ポーランドからの報告

政治、経済からテレビのネタまで、詳細現地レポをお届けしています!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Galeria Krakowska オープン

2006年11月02日 | レストラン・ショップ

先々月の28日、クラクフ中央駅前に、巨大なショッピングセンター、ガレリア・クラコフスカ(Galeria Krakowska)がオープンしました。

このガレリアは、旧市街に隣接した場所にありますが、地上2階(駐車場を含めると4階)・地下1階と建物が低いため、旧市街側からはほとんど見えません。モダンな外観で、かつ旧市街の景観を壊すことなく、クラクフの新らしい顔として、市民の間にすっかり定着しています。

内部には各種専門店やブティック、カフェ、レストランなどが入っており、東欧最大規模を誇る大きさとのことです。しかもクラクフ中央駅の地下ホーム・コンコースからそのまま店内に入れるため、雨の日でも濡れずに移動でき、大変便利です。

というわけで、先日私も、遅ればせながら、このガレリア・クラコフスカに行ってきました。

    
  
  

すでにオープンから一ヶ月が経過していましたが、あいかわらずの人気で、沢山の人が来店していました。これまでクラクフには、カジミエジュ地区のはずれに、ガレリア・カジミエジュ(Galeria Kazimierz)がありましたが、このガレリア・クラコフスカのオープンで、一気にこちらにお客を取られてしまいそうな勢いでした。

ただこれまでに、問題はいろいろあったようです。

・オープン日が当初より延期 (これくらいではおどろきません。)
・オープン日が平日になってしまったため、オープンセールに来る人の車の列が仕事帰りの通勤ラッシュと重なり、周辺の交通が麻痺してしまった(というより、平日なのにそんなに大勢の人が買出しにいけたのが不思議。高失業率のなせる業なのか?)
・テレビやパソコンなど大型家電の大安売りを歌うも、実際にレシートを見てみたら10%高くとられていたらしい?(うわさのため、真偽は不明)

などなど。

それよりも、実際に訪れてみて、またまたポーランドの建築基準に?が付いた一日でした。

写真のエスカレーターを見てください。3階分の吹き抜けの空間にエスカレーターが設置されています。スタニスワフ・レムの『星からの帰還』で描かれている未来都市みたいで、とてもハイセンスで近未来的に見えますが...

でもよーく見てください。両側に落下防止のガードがまったくありません。(通常の手すりしかない)  もし誤って手すりを乗り越えてしまったら? 3階分の高さから下へまっ逆さまです!

若者がエスカレーターの上で悪ふざけしたら?子供が暴れだしたら?
酒に酔った千鳥足の人が利用したら?!?!

えっ~!!大丈夫なんでしょうか?

このエスカレーター、実際に乗ってみても、かなり怖かったです。
今に落下事故がおきてしまうのでは!と、足が震えました。。。


ポーランドからの報告


コメント (3)   この記事についてブログを書く
« ポーランドの交通事故事情 | トップ | 三人部屋に泊まる »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (Sachiko)
2006-11-03 16:11:13
ポーランドにホームステイを計画していて、このサイトを発見(?)しました。イメージだけであまりにも知らないことが多いので、このサイトでお勉強させていただこうかと思っています。私、東欧の音楽が大好きなんですっ!!
凄いのが出来ましたねww (shinesuni)
2006-11-04 00:30:23
もう私は浦島太郎さんになってしまいましたww
アセります...早くPOLANDへ行かねば..
コメントありがとうございます (Wasilewska)
2006-11-28 07:17:56

ガレリア・クラコフスカ内には、クフニャ・シヴィアタ(Kuchnia Świata)-世界の台所-という名前の、アジア食材店があり、お米やお茶、うどん、山菜類などの品揃えがよいので、クラクフ在住日本人ご用達の店となっています。

また、寿司バー「MIYAKOSUSHI」もあります。味はあまり保障できませんが、ものの試しに入ってみると面白いかもしれません。

コメントを投稿

レストラン・ショップ」カテゴリの最新記事