江別創造舎

地域文化振興活動・江別カルタ制作

蝦夷地から北海道へ改称ー蝦夷地は皇国の北門ー

2018年08月15日 | 歴史・文化

   本年<2018年>北海道命名150年

 明治2(1869)年8月15日、蝦夷地が北海道と改称されました。

 ここから開拓使直轄地と兵部省、諸藩、華族、士族、寺院などによる北海道の分領支配時代が始まりました。分領としたのは、開拓使の財政基盤が脆いための緊急かつ暫定的な措置でありました。これは、2年間明治4(1871)年8月の「廃藩置県」まで続きました。
 なお、開拓使直轄地とは、札幌・上川・厚田・忍路・余市・根室など枢要の地で、江別もこれに含まれていました。また、兵部省も石狩・小樽・高島など要衝の他を占めていました。その他佐賀,山口、金沢、仙台など諸藩等が分領しましたが、この時代、開拓使と兵部省の激しい内訌により、開拓は軌道に乗る手前で足踏みとなってしまいました。

 明治2(1869)年、朝廷が「蝦夷地は皇国の北門」という認識のもとで、6月4日、中納言・議定(ぎじょう)・上局議長であった佐賀前藩主 鍋島直正を開拓督務として任命しました。開拓御用掛には、直正の命で幕末に蝦夷地を視察した島義勇(しまよしたけ)や幕末最大の蝦夷地探検家松浦武四郎らが就任しました。7月には、太政官(中央官庁)に開拓使が設置され、初代長官に飯島直正が就任しました。次官に清水谷公考・開拓判官に島義勇・岩村通俊(みちとし)・岡本監輔(けんすけ)・松本十郎・竹田信順(のぶより)が任命されました。開拓使は、芝の増上寺(ぞうじょうじ)に設けられました。

 8月15日、松浦武四郎の原案を基にして、蝦夷地を北海道とあらため、11カ国に分けて86都を置くことになったのです。
この11カ国とは、「渡島(おしま)・後志(しりべし)・石狩(いしかり)・胆振(いぶり)・日高(ひだか)・天塩(てしお)・十勝(とかち)・釧路(くしろ)・根室(ねむろ)・北見(きたみ)・千島(ちしま)」です。
 ただ、この11カ国の国分は、実質何も意味をなすものではなかったようです。北蝦夷地と呼ばれるカラフトは、樺太・柯太・唐太などと書かれていましたが、この時、樺太を公称することになりました。
 なお、8月25日、鍋島直正は一度も北海道の土を踏むことなく辞任し、東久世通禧(ひがしくせみちとみ)が長官となりました。



註 :「新江別市史」榎本守恵他1名著・「北海道の歴史」参照。
写真: 元禄御国絵図 <北海道大学付属図書館所蔵>」
   同上書67頁図2-4元禄御国絵図<北海道大学付属図書館所蔵>」を複写・掲載いたしております。

コメント

北海道の成り立ち

2018年08月14日 | 歴史・文化

  北海道と名付けられたのは、明治2(1869)年8月15日です。
 古くは、渡島(わたりしま)とか越度(こしのわたり)島と呼ばれていたのが、北海道だったようです。12世紀以後に蝦夷ケ島、蝦夷ケ千島等と呼ばれていました。

 北海道に人間が住み始めたのは、おそらく数万年前に遡ります。
 その頃は樺太・シベリア大陸とも地続きだったため、大陸の原始人は、マンモスなどを追ってこの地までやってきたのでしょう。北海道にもいくつかの旧石器時代の遺跡が残っています。
 やがて、津軽海峡・宗谷海峡もでき、石狩低地帯で二つの部分になって島が一つの北海道になり、だいたい今のような形になったのは、数千年も以前のことだろうと言われています。

 石狩と苫小牧を結ぶ石狩低地帯を境に、胴体部と半島部に分けてみましょう。
 この低地帯は大昔海であり、北海道は二つの島に分かれていました。
胴体部の中央に聳える229mの旭岳を中心に大雪山国立公園が北海道の屋根をなし、これを中心に南北に大分水領蝦夷山系(北半は北見山脈、南半は日高山脈)が縦断して胴体部を東西に分つ。その東部には、阿寒国立公園を含む千島火山群が走り、西部には天塩(てしお)・夕張山地があって蝦夷山系との間に名寄(なよろ)・上川(かみかわ)・富良野(ふらの)の各盆地を抱いています。本州との渡り廊下、半島部の付け根には「蝦夷富士」と呼ばれる羊蹄山(ようていざん)や支笏洞爺(しこつとうや)国立公園の火山群があります。
 石狩岳に源を発する本邦第二の長流石狩川の流域には、西端に道都札幌をもつ広大な石狩平野、北方天竜川流域には天塩平野、太平洋岸の十勝川流域には十勝平野、その東には未開の根釧原野が広い展望をみせています。また、日本海側道南には奥尻(おくしり)島・大島・小島、道北に礼文(れぶん)・利尻(りしり)・焼尻(やきしり)・天売(てうり)の諸島が散在しています。

 北海道が松前藩という小さな枠を越えて日本全体の課題になってきたのは、江戸時代中期からです。それは、ロシアの南下という国防問題にぶつかったからです。ただ、それに対処するためには、本州の気候風土と違う寒い北海道には、なかなか和人が定着できない弱点がありました。下村寅太郎博士は、化外(けがい)の辺境であった蝦夷ヶ島が、幕末函館開港後一転して西洋近代文明流入の門、先進地になり、それまで日本人が生活できなかったこの島に、西洋文明の技術で生活と開拓が可能になったと言われています。
 これが一般化するのは明治に、北海道と改まってからのことです。

 蝦夷ヶ島から北海道への改称は、日本人の郷土化の宣言でありました。著名な探検家 松浦武四郎が出した案は、「日高見・北加伊・海北・海島・東北・千島」の六つでした。「北加伊(加伊は蝦夷<かい>)」が北海道になったのは、東海道や南海道に応じて命名されたからでしょう。

 明治2(1869)年8月15日、蝦夷地から北海道へ改称されました。
 この時、北海道を11国86郡に分けましたが、そのうちの千島国はなくなりました。その後、国郡よりも、32市14支庁に分けましたが、現在通用している行政範囲です。


     
註 :榎本守恵・君尹彦著「北海道の歴史」2-5頁、114頁
写真:「北海道の歴史」116掲載図を複写・掲載しています。

コメント

元禄御国絵図

2018年08月13日 | 歴史・文化

 江戸幕府は、慶長17(1612)年にキリスト教を禁制して以来、宣教師の取締りや外国貿易の統制、日本人の海外渡航の禁止などの制作を進め、寛永16(1639)年にはポルトガル船の来航を禁止し、鎖国体制を完成させました。
 こうした鎖国体制の強化と合わせて、幕府は国絵図・郷帳の作成に着手し、全国の地形、道路、国境、石高などの状況を正確に把握することで、幕藩制国家としての支配体制の整備を図ったのです。
 松前藩は、城下周辺等東西の里程を点検、寛永12(1635)年には藩命により村上掃部左衛門が「島めぐり」を行います。この村上氏の調査を基に作られた地図が、正保元(1644)年に松前藩が日本総図改訂の資料として幕府に呈上した国絵図だったといわれています。

 この絵図は、今日残っていませんが、元禄13(1700)年2月に、同じく松前藩が幕府に郷帳と共に提出した「元禄御国絵図」は、この絵図を潤色したものとされています。
 絵図は、今日の函館付近から江差に至る、いわば松前地(和人地)を詳細にし、その以北(蝦夷地)を簡略した当時の概念を描いたに過ぎず、今日の北海道地図とはほど遠いものとなっています。

 現存する地図の中で江別に関わる地名が登場するのは、この「元禄御国絵図」が最初だったのです。
 また、この御国絵図と一緒に提出された郷帳には、「いしかりよりいふつ迄の蝦夷居所」として絵図に対応した13の地名が記載され、その中に「いへちまた」、「ついし狩」との記述がされています。

 これらの地名は「蝦夷地居所」と挙げられていることから、当時の江別にはアイヌの集落があったことが分かります。



註 :江別市総務部「新江別市史」66-68頁
写真:「新江別市史 67頁図2-4元禄御国絵図<北海道大学付属図書館所蔵>」を複写・掲載いたしております。

コメント

夢工房トンデンファームガーデンセール開催中!のご案内!

2018年08月12日 | イベント

 このたび、夢工房トンデンファームガーデンセール開催中!のご案内をいたします!

 夢工房トンデンファーム!
 お盆前ガーデンセール開催中!

 トンデンファーム特製石狩川ベーコンスライス、ウインナー、等
 フライドチキン・炭火焼鶏など実演販売、
 まちの八百屋さんから新鮮野菜の提供、
 美味しさが勢ぞろい!

 トンデンファーム内では小動物との触れ合い、
 釣り堀も楽しめます!
 トンデンファーム内レストランで舌鼓も可能!


                                               

 夢工房トンデンファームガーデンセールの日程は、下記のとおりです。
1.期   間    2018年8月12日(日)まで
           9:30−17:30
2.場   所    夢工房トンデンファーム
           江別市元野幌968−5



写真:夢工房トンデンファーム




 

コメント

石狩厚田の漁場

2018年08月10日 | 歴史・文化

 第2期授産計画も画餅に帰しました。

 開拓使がどう考えようとも、樺太アイヌ対雁移民の生活手段の中心は漁業です。
それは、彼らにとっては、文字どおりの生きる業でした。
民族の業であり、開拓使の目論見がどうあろうとも、自然、生活の根拠は対雁を離れ石狩へ、厚田へ、と移っていきました。

 多くの働き盛りの男と女は、2月の声を聞くと厚田の鰊場へと稼ぎに出かけました。
次いで、5月から2ヶ月ほどは来札(石狩)などで鰊漁、9月に入ると雪のちらつく季節まで石狩川沿岸の漁場で鮭漁に汗を流しました。つまり、対雁に戻るのは、正月前後のわずかな期間です。
中には、石狩、厚田の漁場の仮小屋で年を越す者も現れ、しかも年々増えていきました。

 鮭漁場は、石狩沿岸に3箇所、すなわち、①知狩、②来札、③シビシウス、それに対雁が加わりました。
それに対雁には、「俗称男場所、女場所との2箇所」(『樺太アイヌ叢書』)がありました。
いわゆる前浜と上向です。
鰊漁場は、厚田の①別刈番屋、②中番屋、③崎番屋の3箇所でした。
強屈な青壮年のなかには、豊漁を求め、利尻、礼文など樺太近海の島へ出稼ぎに行くものもいました。

 これら6つの漁場は、開拓使が用意し、また各漁場に漁具、船、庫などを備えつけました。
開拓使は、これら経費の一切を移民の漁業収益金で回収しようと目論見ました。

(中略)

 第2期を含めた授産計画の達成は、移民自身のためにも、開拓使にとっても重要な課題となりました。
開拓使も一方の当事者です。
結果は、己自身に降りかかります。だから、各漁場に雇員(和人漁夫)を貼り付け、指導と監督に力を入れました。
つまりは、事実上の官営事業と変わりありません。
金を出し、そして口も出しました。

 結局は、多義にわたった開拓使の施策も、大局、効果的なものにはなりません。
授産計画に即していえば、第2期は米塩支給廃止や水害などの影響、それに旧漁法から脱し得なかった漁業経営は、年々赤字(明治13年だけ黒字)を重ねていきました。

 完済計画は、机上の空論となりました。


註 :江別市総務部「新江別市史」135ー137頁.
写真:対雁製網所 新築開業式(明治13年)
 同上書136頁掲載写真3-8を複写し、江別創造舎ブログおよび江別創造舎facebook掲載いたしております。


コメント

江別屯田兵村開村140周年記念講演開催のご案内!

2018年08月08日 | 歴史・文化

 このたび、江別屯田兵村開村140周年記念講演開催のご案内をいたします!

 現在の江別市の地域には、江別屯田兵村、野幌屯田兵村、篠津屯田兵村の3兵村が存在していました。

 江別屯田兵村は、明治11年(1878年)8月29日に開村しました。
 江別太に入植した10戸56人の屯田兵と家族が最初の村民となりました。
 本年平成30年(2018年)は、江別屯田兵村開村140周年を迎えます。

 江別屯田兵村遺族会主催
 江別屯田兵村140周年記念連続講演会<当ブログご案内済み>と合わせて、記念講演会が開催されます。
 ご聴講には、事前予約が必要です。

 江別屯田兵村遺族会主催
 江別市教育委員会共催
 江別屯田兵村開村140周年記念講演
 田中和夫氏によるご講演 「江別の始まり」
 ぜひ、ご期待ください!

 江別屯田兵村開村140周年記念講演会の日程は、下記のとおりです。
1.日    程   2018年8月25日(土)15:30〜
2.会    場   セレモニーホールはやし野幌
             江別市野幌町55番地
3.記念講演題目   「江別のはじまり」
4.講    師   田中 和夫氏(作家)
             著書 「残響」・「北海道の鉄道」・「木製戦闘機キ一〇六」他多数
             1982年 第16回北海道新聞文学賞
             1988年 北海道文化奨励賞受賞
5.定    員    150名
6.申込・問合先   江別屯田兵村遺族会  事務局 後藤一昭氏宛
             FAX. 011−382ー3087
             E-mail   fujipen@poplar.ocn.ne.jp
             *@を半角変換してください。
             *お名前・ご住所・電話番号記載のうえ申し込みください。
             *事前予約申込のみ・当日受付は行われませんので事前予約ください。



註 :上記概要は、江別市屯田兵村開村140周年記念講演会チラシを引用させていただいております。
写真:江別市屯田兵村開村140周年記念講演会チラシ

コメント

移民の保護

2018年08月07日 | 歴史・文化

 当初、開拓使は樺太アイヌを対雁に定住させるため、農業を生業と考えていました。

 しかし、計画を半農半漁に変更するのやむなきに至りました。
そして、「樺太移住土人ニ対スル救護並ニ授産計画」(以下「授産計画」)を展開するため、対雁に詰所と貯蔵庫を設置、開拓使勧業課員その他を常駐させました
すなわち、(1)土人取締5名(主任、上野正)と、(2)伍長7名(移民の中から委嘱・もとの総乙名、アイヌの世話役、月給4円)、(3)副伍長15名(もとの小使、土産取、アイヌの世話役、月給3円)です。
授産計画の主なものは、次のとおりです。
 一、 住宅を建設して給与する。
 二、 三カ年間、移民全員に米塩を給与する。
 三、 石狩、厚田の両郡に漁場を買い上げて就労させる。
 四、 漁業用資金は、開拓使より貸付する。
 五、 未開地約4万9千坪を各人に割与し、開墾に従事させる。
 六、 教育所を設け、児童の教育にあたる。
 七、 製網所を設け、製麻、製網の方法を教える。

 その他、「樺太移民取締方仮則」(明治10年1月)により、病人は本庁に入院措置をとる他、さらに村内に医者を1名駐屯させ、急病人や軽い処置にあたらせる、など万端にわたりました。

 この授産計画は、明治12年(1879年)6月までの三カ年です。
開拓使の目論見は、この間に移民たちに自立自営の場と技術などを獲得してもらおうというものです。
しかし、3年が過ぎたとき、部分的な成功はともあれ、全体では目標にはほど遠い、というのが結果でした。
「明治12年7月以降、予定通り扶助を打ち切る訳にも行かず、巳むを得ず扶助米の給与のみを廃止して、漁業は従来どおり資金、物資、漁具を貸与して経営せしめ其の外の救護通り明治15年迄、第2期計画として延長実施する事になった」(『北海道舊土人保護沿革史』)。


註 :江別市総務部「新江別市史」134-135頁.
写真:宗谷から再移住に先立ち石狩地方の実地検分を行った際の写真
 同上書133頁掲載写真を複写し、江別創造舎ブログおよび江別創造舎facebookに掲載いたしております。

コメント

9月度人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!

2018年08月06日 | 教育・学校

 このたび、9月度人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内をいたします!

 北海道みらい事業
 道民カレッジ連携講座
 江別市民カレッジ連携講座
 北翔大学地域連携センター教養講座
 9月度人が集えば文殊の知恵袋講座
 「江別カルタで辿る江別物語2018〜紙をみる、語る〜」
 ゲストスピーカーは、渡辺良洪氏です。

 8月度人が集えば文殊の知恵袋講座<8/28晩夏の野幌森林公園を歩こう!>と合わせてご参加お待ちいたしております

 9月度人が集えば文殊の知恵袋講座の日程は、下記のとおりです
1.日   程     2018年9月29日(土)13:10ー14:40
           *北翔大学祭企画として開催します!
           *通常の火曜日ではなく土曜日開催です!
.場   所     北翔大学
3.題   目     「江別カルタで辿る江別物語2018〜紙をみる、語る〜」
4.ゲストスピーカー  渡辺良洪 氏<樺太連盟北海道事務所・北海道恵須取会事務局長>
5.企画・運営     田口智子   <北翔大学短期大学部教授>
6.申し込み先     北翔大学地域連携センター
            011ー387−3939<直通> 9:00-17:00
            011ー387ー3746
            kouzacen@hokusho-u.ac.jp

ご参考)
当ブログ2018年  7月25日 (水)「7月度人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご報告!」
当ブログ2018年  7月24日 (火)「7月度人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2018年  7月  3日 (火)「7月度人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2018年  6月20日 (水)「6月度人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご報告!」
当ブログ2018年  6月19日 (火)「本日!6月度人が集えば文殊の知恵袋講座開催!」
当ブログ2018年  5月31日 (木)「御礼!10周年!人が集えば文殊の知恵袋講座!」
当ブログ2018年  4月24日 (火)「6月度人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2018年  4月  7日 (土)「平成30年度前学期!人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2017年  9月19日(火)「平成29年度後学期人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」
*文字数の関係上、2017年度省略

当ブログ2016年 10月25日(火)「2016年度後学期人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」

当ブログ2016年  5月 26日(木)「2016年度前学期人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」

当ブログ2016年  4月 14日(木)「2016年度前学期人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2015年  9月   3日(水)「2015年度後学期人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2015年 5月 18日(月)「2015年度前学期人が集えば文殊の知恵袋講座(道民カレッジ連携講座)のご案内!
当ブログ2014年 9月 11日(木)「後学期人が集えば文殊の知恵袋講座開講のご案内!」
当ブログ2013年 4月  2日(火)「2013年前学期人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2012年  9月  9日(日)「2012年度後学期人が集えば文殊の知恵袋講座(道民カレッジ連携講座)開催のご案内!」
当ブログ2012年  4月 14日(土)「2012年度前学期人が集えば文殊の知恵袋講座(道民カレッジ連携講座)開催のご案内!」
当ブログ2011年 9月15日(木)「後学期人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」
当ブログ2011年  4月 1日(金)「2011年度前学期人が集えば文殊の知恵袋講座開催のご案内!」

*文字数の関係上、2008年〜2010年12月まで省略




写真:人が集えば文殊の知恵袋講座第2回渡辺良洪氏ご講演の模様<2008年6月25日開催の模様>
 江別創造舎ブログ掲載許可を得て撮影・掲載いたしております。

コメント

本日から2日間!北翔大学オープンキャンパス!

2018年08月04日 | イベント

 このたび、本日から2日間!北翔大学オープンキャンパス!開催のご案内をいたします!

 北翔大学・北翔大学短期大学部・北翔大学大学院
 3学部7学科3研究科からなる北翔大学の教育!
 オープンキャンパスで存分に感じ、体感してください💖

  受付
  オープンニング
  オープニングアトラクション
  学科相談
  PALキッチン
  北翔カフェコース(じっくり説明・相談)
  北翔探検コース(学内施設見学)
  北翔ラボ(各学科講義体験)
  保護者説明会〜奨学金・就職等
  エンディング

  北翔ラボ・北翔大学短期大学部ライフデザイン学科では、
  コンピュータグラフィック体験をはじめ、
  ハーバリウム作成<ボトルに植物を専用オイルで満たした植物標本作成>を体験!
  また、舞台芸術体験として照明や音響と合わせてシーンレッスンを体験します!
  
  最も学生と教員の距離が近い北翔大学の寄り添いの教育を体感してください

   また、ライフデザイン学科では、シニア入学も可能です❗️
 人生100年〜学び直し〜ご活用ください💞

 
  ぜひ!ご期待ください


 北翔大学オープンキャンパスの日程は、下記のとおりです。
1.日   程   2018年8月4日(土)〜8月5日(日)の2日間
           受 付       10:30〜
           オープンキャンパス 11:00〜15:30
2.場   所   北翔大学
           江別市文京台23番地
           011−386ー8011(代)



写真:北翔大学COLLEGE HALL PAL<カレッジホール パル>

コメント

江北サマーフェスティバル2018開催のご案内!

2018年08月03日 | イベント

 このたび、江北サマーフェスティバル2018開催のご案内をいたします!

 江北サマーフェスティバル2018!
 江別市都市と農村の交流センターえみくるにて開催です!

 音楽と江別の新鮮野菜、乳製品、ゆでとうきび等の美味しさが勢揃い!

 江北サマーフェスティバル2018の日程は、下記のとおりです。
1.日   程   2018年8月5日(日)15:00ー20:00
2.場   所   江別市都市と農村の交流センターえみくる
          江別市美原1445番地
          011−384ー0285


 江別市都市と農村の交流センターえみくる公式HPは、こちらからご覧くだささい。



写真:江別市都市と農村の交流センターえみくる

コメント