美濃の国から(エコロジーで暮そう)

ロハスな暮らしを求めて住の方から考えませんか…?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

伊藤若沖

2006-07-23 11:09:42 | アート
伊藤若沖という江戸時代の画家。
10数年ほど前にある美術の本で若沖の絵に出会い、すっかりファンになったのですがあまり出身とかに興味を持っていませんでした。
ところが今日テレビを見ていましたら彼のお墓が京都の相国寺にあるとのこと。ぐっと若沖が近くなりました。私の通っていた学校が相国寺のすぐ北にあり、相国寺はしょっちゅう行っていた場所だからです。(ここでよく銭形平次(大川橋蔵さん、こんな字だったっけ?)や雪之丞七変化(美輪明宏さん)、鞍馬天狗(大瀬康一さん)など撮影されていました。)
若沖は錦の市場で店を営んでいたというからまたまた親近感が…。
また若沖の図法に西陣織りの方法が影響していたのでは、という説も出て織物をしている私としては何だか久しぶりに心が揺さぶられました。
若沖が相国寺に呼んでくれたのか、相国寺が何か因縁めいてきました。
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« むしろ作り | トップ | へちま »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
相国寺のことなど (一人閑)
2006-07-23 23:59:03
伊藤若沖が目を惹きました。

相国寺はゆかりが深かったようですね。緻密な動物図があったはずです。鶏の図はもう凄いのひとことですね。

 若沖の蓮と小魚図に心を動かされたのは、もう何年前のことだったか?

 まさに鬼才でっすね。若狭出身の、水上勉氏がやはり若いよき層国寺で子守奉公をされていたとか?

 平家物語、白河上皇の大原行幸は涙なくしては読めませんが、のち建礼門院を相国寺の一隅にひきとられたのはどうやら史実のようですね。

 
相国寺 (ユーミン)
2006-07-24 13:09:47
一人閑様

 相国寺にはよく、お弁当を持ってお昼休みなど行きました。本当に懐かしい場所です。

でもまだ若かったため、そのお寺のことをよく解っていませんでした。

今やっとその歴史の深さに驚いています。
Unknown (bonejive)
2006-07-27 20:59:13
TBありがとうございます。本当に若沖いいですね。今後ともよろしくお願いします。また遊びに来ます。
こちらこそ (ユーミン)
2006-07-27 23:18:47
bonejive様

 こちらこそTBありがとうございます。

私も絵を描いていますのでちょっと影響されましたよ~

コメントを投稿

アート」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

NHK 親日曜美術館 「若沖・プライスコレクションの全貌」 7月23日(日)放送 (Favorites Lab.)
先日私のお気に入りのブログ(叡智の禁書図書館 http://library666.seesaa.net/ ) で紹介されていた「伊藤若沖」。 ブログ紹介されていた作品を見て興味を持っていたところ、タイミングよくNHKの新日曜美術館で取り上げられたので早速観てみました。 まず名 ...
若冲一纏め (弐代目・青い日記帳)
気がつけばこのブログでかなりの数の若冲の記事を書いてます。 ミーハーで熱しやすい性質なのでついついだらだらと。。。 今日は遊びの疲れ7:仕事の疲れ2:生活の疲れ1?といった割合で 体さすがにへとへとなので家でのんびりしていました。 部屋の片 ...