国産松茸は手が出ない

10,000歩を超えて歩いてずぶぬれになった金曜日
とある家の塀の上から雨に打たれている八重咲きの山吹の花



七重八重 花は咲けども 山吹の 実のひとつだに なきぞ悲しき
太田道灌の歌を思い出した

雨具はお貸しできませんよということではないだろうが
それでも、この季節に春の山吹が咲くのかなぁ?
狂い咲き?



3輪ほど咲いていたが雨で?コンデジのオートではピントが合わなかった…

その後、立ち寄ったスーパーOでは松茸が山と積まれていた



目に付くところは980円、1280円…中国産だったが
ふと上を見ると岩手松茸の文字がみえた
特に高級なパッケージに入っているわけでもないので安いのかな?



傘が開く前のものだが、丈があるもの4-5本が入って9,800円!
多分、例年だったら安い方なのかも知れないが、手がです
代わりに?まぐろの切り落としを買ってきた


(一昨日のブログの鍋の前菜?として食べた)

次のスーパーA、いつもなんちゃって大吟醸を保護しているが
新しいものは出ていなかったので
前に飲んで美味しかった加藤酒造店の「無窮 純米大吟醸」を買ってきた



前回は980円だったのに、968円…値下げしたのかな?
そこで思い出したのは10月からの酒税法改正
日本酒は350mlで3.5円の下げになった…だから720mlでは?
単純計算では値下げしすぎのような気がするが計算法がややこしいのだろうな



そして、「無窮」は昨夜、口開けして
久々の国内産のタコの刺身とともに胃の中へ



飲み切ったと思っていた朝日山の純米 秋あがりが残っていた
もうろくしたものだ  

by よしの ふくすけ  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 雨は嫌だ! インフル予防... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。