ブログで学ぶ!日商簿記検定

 日商簿記検定に合格するための
情報を提供するブログです。
独学のサブツールとしてご利用下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

簿記の必勝法とは?!

2006-10-18 14:47:16 | ☆専任講師の日記
 基本的に、簿記の試験においては仕訳さえできれば
すべての問題を解くことができます。

これは、なにも簿記検定試験だけではなく、税理士試験の簿記論や
会計士試験の財務会計論についても同じことが言えます。

簿記の試験において、解答の手順をみていくと

①問題文を読む→②個々の仕訳をする→③その金額を集計する
というだけです。

このために、仕訳力というのがいかに重要かがおわかりいただけるでしょう。

 では、この仕訳力はいかにして強化していけばよいのでしょうか?

まず、大事なことは文章の読解力をつけるということです。
問題文には、取引とその処理の指示が書いてあります。

ですから、その指示通りに処理する読解力が必要になります。

また、難問が出題された場合は、わざと分かりにくい表現になっている
場合があります。
この場合も、読解力により、仕訳の処理を推定する力が必要となります。

 ただ、計算用紙に仕訳をしっぱなしでは、解答欄はうまりませんよね。

そこで、さらに仕訳力とその金額を集計する、集計力というものも必要となります。

 このように、簿記の問題を解けるようになるには
①仕訳力 ②読解力 ③集計力
の3つが必要となるわけです。

それでは、このうち、仕訳力を向上させる方法を伝授いたしましょう!
それは、問題の復習をするときに、すべての仕訳をしてみるということです

なんだ、そんなことか・・・という声が聞こえそうですが

以外に、すべての仕訳をしっかりときって問題を復習している人は
少ないのですよ。 

 しかし、この方法が一番実力がつきます

すべての仕訳をきってみることで、自分がどの仕訳がわからないのか
が理解できますし
実際の本番において、きるべき仕訳と、きらないで直接書き込む仕訳が
判断できるようになるからです。 

さぁ、今日からさっそくやってみましょう!
ジャンル:
学習
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 目隠しして操縦できるかぁ~ | トップ | 人としてねぇ・・・ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マータン)
2011-03-30 19:10:35
全ての仕訳を書いて見る、というのはとても参考になりました。

コメントを投稿

☆専任講師の日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事