中村光宏 Mitsuhiro Nakamura

Singer、Native Flute奏者、音楽家、sundancer、執筆監修、作家、北米先住民文化伝承者、祭司、

サンダンス

2016年02月08日 | SUN DANCE

本来、公開されない 神聖な儀式ですが

当時の問題作として映画の中で表現されています

スウェットロッジやサンダンスは部族によって、様々な形があり行い方も違いますが、

映画をとうして  真髄を感じる きっかけに なる方もいらっしゃるのかもしれません

 ラコタ族の伝統では 13回以上のスウェットロッジを体現し

4年間 vision questを行い sun danceのvisionを観た者が sun danceを行います

sun danceでは 8日間の内の4日間祈りのダンスを捧げます

夏至の灼熱の炎天下の下、一切の水と食べ物を摂らず断食の状態で

命の繋がりに感謝を捧げ 世界の平和 地球の繁栄 森羅万象 万物 全てに 愛と祈りを捧げます

 それもまた 4年間 おこなわなければ 成就されません 本物の神聖な力が働く 真の祈りです

sun danceに望む 人の意識によって 差がありますが 

本来は vision questの時期に悟りを得て 今生において自己の探求の完結を得たのちに

自分のためではなく 自分以外の全てに祈りを捧げる崇高な祈りです

 

 

野蛮なステレオイメージを広め 儀式を消滅させようとした アメリカの同化政策の延長にあるような動きも強くありましたが

イエスキリストが 十字架に貼り付けになっても 他の為に祈り続けたように

自己犠牲の 崇高な美しい 祈りを 生きて体現し続けているのです

そして 地球全体をも護っているのです

 

 

本来の祈りは 形だけでなく 、行動となり体現してゆかれます

 

 

本当に大切な事は  目にみえない 形に表現 されない真に あります

肉体に杭を刺し 祈りを捧げるのは、人間が真の人として自然界のあらゆる命をいただき生かされている 真理に 目を塞がず 愛と敬意を持って感謝を 還す 謙虚で

あたたかな慈愛と生きつづる行為です

 

全ての命が 自然の命をいただいて生かされ いつしか自分も自然に食べられ一部になってゆきますが、人間も 更なる 霊性の学びのため 意志を持って  あらゆることを選んで

研ぎ澄まされながら宇宙を構成する 愛の重要な一部となるために生まれてきています

 

悩み 苦しみ 喜び 笑い 

真の愛に気づき 真を、生きあえるため 

研ぎ澄まされた 高度な精神性と豊かな霊性の 本物の儀式があり

真理一体の真髄の愛と調和がそこにあります

映画に関しては あくまでもご参考にと思います

 サンダンス シーン、Moovie→ http://youtu.be/7s6utCwduhc

スウェットロッジ~サンダンスシーン、Moovie→http://youtu.be/yENpVGStce0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« gooday to live . | トップ | イニピ 那須高原 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆう)
2016-02-14 07:32:10
はじめまして

私は数年前に「老女の聖なるおくりもの」という本でネイティブアメリカンの生き方に触れ、感銘し、ブログのタイトルにまで祈りの言葉を頂戴したのですが、正直、肉体に杭を打つシーンはショッキングでした。

命を頂いて生かされていること
すべてに感謝を捧げること
自分はただの二本足に過ぎないこと


謙虚に生きる
祈りの中で生きる

それでも生贄は受け入れられないし、あんなことしたら感染症にかかって死んでしまったり、身体不自由になってしまうのではないか?

そしたら抗争が起きた時にどうするのだろう?


祈りと肉体の犠牲が受け入れられないのは、私が命を生み出す側の性だから?

色々、考えさせられる記事でした。


いつかスウェットロッジを体感してみたいと思います。
日本に祭司さまがいて、この地で体感できることに感謝です。

Unknown (hiro)
2016-02-14 10:45:38
コメントありがとうございます
祈りの力は とても深いですね
携帯を水没したので
しばらくすると携帯番号とブログも変わるかもしれませんが
080-4144-3216です
スウェットロッジの儀式でも
また2/20のイベントでも是非お会い出来ましたらと思います!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

SUN DANCE」カテゴリの最新記事