豊洲海老ブログ

東京豊洲の佃林(つくりん)の公式海老ブログ。東京都中央卸売市場のエビの情報を発信します

芝海老の美味しい季節です

2021-11-22 12:16:56 | 芝えび
豊洲市場の佃林です。芝海老の美味しい季節になってきました。
冬場の芝海老は、味があり、たくさん獲れるので、安くて美味しいです。
昔は東京湾でもたくさん獲れて、芝浦沖で獲れたので芝海老といったそうです。
現在は東京湾ではなく、主に九州の有明海で獲れたものが入荷しています。佐賀や熊本のものが多いです。
身はやわらかく、優しい味です。
かき揚げ、海老真丈、卵焼き、殻ごと素揚げやアヒージョも。茹でて殻を剥いてそのまま、サラダ、ポテトサラダに混ぜても美味しいです。また、お豆腐の海老あんかけや、海老は小さいですが鍋ものに入れれば出汁も出ます。混ぜご飯にしても美味しいです。グラタン、パスタ、にも。応用範囲の広い便利な海老です。
背ワタはありますが、色が気にならなければ取らなくても味には影響しません。
素揚げで頭ごと食べるときは、下ごしらえで頭の先と尻尾の先のとがった部分をハサミで切り落しておくと、食べやすいです。お好みのスパイス
(ブラックペッパー、チリペッパー、ガーリックソルト、カレーパウダー等)を効かせてどうぞ。止まらない美味しさです。
冷凍保存も効くので、多めに買って、小分けして冷凍しておけばひと月ぐらいは大丈夫です。
これから1月いっぱいは美味しい時期になると思います。



店舗 江東区豊洲6-5-1
水産仲卸売場棟1階ニ039〜042
電話0366335327

事務所 江東区豊洲6-6-1
管理施設棟404
電話0366335328


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏の芝海老

2020-06-18 21:10:26 | 芝えび
夏の芝海老。
芝海老は冬にしか食べたことがなかった。こんな時期に、うちの店で売ってることも、ちょっと前まで知らなかった。獲れないと思っていたし。あってもおいしくない、と、そう言われていたので。でも、密かに尊敬する長野のH氏が、おいしくないとわかっている店のものも、ちゃんと自分で食べるのを知って、自分で食べてみることの大切さを改めて感じていた。美味しい、というのは、美味しいものだけ食べていればわかる、もその通り。でも、美味しい、を商いにしているのだから、美味しくない、も、知っておいた方がいい。こんなにグズグズするほど、美味しくないとわかっているものを食べるのは勇気がいる。
で、今日、今朝の入荷の佐賀の芝海老を食べた。見た目も、冬のものよりも大きくて、色もなんだかね〜。事務所で、洗って塩ふって、お皿に並べてラップ、レンジで1分少々。社員みんなで試食。普通に美味しい、という声もあり。冬のに比べれば味が薄いが、海老の甘みも感じられ、不味くはないのでホッとした。帰宅してから、残りを素揚げにしてみた。頭が美味しくない。マズイわけではないけれど、やはり冬の芝海老の方がダンゼン、美味しい。美味しい季節、旬のものにはかないません。冬になって、美味しくなったらたくさん食べたいです。素揚げ、かき揚げ、すり身にして海老真丈、海老団子にして鍋、混ぜご飯も美味しいです。冬になったら、安くて美味しい芝海老を、、と妄想膨らみます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする