江別創造舎

活動コンセプト
「個が生き、個が活かされる地域(マチ)づくり」
「地域が生き、地域が活かされる人(ヒト)づくり」

江別創造舎 第22回定例会議開催のご報告!

2022年05月30日 | 江別創造舎
 このたび、江別創造舎第22回定例会議開催のご報告をいたします!

 一昨日(5/28)!
 江別創造舎は、定例会議を開催いたしました!

 社会は、マスク着用緩和、外国人の入国緩和など緩やかに変化を示しています。
 一方で感染者数も決して低い数値ではありません。

 北翔大学では手消毒や什器消毒はもちろんマスク着用も義務付けられています。
 そのため、本学に則ってマスク着用、手消毒、什器消毒を前提にて対面式にて会議を開催いたしました😷

 今回の情報提供者は、関谷長昭さんでした。
 関谷さんが16年前にJICA専門家の一人としてインドネシアに派遣された際の話題を提供していただきいました。
 
 インドネシアは、1945年8月17日独立宣言以降インドネシア共和国となっています。
 日本の面積およそ5倍、190万キロ平方メートル、34州でなっています。
 インドネシアの作物ー作付け面積ー生産量ー収量などの比較表に基づいて説明いただきました。
 また、日本・北海道の大豆栽培皮革など興味深い話題を提供いただきました。
 7年間のインドネシアでの活動の一部をご紹介いただきました。
 
 今回もメンバー各々の豊かな専門性から話題提供をいただきました。
 来月はメンバー相互多忙なため次回の会議は7月となりました。
 
 今後、社会活動も徐々に検討していく所存です。
 今後ともよろしくお願いいたします


写真:江別創造舎第22回定例会議 関谷様提供情報共有資料





コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 江別創造舎定例会議開催のご報告 | トップ | 北海道百年記念塔 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

江別創造舎」カテゴリの最新記事