江別創造舎

活動コンセプト
「個が生き、個が活かされる地域(マチ)づくり」
「地域が生き、地域が活かされる人(ヒト)づくり」

江別創造舎第19回オンライン定例会議開催のご報告!

2022年02月27日 | 江別創造舎
 このたび、江別創造舎第19回オンライン定例会議開催のご報告をいたします!

 昨日(2/26)!
 江別創造舎は、オンライン定例会議を開催いたしました🖥
 長引くコロナ禍の中で、
 江別創造舎メンバー相互の情報交換、ネット交流の活性化をふまえて、
 毎回メンバーによる情報共有・プレゼンを実施しています🖥 💻

 昨日は、籾山陽子氏によるプレゼンでした
 陽子さんは、ご夫婦もしくはご家族で道内各所訪問され、
 とても見識を深めていらっしゃる方です。
 今回は、北海道の水族館について情報提供いただきました

 昭和34年開業小樽水族館を皮切りに
 室蘭水族館
 ノシャップ寒流水族館
 登別マリンパークニクス
 サンピアザ水族館 などについてご講話いただきました

 水族館といえば、ペンギン・イルカなどが思い浮かびます。
 このお馴染みの動物たちでも、各水族館の志向によって全然異なる演出がされています。 
 例えば、
 おたる水族館のペンギンたちは、飼育員の指示に従わないなどは当たり前!とても気まま🐧 🐧 🐧
 北海道最北ノシャップ寒流水族館には、一つの同じ水槽の中で各種魚たちが泳ぐ優雅なアクアリューム化
 南極観測探検隊資料も観覧できます 
 現時点道内で最も新しいとされる登別マリンパークニクス、
 煉瓦造り・お城のような建物で、高さ8mの水槽・アクアトンネル化され魚が泳ぐ様子を見上げて観覧可能
 それぞれの水族館の経営志向がとても興味深く、
 講話終了後も、メンバー皆さんと情報交換をいたしました
 メンバーからは、留辺蕊(るべしべ)所在 山の水族館についても興味深い情報提供がありました。
 今月も楽しく、有意義な時間をメンバー相互共有しました 

 来月の予定を確認し、
 そして、お互い元気にオンライン上で会える喜びを確認し合って
 2月度定例会議を終了いたしました


写真:新札幌所在 サンピアザ水族館
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 明日(2/25)申込期限!講演会... | トップ | 江別創造舎第20回オンライン... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

江別創造舎」カテゴリの最新記事