吉例 新橋の夜を極める

昨夜は64回目の「新橋の夜を極める」
初めての店を3軒はしごして5,000円であげるというE-OJISANのオフ会
昨日を終わった時点で重複を引いて、新年会などで1軒しか訪問しない回を調整すると
合計184軒の初めての店を訪問したことになる
1,500軒はあると言われている新橋の居酒屋を全て訪問するには
偶数月に1回のペースを続けると73年かかる…これまで参加した人は誰も生きていない!



さて、昨夜の1軒目「楽が気」には6名が参集



 何はともあれビールで乾杯!(といっても、「金麦」)



お通しの値段を確認すると400円…席料ですね!
でも、これと消費税を事前チェックしないと目的が果たせないこともあるので重要
2杯目以降はホッピーを2セット+中を4つ



 おつまみも厳選しながら各人が1つずつ



 コロッケが美味しいとお代りをする人もいた



玉子焼きは「蟹づくし卵焼き」…これにはビックリ!



 近親者に最近、2度目の乳がんが発見され、
今回は保存せず切除手術をした人の話
初めて傷口をみたとき随分おおきな縫合痕だと思ったら
自分の出たお腹の「段の皺」だった
初めて自分のお腹を上から見えたと言っていたと大笑い!
術後すぐに歩かされ、5日で退院…退院の日にアルコール付きのランチを食べて、へぇ~!
縫合痕はないというよりシートでペタッと貼られているだけ?

そんなこんなで、1人2,500円(実費は2,200円強)を集金して2軒目へ



次の店「肉バルスタジオ」…飲物が安いと、6時頃に店に行って予約しておいた
予約席はテラス…いや、歩道の端(きっとビルの私有地なのだろう)



290円(但し、今日まで)の角ハイを頼んだが、薄め過ぎではないハイボールで良心的



ちょっと実力があるポップコーンチキンフライのお通しは300円とリーズナブル



牛ハラミ2枚頼んで卓上コンロで焼いていく…数えてみれば1人3枚当て

大分出身の奥さんの旧住所の最後が「4組」…番地では無かったことにビックリ
「一体、組って何?!」「ということは1組も2組も3組もあるということ?!」
そう言えば、中学時代に短期間文通した女の子の住所が「〇〇校前」で番地無しだった…
何度、訊いても「番地に番号は無いのよ!」

肉をがっつり?食べて3軒目…ここで長老と会長が脱退して4人となった



次も下見で目星をつけていた「魚がしそば」曰く「寿司屋が創ったまぜそば」
魚がしだから?ネギトロ、エビ、ゲソやアサリなどが食券機のボタンに並ぶ
1人を除いて「赤」のまぜそばを確保した

「赤いあさり」の食券を渡すと「初級、中級、高級、どれにしますか?」
取りあえず初級を頼んでスタンバイ

先にげそなどを頼んで食べ始めた隣の参加者が「辛い! 辛いなぁ~!」



てなことで、小生は有料トッピングの青のり、無料(取り放題)のワカメとガリを乗せて
辛さ克服に努めたが…「辛い!!」



やや遅れてきた白飯とスープを、麺がなくなったお皿にいれて



残っていた魚介スープにまぜまぜして完食!

麺を食べた全員、この日のミッションを達成できました

次回は5月某日…4月中旬頃にHP(www.e-ojisan.org)で案内します

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 新宿御苑の花... 佐倉ウォーク... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。