世捨て人・Mt.DOGのぼぼぼぼぼやき

※ 気ままな旅、日々の出来事の紹介。拙いブログだけどよろしく!!

【令和元年梅雨の鎌倉、馬籠・妻籠、勝沼を歩くひとり旅の巻5(最終)】

2019-06-30 21:26:14 | たび日記(鉄道の旅中心)
【日時】令和元年6月9日(日)(その3)
【行程】中津川→塩尻→小淵沢→勝沼ぶどう郷JKL→大月→新宿→東京→地元駅

【詳細】

J 勝沼ぶどう郷 ぶどう畑を歩む

 特別急行ワイドビューしなの号に乗って中津川駅から塩尻駅へ移動後、続いて特
別急行あずさ号に乗り継ぎし、小淵沢駅まで移動した。
 小淵沢駅においては電車の待ち時間を利用し、駅名物の「山賊そば」を食べた。
 その後、中央本線上りの普通電車に乗り込み、勝沼ぶどう郷駅にて急きょ下車した。

 すでに旅の帰路についていたのだが、時折小雨が降る中での約2時間半の中山道歩
きで体中が汗まみれになってしまって、気持ち悪い状態だったので、温泉に浸かって
汗を流すことにしたのだ。

 駅を出たあと、青々とした葉に覆われたぶどう畑を見ながら、温泉施設がある
「ぶどうの丘」へ歩いた。

 
 ▲写真 小淵沢駅にて食べた山賊そば

 
 ▲写真 ステンドグラスが美しい勝沼ぶどう郷駅入り口

 
 ▲写真 勝沼ぶどう郷駅からぶどうの丘へ続く道沿いの勝沼ぶどう畑

 
 ▲写真 勝沼のぶどう畑1

 
 ▲写真 勝沼のぶどう畑2

 
 ▲写真 高台にあるぶどうの丘

 
 ▲写真 ぶどうの丘にある鐘

 
 
K 勝沼ぶどう郷 ワインを試飲する

 「ぶどうの丘」へ到着後、温泉施設のそばにある観光・物産施設に入って、まず
ワインセラーにてワインの試飲をした。入館時刻が、閉館時間の約1時間前であり、
あまりお客さんがいない中、赤・白・渋みがあるもの・甘いものの様々なワインを
口にすることができた。自分自身、日ごろワインは口にしないので、味の美味しさ
を全くわからないが、甘いワインはとてもおいしく感じた。

 
 ▲写真 ぶどうの丘でのワイン試飲1

 
 ▲写真 ぶどうの丘でのワイン試飲2



L 勝沼ぶどう郷 高台からぶどう畑の景色を眺める

 ワインの試飲後、しばらくしてから隣接する温泉施設「天空の湯」にて入浴した。
 中山道歩きでかいた汗を流してサッパリすることができた。また、天空の湯の露天
風呂につかりながら、青々としたぶどう畑が広がる景色を眺めた。とてもきれいだった。
その後、天空の湯から勝沼ぶどう郷駅へ戻って、上りの電車に乗り込み、途中駅の大月
・東京駅での電車乗り継ぎをしつつ、無事地元駅へ戻った(了)。

 
 ▲写真 天空の湯

 
 ▲写真 天空の湯から見た景色

 
 ▲写真 夕暮れ時の勝沼ぶどう郷駅ホーム





コメント   この記事についてブログを書く
« 【令和元年梅雨の鎌倉、馬籠... | トップ | 【令和元年度夏第一弾 三島... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

たび日記(鉄道の旅中心)」カテゴリの最新記事