いいトクホAnnex

「いいトクホ」の別館です。 1日1品を厳選して、旬な情報をお届けします!

あるある2のおさらい 大豆と酢で内臓脂肪を落とそう!

2006-08-27 | 健康食品・サプリの話題
アディポネクチンを増やすサプリはこちら


 今日のあるある2は、「メタボリックシンドロームの恐怖 内臓脂肪は簡単に落とせる!」です。糖尿病、心筋梗塞(こうそく)、脳卒中になる危険度が高いメタボリックシンドローム。その元凶ともいわれる内臓脂肪に焦点を当てます。内臓の大網や腸間膜につくのが内臓脂肪。
これまで内臓脂肪は余った栄養を蓄積しているだけの存在のようにいわれてきましたが、最新研究では脂肪に含まれる悪玉ホルモンが体に悪影響を与えていることが分かりました。100cm^2以上内臓脂肪面積があると危険といわれますが、これは既に病気になった人を基にしたデータ。病気を未然に防ぐためには、内臓脂肪の面積が40cm^2を超えると注意すべきだそうです。

■内臓脂肪セルフチェック
 仰向けになって寝て、おへそ周りがポッコリ出ている人は、内臓脂肪が多い可能性があります。皮下脂肪は重力で下に落ちますが、内臓脂肪は位置が変わらないので、ポッコリでるのです。
 
■内臓脂肪の恐怖のメカニズム
 脂肪細胞は、貯蔵庫だけでなく、ホルモン分泌の内分泌臓器です。 しかも悪玉です(TNF-α、アンジオテンシノーゲン、PAI-1)が増えます。これが全身に悪さをします。
 TNF-αは、各細胞の入口で、インスリンが運んできた糖をブロックして高血糖を引き起こします。のどが渇いたり、食後必要以上に眠くなるのは、この可能性が・・・。また、中性脂肪、コレステロールも血中にあふれる結果となります。
 アンジオテンシノーゲンは、血管壁の血圧受容体に取り付いて、血管を閉じたままにして高血圧を引き起こします。さらに血管を傷つけ血栓などを引きおこします。
 PAI-1は、血管を修復する酵素の働きを阻害するため、血栓を悪化させて動脈硬化を引き起こします。
 
■内臓脂肪改善大作戦
 内臓脂肪をためる原因は、暴飲暴食や運動不足。しかし、内臓脂肪はつきやすい分、食生活や運動の改善で落ちやすいのです。さらに、内臓脂肪がたまっている腸間膜は、血管で肝臓と直結しているので、肝機能をアップさせると内臓脂肪の燃焼がより進むのだそうです。肝機能アップで内臓脂肪燃焼を促進する食材は、酢と大豆。1日おおさじ2杯の酢と、大豆タンパクを1日15g取ると良いそうです。
 大豆には、アルギニンをはじめとするアミノ酸が豊富。アルギニンは、傷ついた肝臓の機能を回復します。また、大豆たんぱくには、善玉のアディコネクチンを増やし、悪玉を減らす効果があるそうです。また、お酢の酢酸は、肝臓の酵素を活性化します。必ず、醸造酢を。飲む場合には、5倍以上に薄めて。また、空腹時ではなく、食事中か食後に。大豆とお酢を同時に摂取すると大豆タンパクを固めてしまうので、お酢と大豆は1食分離して摂取するように。
  さらに、アラニン、ビタミンB1,タウリンカテキンなども、肝機能をアップさせます。(杏J夫)

メタボリックシンドロームには メタボディスリム!3個以上で送料無料です【これこれ倶楽部】

お役に立ちましたら、応援クリックをお願いします!

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« オーガニックコスメのハーブ... | トップ | 江原道 秋の魅肌づくりセット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康食品・サプリの話題」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

メタボリックシンドロームの診断基準 (最近話題の健康・美容・ダイエット解説ブログ)
≪メタボリックシンドロームの診断基準≫ ウエストサイズ85cm以上の男性は要注意です!! 47ー74歳の男性の二人に一人、女性の五人に一人がメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)あるいはその予備軍であることが、厚生労働省の2004年度国民健康・栄養調 ...
醸造酢・その他 (ケンブロ)
健康情報ポータル「ケンブロ」の醸造酢・その他情報です