神奈川県歴史博物館にて

昨日は久し振りに暖かい太陽が顔を出して穏やかな小春日和
陽気につられて、今日は馬車道の神奈川県歴史博物館にでかけた



同館で開催されている特別展「相模川流域のみほとけ」に
大学同期が僧侶をつとめている明治山神田寺のご本尊の秘仏が展示されていた



その秘仏は十一面観世音菩薩坐像(金銅製 室町時代)で
今では丙午の年に開扉される60年に1度しかお目にかかれない観世音菩薩
言い伝えでは、坂上田村麻呂が蝦夷征伐の途中、神田寺に滞留し軍馬を境内につなぎ
その蝦夷平定の帰途、陣中の祈念仏であった十一面観世音菩薩を
無事蝦夷平定したことを感謝して神田寺に奉納されたということのよう
色々な仏像などが70点ほど展示されていたので1時間半ほどかけて見学してきた



常設展もざっと見て
お昼が過ぎたので博物館内の「ともしび喫茶」でランチ

妻は「ぎんなんご飯」



焼売(崎陽軒ではない)、胡麻豆腐、ほうれん草のおひたしに
手鞠麩のお澄ましにデザートのみつ豆もついている



小生は「昔ながらのナポリタン」



ポテトサラダが案外おいしい
どちらにも食後のコーヒーが付く



食後、みなとみらいあたりの散策をと思ったが



おろしたての靴に右足の小指が擦れて痛くなったので
来た時と同じ馬車道駅から電車に乗って帰ってきた



行きの10時過ぎの東横線では車両は見渡せないくらいの混み具合だったが
みたところ座っているのは比較的若い女性ばかり…その9割が横浜駅で下車
帰りの2時半頃の電車は立っている人が数人で座っているのは男性客が多かった


(興味はあったが買わなかったケチャップ…526円?)

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 2020初紅葉狩... ターキー »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。