1キロ箱、と使いやすいのでリピーターの方ばかり。

初めての方も、代金引換便でご利用になれます。

コメント   この記事についてブログを書く
« 【年明けは5日から】豊洲市... | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

豊洲市場の日々」カテゴリの最新記事