豊洲海老ブログ

東京豊洲の佃林(つくりん)の公式海老ブログ。東京都中央卸売市場のエビの情報を発信します

築地市場、水産仲卸の佃林です。築地あとわずかです。海老の入荷状況

2018-09-03 16:13:03 | 築地車海老日記
築地市場の佃林です。築地での営業もあとわずかになりました。10月6日の営業をもって終了。11日からは豊洲市場でお目にかかりましょう。

さて、このところの海老の状況。
北の方から来る、赤い海老(甘海老、ボタン海老、シマ海老)は入荷が少なく、日によってかなりの高値になっています。しかし今月9月は北海道の噴火湾の漁がはじまり、ボタン海老の入荷増える見込みです。
南の九州沖縄を中心とした養殖活け車海老について、暑い夏の間は海老も弱ってしまって、良いものが少なく、こちらもかなり価格が乱高下しました。今週も台風の影響受けそうですが、そのあとは少しずつ落ち着いてくると思います。

写真は天然の活け車海老50グラムサイズです。赤っぽいのが大分、青いのは愛知から来ました。

▲50グラムサイズ天然車海老愛知、大分


【関連記事】当ブログの中の「豊洲市場」に関する記事一覧
【関連記事】当ブログの中の「活け車海老」に関する記事一覧
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

築地市場の海老専門仲卸の佃林です。活け車海老、シートで来るものが多いです

2018-03-31 12:17:45 | 築地車海老日記
築地市場の海老専門仲卸の佃林です。

国内、車海老の養殖場は、主に九州沖縄にあります。以前はおがくずの中に車海老が詰められていたのですが、近年、保湿シートにくるまれて箱詰めされたものが多くなっています。シートは箱が小さくてすみますし、軽いので、輸送には便利です。おがくずの方が海老が動かないので、いい状態を保てるのですが。おがくずがだんだん入手しにくくなり、高くなっているのです。保湿と保温の点からも、おがくずは適しています。

佃林では、活け車海老はお客様のご要望によって、おがくずに詰める、酸素のポンプをつけて海水に入れる、氷で〆て袋詰め、そのまま袋詰め、と、おわたしする形を変えています。養殖場がシートで詰めた箱のままのお買い上げの場合、そのままお渡ししています。

写真は、今日入荷の久米島の活け車海老。1キロの箱で50本ぐらいのもの。(箱に尾数書いてあります。51だったかと)


▲シートにはさまれて来る活け車海老


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

築地市場の海老専門仲卸の佃林です。国内養殖の車海老

2018-03-24 12:35:27 | 築地車海老日記
築地市場の海老専門仲卸の佃林です。このところ、北海道の赤い海老たちが時化で入荷少なく、特にボタン海老は高騰しています。一方、南の九州沖縄の養殖車海老は、まあ順調な入荷で、価格も安い水準で推移しています。今日3月24日は、天然の車海老50グラムほどの大きいものも入荷。美味しいチャンスです。

写真は竹富島のユーグレナの車海老。エサにユーグレナを混ぜているそうです。この頃は品質も良くなって、評判良いようです。


▲竹富島ユーグレナの活け車海老


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

築地市場の海老専門水産仲卸の佃林です。今日2月10日の車海老。

2018-02-10 12:26:56 | 築地車海老日記
築地市場の海老専門仲卸の佃林です。活きた車海老、生のボタン海老・甘海老・シマ海老、冷凍の各種海老やカニ・ホタテ・イカ等を扱っております。

このところ、活け車海老、生の赤い海老たち、高値です。生の赤い海老たち(ボタン海老・甘海老・シマ海老)は、日本海側北陸から北海道で獲れるので、シケだと入荷が減るのです。このところの悪天候で入荷少なく、値が高騰しております。日によって入荷の状況が違うので、前日にお問い合わせください。

さて、活け車海老、例年ですと、この時期は入荷も潤沢で安値で安定することが多いのですが、今年はいったいどうしたことか、入荷が少なかったりして、えっと思うような値がついていたりします。養殖場は九州沖縄にありますが、このところの寒波で海老が弱っていたり、池の底に潜って動かなかったりするそうです。いずれにしても、自然を相手の仕事であることを思い知らされます。

写真は、今日の車海老、海水の状態やエサによって色が違っています。赤く見えるのが沖縄、黒っぽいのが鹿児島です。


▲活け車海老、右の赤いのが沖縄、左の黒いのが鹿児島


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

築地市場の海老専門仲卸の佃林です。壊れないハカリの話

2017-12-09 14:53:16 | 築地車海老日記
築地市場の海老専門仲卸の佃林です。

築地市場は東京都の公設市場なので、いろいろな決まりや検査があります。公正な商取引のために、場内では適切な正確なハカリを使うことが義務付けられていて、時々使用しているハカリのチェックに来ます。

先日車海老用のハカリが、少し目方が少なく出ると指摘を受けました。場内のハカリ屋さんに診てもらったところ、吊るしてある上のところが錆でかたくなって、地面に対して垂直にならずにズレていたことが判明。オイルでゆるめれば戻るとのことでした。目方が少なく出ていたので、お客様にはご迷惑かけずに、当店がすこし損をしていた程度で、まあ良かったです。

その時、ハカリが具合が悪いのかしらね、古いから、といいましたら、ハカリ屋さんは「あのハカリは壊れないよ。だから作った会社つぶれちゃったの。壊れないから」。だそうです。日本の技術恐るべし。


▲活け車海老用のハカリ


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

築地市場の海老専門仲卸の佃林です。今日、台湾の大きな天然車海老が入荷しました。

2017-12-01 17:35:47 | 築地車海老日記
築地市場の海老専門仲卸の佃林です。今日の天然車海老は、なかなか見られない150グラムの大きなものでした。大体、100グラム以上のは、養殖ではないので、天然です。これは台湾から来たものです。活きているのもあり、中に、上がってしまっていたものもありました。150グラムというのはめったにありません。この立派なこと。今日、この活きたのをお買い上げの銀座の飲食店様、どういう形でお客様にお出しするのか、召し上がったお客様のお顔など、裏からそっと覗いてみたい誘惑にかられます。


▲台湾の活きた天然車海老150グラム

▲台湾の天然車海老150グラムの上り、隣は25グラムの車海老


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

築地市場の海老専門仲卸の佃林です。秋田から天然の車海老が来ました。

2017-08-05 12:45:53 | 築地車海老日記
築地市場の水産仲卸の佃林です。総業は明治35年のようですが、およそ65年ほど、築地市場では海老を専門にしております。活け車海老、生のボタン海老甘海老シマエビなど、毎日の入荷があります。世界中からくる冷凍エビも多くあります。

今日は、めずらしく、秋田の八郎潟の天然車海老が入荷しました。これは1尾100グラムの大きなものです。天然車海老は、大分や愛知が有名です。4~50年前は東京湾でもとれたのですが、現在は市場に入荷するほどはとれないようです。


▲秋田八郎潟の天然車海老1尾100グラム


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

築地市場の海老専門仲卸の佃林です。来週は天然増えそうです

2017-07-21 23:00:25 | 築地車海老日記
築地市場の海老専門仲卸の佃林です。夏は海老にはツライ季節です。水の適温が15℃前後という車海老にとって、外気温30℃越えの季節はもうグッタリ。みんな弱っていて、元気なものが少ないのです。(当然良いものの価格は高騰)昨日は今年の最高値更新しました。

しかし、夏は、あちこちで天然の車海老がとれる時期でもあります。来週は天然の車海老の入荷が増えるようです。楽しみ!

この写真は山口県宇部から来た天然の車海老、35gサイズです。


▲宇部の天然車海老


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

築地市場の海老専門仲卸の佃林です。今日のイチオシ車海老

2017-07-08 22:02:08 | 築地車海老日記
築地市場の海老専門仲卸の佃林です。今日7月8日、またしても気温30℃超えの暑い築地市場です。

昨日は、店舗内の冷凍庫が故障して、スイッチが切れ、修理手配しました。

この暑さで、活け車海老高騰しています。弱いものが多く、すぐ上がって(死んで)しまうので、良いものが高くなっています。

写真は、今日の元気な活け車海老。山口県宇部市から来た皆さんです。写真が所々ブレているのは、元気に跳ねたものです。


▲宇部の活け車海老


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

築地市場の海老専門仲卸の佃林です。活け車海老の水槽修理しました

2017-06-29 14:40:49 | 築地車海老日記
築地市場の仲卸の佃林です。当社は、主に海老を扱っております。活きた車海老を主力としております。

現在の築地市場は空調がありません。海老の適温は14℃~15℃。外気温30℃越えの夏場は大変です。海老の水槽は水温の管理、塩分濃度、酸素濃度、さらに水質管理をしております。水槽の設備はすでに新しいものを豊洲の新市場用に発注済です。現在の物は、古くて修理を繰り返しながら使っております。移転までは、とこまめな調整修理をしておりました。しかし、ここへきて、移転がどうなるのか、いつになるのかはっきりしない状況で、新しい水槽に変えることもできません。

夏場は、もともと車海老は弱っています。なにしろ暑すぎるので。築地へ来る時にすでに死んでしまっているものもありますし、水槽の水温コントロールが悪く水温が上がってしまえば、これまた、海老には耐えられないので、上がってしまいます。良いものが少なく、一年で一番の高値の続く時期ですのに、上りが多く出ては大打撃です。

現状ではこの夏は越せない。

大がかりな修理をすることにしました。

27日の昼から工事にかかり、28日の水曜休みをほぼ一日使って完了しました。

「活かす水槽屋さん」ご苦労様、ありがとうございました。

良い海老を、お客様にお届けしたい。佃林の思いです。


▲佃林店舗内の水槽、修理のはじまり


▲修理後の6月29日の水槽の水、きれいです


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

築地市場内の海老専門仲卸の佃林です。再度、社員募集しています

2017-05-18 23:59:39 | 築地車海老日記
築地市場の佃林(つくりん)です。社員募集中です。今週、5月15日からリクルートのタウンワーク誌面とインターネット上で、ぼしゅうしています。募集広告を出しています。特に店の帳場は緊急を要する事態です。帳場は朝6時から午後2時半までの勤務の正社員です。


佃林の店舗では、帳場、お帳場さんといいますが、通常、2人で仕事をしています。前任者が辞めたあと、後任が決まらず、現在1人で仕事をしています。店の他の人たちが色々なサポートをして、なんとかしのいでいます。普段2人でやっている仕事を1人でこなしているのですから、かなり頑張っています。周りの人達も自分から出来ることをしてくれています。そのチームワークのよさ、テキパキの仕事っぷりは、誇らしく思えます。


佃林の社員は、他の業種からの転職者が多いです。築地市場の経験者はむしろ少ないです。初めてでも少しづつ教えて、覚えてもらうのでご心配なく。みんなはじめは未経験からの出発。仕事中、特に店にいるときは無駄話もなく、スッキリ仕事をしています。午後は全員が事務所で仕事をしています。


お客様は飲食店様が中心です。より良いものを適切な値段で、適切な梱包をして、お届けの手配をしております。皆様に「美味しい」をお届けする仕事です。地味で真面目な方、歓迎です。明るくへこたれない方、仲間になってください。美味しいものが好きな方、美味しいもの、売るほどありますよ。皆様のご応募お待ちしております。ぜひ一度会いにきてください。
事務所、電話 03・3541・2328 受付は10時から16時半まで、面接の予約を調整いたします。まずはお気軽にお電話ください。代表の石居陽子が、応募の方のご希望など伺い、帳場の仕事や条件のお話をさせていただきます。
ご応募お待ちしています。


▲築地市場内の佃林店舗、現在帳場が1人になっています
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ご応募ありがとうございました

2017-04-24 23:18:26 | 築地車海老日記
築地市場の佃林です。今月4月10日から2週間、社員の募集をいたしました。今回は10名ほどの面接を行いました。皆さん、よさそうなかたばかりでした。採用は帳場1人と、店のスタッフ1名の予定でしたが、もう1名、スタッフの補助の仕事をお願いしたいと思っています。今回も、良さそうな方ばかりで、人の出会いって、なんとも不思議なもんだと思いました。今回は、皆さんにきていただきたかったです。また、ご縁がありましたら、次回お声をかけさせていただきたいと思います。採用になった方、先の見えない築地市場ですが、目の前の仕事を大事に、お客様を大切に、市場の仲卸としての仕事をしていきましょう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

築地市場の佃林、社員募集の件、続きです

2017-04-16 22:47:50 | 築地車海老日記
築地市場の海老専門仲卸の佃林です。現在社員募集中で、連日面接行っております。先週の月曜日、4月10日から募集を始め、また明日4月17日から再度TOWNWORKに募集記事が載ります。帳場事務と店のスタッフの募集です。昨日、帳場事務については書きましたので、今日は、店のスタッフの仕事について説明をします。

築地市場内の佃林の仕事は、大方は、朝3時ごろから始まります。お客様からの事前注文を整理して、冷凍倉庫から出してきたり、セリ場で仕入れてきたりして、開店の準備をします、お客様は飲食店様が多いです。6時ごろからお客様がおいでになります。そこからは来店のお客様に品物を買っていただくのと、電話やfax,メールなどでの注文の品物をお出ししたりします。店内にお客様の姿がなくても、忙しいのです。

生きた海老はオガクズに詰めたり、海水に入れて酸素のポンプをつけたり、氷で締めたり、お客様によって扱いが違います。整えた品物を、茶屋という荷物預かり所にはこんだり、発送の手配をしたりします。佃林のトラックで配達するものもあります。店を昼前に閉めて片付け、昼頃、事務所に戻ります。

事務所では、その日の仕事を整理して、仕入れの注文出し、入荷情報の問い合わせ、さらに、お客様に、情報提供をしたりと、午後2時ごろまで仕事をします。人にもよりますが、中心の社員は勤務時間は長いです。ただし、午後2時頃には終わります。あさの出勤時間は人によって違います。

今回の募集では、できるだけ早く来れる方を探しています。車海老の扱い経験者の方、歓迎します。未経験でも、築地で海老のプロを目指す方、一緒に頑張りましょう。ご応募お待ちしています。

築地海老専門仲卸 株式会社佃林
〒104-0045 東京都中央区築地5-2-1 TEL03-3541-2328 FAX03-3546-3816
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

築地市場の水産仲卸の佃林です。社員募集しています

2017-04-15 17:25:34 | 築地車海老日記
築地市場の水産仲卸の佃林です。場内の海老協会というところに所属する、海老専門の仲卸です。今週4月10日から、社員の募集広告を出しています。TOWNWORKです。現在、連日応募の方の面接をしています。
帳場が、今月で辞めるので、まずこの仕事1名。朝6時から午後2時半まで。土曜日は2時までです。午前中は築地市場内の佃林店舗での帳場事務。伝票を書いたり、お客様からお金をいただいたりします。昼前に事務所に来て、その日の仕事のまとめをして終わります。ほとんど残業はありません。月末は請求書の整理などがあるので1~2時間の残業があります。あとは、ゴールデンウイークやお盆休み前、それと年末、残業少しあります。お客様は飲食店様が中心で、いわゆるお得意様、いつもお出でになる方が多いです。帳場はふたりで仕事をします。もう1人の人が3年の経験のある頼れる先輩なので、はじめはわからなくても、ちゃんと教えてくれますし、周りの社員のみんなも、助けてくれるので、はじめての方でも大丈夫です。今までも、帳場はじめての方ばかりでした。まだ募集しています。できればお近くの方、通勤時間30分以内の方いかがですか?朝が早いので、無理のない通勤がおすすめです。
給与は月給で諸手当込みで22万円からです。社員ですから社会保険加入いたします。当社社員は10名ほどです。
店のスタッフも募集中です。それはまた明日。


▲築地市場内の佃林の店舗


築地海老専門仲卸 株式会社佃林
〒104-0045 東京都中央区築地5-2-1 TEL03-3541-2328 FAX03-3546-3816
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

築地市場の佃林です。芝エビのこと

2017-03-11 14:59:45 | 築地車海老日記
築地市場、海老専門仲卸の佃林です。冬場が旬の芝エビのこと。例年11月あたりから入荷が増えて、12月いっぱいがたくさん入荷します。安くておいしいのが、この季節です。自然のものなので、年によって獲れ方がかなり違います。ない年は本当になく、今期は順調に入荷ありました。”ました”というのは、そろそろ、いい季節が終わりに近づいているからです。入荷も減ってきて、価格も年末の倍ほどになってきました。これからは、ちょろちょろと入荷はしても、少ないという理由でどんどん価格が上がる見込みです。味も変わってくるので、使うか使わないかは、ご判断、というところ。個人的にはシーズン終わったと思います。冬が終わって、もうすぐ春です。

▲3月11日入荷の佐賀の芝エビ


築地海老専門仲卸 株式会社佃林
〒104-0045 東京都中央区築地5-2-1 TEL03-3541-2328 FAX03-3546-3816
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする