「薬品分析 化学」の研究や仕事

「薬品分析 化学」の研究や仕事の紹介ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「薬品分析 化学」の研究や仕事について

2013-05-05 08:08:54 | 薬品分析 化学
「薬品分析 化学」の研究や仕事について

初めまして、田中輝樹と申します。
今回私が紹介したい事があります。
これから、薬品分析の世界に入る人たちを私は、応援をしたいので紹介をしたいと思います。

薬学は人の健康に薬を通して寄与する学問です。
薬品分析化学研究室の研究課題の1つとして統合失調症などの精神疾患の機序と臨床現場で使用されている統合失調症治療薬の作用機序解明に取組んでいます。
また、アルツハイマー病アミロイドβタンパクの凝集阻害化合物や抗酸化剤あるいは金属制がん剤シスプラチンなど今後増加の一歩をたどると予測される病気の創薬科学を目指した基礎薬学的研究や環境浄化に関する基礎研究なども行っています。

研究テーマ

・統合失調症などの精神疾患機序の解明

・酸化ストレスで生じる脂質過酸化物により修飾されたタンパク質の除去機構の解明

・プラチナ制がん剤の開発。シスプラチン結合クロマチンのDNAトポイソメラーゼによる代謝で得られるDNAトポロジーに関する研究

・アルツハイマー病関連アミロイドβタンパクの凝集機構と凝集を阻害する二重鎖ペプチドの開発に関する研究

・粘土好物を製剤や環境浄化に役立てられないか?

薬品分析の化学の世界には、完璧な人じゃなくてもいいんです。
薬品分析に必要な人は、目標に向かって頑張る人が欲しいのです。

私は、薬品分析の世界には、まずは派遣入りました。
皆さんもあきらめずに頑張ってください。

最後までお付き合いしていただきありがとうございます。
コメント