鱧の季節

昨夜は久しく行ってない神田の和食処「なまこ屋」に元同僚とでかけた
魚や味の話で馬が合った大将が数年前に肺炎を放置して倒れ
その後、復帰はしたが包丁を握るのは刺身のみ…」
厨房内に座って、厨房内や店内の目を配り、味のチェックをするだけ
そんな大将も2年前に肺炎を再発してから酸素ボンベのお世話になり
月に1度、開店前の店に来て開店を待たずに帰ってしまう
そんな頃から小生の足も遠ざかってしまった



5月の中旬に異業種交流会のセミナーに参加して
帰りに覗いてみたら暗い店内に着替え中の板前がいて
大将の様子を聞いたら、翌日に大将から電話がかかってきて
「Yoshiさんが来る日がわかれば俺も行くから」
「〇〇ちゃんも連れて来てヨ」
ということで昨夜がその日となった

2年?ぶりに会った大将はすっかり別人…丸々としてビックリ!
「そりゃそうだよ、出歩かないしついつい食べ過ぎたらこうなるさ…20㎏増えたよ」



昨日は鱧コースということで鱧尽くし
鱧皮の酢の物



「かまくら」に盛られた鱧のおとしは梅ソースでいただく



皮の弾力のある歯ごたえと身のほろほろとした感触が好対照

この日の築地で1番札はキロ5,000円の天草産の鱧
食べた鱧はそこまではいかないがかなり高いものらしい…道理で旨い!

箸休めではないが徳島産の特大の岩ガキが甘くて美味しかった



鱧の変わり焼き2種



鱧のゼリー寄せと続いて



天ぷらもカリッと揚がって中の身はしっとり



最後が鱧のしゃぶしゃぶ…出汁でしゃぶしゃぶとするが



それを氷に取って冷まして別容器の出汁につけて食べる



勿論、温かいままも美味しい



中にいれる野菜はじゃが芋…といっても熱に強いメイクイーンの薄切り



これが、サクサクとして大根や蕪のよう



雑炊で〆て柚子シャーベットでご馳走様



途中でラッシュになると困るからと大将は退場したが
肺炎の予防注射はしておいた方が良いよ、今は5種類に有効だからと何度も言い残した

やっぱり、受けるかなぁ~!

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 祝勝会は下北で 寝たきりにな... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。