回顧録 Vol 6

2021-09-06 10:19:16 | Weblog

開店は3月に決めて11月から店の図面を描き始めた
並行して内装工事の打ち合わせと私の機械設備一式移設の打ち合わせ
長い付き合いの業者さんなのでスムーズに話はまとまった
市からの補助金もいただけることになり
中古の機械一式と備品買えば総額8〜900万円は下らないものを譲渡した
普通ではあり得ない少額投資でパン屋開店できることになったが
その間全部私が整え何もしなかった男
3月開店を迎えた
酒蔵通り恒例の醸華町祭りが一週目の土曜日始まった
観光客も非常に多く開店2時間もしない内に売り切れで外には長蛇の行列
一旦閉めて1時間後商品を整えて再度開店するもすぐに売り切れで
もうパン生地の在庫がなくなったので待っているお客さんに説明して閉店
結構な売り上げでした
その後も祭りはないけど非常に忙しい毎日
開店して一週間した頃暫定オーナーはインフルエンザに罹った
店に出る事ができないが開店月早々には休業することはできないので
1人でパンを作ることにした
暫定オーナーの嫁は子供が小さいからと1ヶ月の三分の一も出勤しないので
私の嫁さんが1人でレジとパンの品出しをした
結構きつかったと思う
こんな馬鹿げたことはまだ始まったばかり
普通ではあり得ないことが次々起きてくる事になるのです
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 回顧録 Vol の間違い | トップ | 回顧録 Vol .7 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿