E-styleより

素敵な人、素敵なこと、素敵なもの…

素敵セミナー vol.15 ご報告

2012-11-04 | E+素敵セミナー
E-style+素敵セミナーvol.15、秋晴れの良い天気に恵まれました。
今回のテーマは「和食器」、シリーズで揃える洋食器に比べると
多種多様な和食器はどれを選んで良いのか迷うところ。

そして以前から気になっていた言葉がコレ、
家庭画報から出版されている「器に強くなる」という本に書かれていた言葉です。

「ウツワ」という言葉はウツセミ、ウツロイなどど同じく
空や虚といった観念を表す古語「ウツ」の派生語です。
ウツとは、中がカラッポという意味。
「ウツワ」が、中がカラッポであるがゆえに何かによって満たされます。(一部抜粋)

私の中ではこの言葉が今回のメインテーマ。
このお話をお聞きできるのはこの人!
ということで講師をお願いしたのは、西区新町にあるwadカフェ店主 小林剛人氏。



wadカフェは「日本の良きモノ」をコンセプトに一点一点にいこだわり、
ひとつひとつに込められた”心”と伝え続け、
”違い”を楽しむ生活を提案する、ギャラリー&カフェです。

店内もとっても素敵。





さっそくセミナーがスタート。



特等席? かぶりつき?(笑)



やきもののお話、土器・陶器・せっ器・磁器…
器の形の色々-盤、鉢、壺、碗、盆、瓶、水注、片口など
実際の器を見ながら、貫入の面白さ、使い込むことにより景色が変わる面白さ、
器を育てる楽しさなどなど…

話は尽きません。

このあたりで「一服」ということで
カフェの棚に並んだ抹茶碗から自分好みの1ツを選んでお抹茶をたてていただきます。
さぁ、どれにしましょうか?





私はこちらをセレクト、ガラスです。



隣にいらしたお料理レッスンの安代先生が選ばれたのはコチラ。
飲み干した後の抹茶の緑が鮮やかで器に映えます。
「これはどこから飲むのかしら???」とワイワイ言いながらも楽しい時間です。



アッという間の180分。
まだまだお話をお聞きしたかったですし、
「答え」は見つかりませんでしたがそれが答えかもしれませんね。(かなり哲学的? 笑)
自分が「好き」と思えるものが一番ですと小林さんがおっしゃった言葉、
俗っぽい私はすぐに値段や人の評価に迷わされるタイプ…
まずは自分の感性を信じて「お気に入り」を選んでみようと思います。

さぁ、心地よい気分でお勉強した後の自分へのご褒美は
お楽しみのランチへGo!です。

今回のランチはwadカフェから徒歩2分の「ル・ジャルダン」
CPも素晴らしく、ランチはなかなか予約の取れないお店です。

【前菜】
炙りホタテと鮮魚のカルパッチョ、色々野菜のサラダ仕立て



【スープ】
さつまいものスープ



【魚料理】
鯛のポワレ ごぼうとキノコのクリームソース 
皮はカリッ、中はふっくら… このソースがおいしい!!!
上にのった青ネギが良いアクセント。



【肉料理】
シャラン鴨のロティ 蜂蜜と黒胡椒風味
ハチミツで固められた黒胡椒が乗っています。
このハチミツの微妙な甘さが口の中に広がり、鴨のジュと赤ワインのソースがいい感じ。



【デザート】
いちじくの赤ワインコンポート クレームドパティシエール入り
これが食べたいです!とお願いしたいちじく。
中を割るとクリームが…



お話を楽しみながら2時間近く、ゆっくりと過ごさせていただきました。
初めて会う方とお席が隣り合わせという方もいらっしゃいましたが
さすがE-styleの皆さん、社交上手~!!!
お話が弾んでいたご様子、たくさんの笑顔の花が咲いていました。嬉しい限りデス!!!

E-style+素敵セミナーのメインコンセプトは
テーブルコーディネートを通して、笑顔あふれる素敵な時間を過ごし、
素敵な輪を広げていくというもの。

今回も素敵なご縁を頂戴し、楽しい秋の一日となりました。
参加くださった皆様、本当に有難うございました。
小林先生がおっしゃっていた「佐川美術館(滋賀県守山市)ツアー」を
来年に企画しようかと思います。またぜひご一緒しましょう。

wadカフェ
金継ぎ教室やイベントなどで臨時休業もありますので
必ずHPで確認してからお出かけください。

ル・ジャルダン
予約をお勧めします。小食の方は今回のBコースはボリュームありすぎるかも(笑)








ジャンル:
きいてきいて
この記事についてブログを書く
« 小さな幸せ | トップ | E・キッチン クリスマスパー... »
最近の画像もっと見る

E+素敵セミナー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事