健忘症?それともアルチュウハイマ―?

久しぶりにスマホで写真を撮ったのでアルバムを見たら…
美味しそうな握り寿司の写真が…



とっさには思い出さない…過去の写真が何かの関係で順番が狂ったのかな? 程度
改めて、撮影日付を見たら7月3日…
そうだ、高田馬場で2軒目を出てすぐ向いに立ち食いの「魚がし日本一」があった
徐々に徐々に、しおれた花に生気が蘇ってくるような感じで記憶が戻ってきた



言い出しっぺは小生ともう1人…彼はカツオが食べたいと言っていた



小生は貝、うに等々



全員別勘定にしてもらって、2貫食べられないものは友人と分けっこ
ここでは全員、お茶にしたような…
粉茶か茶袋を湯飲みにいれて熱湯を注いで飲んだ(思い出した!)
ともかく、全員、満足して駅に向かった

♪♪♪
この街歩きを前にして食べた昼ご飯は鯖の文化干しの焼物



スタミナをつけるために豚肉生姜焼きと迷ったが
炎天下なので血液サラサラの方を選んだ
これで800円なら日本の鯖の文化干しではないかも知れないが



脂も乗り、味も深みがあって美味しかった

そして、歩きだしてしばらく行ったところに「花と森の東京病院」という建物があった
これは植物の病院なのか、人の病院なのか意見も分かれたが

近くに行って看板をよくよく見たら診療科目は対人間
まさか、植物に内科も眼科もあるまい



看板を見て「面白そうだから」と行ってみる人もいないだろうが
ちょっと紛らわしいな

ということで、終わった筈の街歩きの番外編でした
m(_ _)m

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 炎天下の街歩... 池上にて »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。