寝たきりにならないために

土曜日の深夜(日曜日の未明)NHKの「ためしてガッテン」をやっていた
多分、再放送だと思うが、この日は寝たきりにならないための予防法
言われていたのは人とのつながりを作ることで
なかでも人に親切にすることが肝心
お年寄りの荷物を持ったり、手作りケーキを配ったり何でも良いとのこと
これを1日3回・1か月?実践した人は
同じ回数・期間、運動をした人と勝手気ままに暮らした人と比べて
免疫細胞が体内で炎症物質を出す働きを抑えることができたという
人とのつながりが少ないと炎症物質が多くなり体内の炎症が増えるらしい
つまり、この炎症物質抑えることは寝たきりを防ぐために重要との研究

人とのつながりのチェックリストはこちら
http://www9.nhk.or.jp/gatten/pdf/program/Checksheet.pdf


小生が参加しているサードエイジサロン(有志でわいわいフェスタのお手伝い)でも
http://genki365.net/gnko05/mypage/mypage_sheet.php?id=97728

視点は違うがサードエイジの暮らしがどうあるべきかを勉強している



高齢化が進む日本では家庭介護では限界だと2000年に介護保険を導入したが
2015年には介護保険にも限界があるとして10年計画で地域で介護をする
地域包括ケアシステムの構築をスタートしている
労働人口も減って2050年には1人の若者が1人の高齢者を支えるという時代がくるからだ



だから高齢者でも積極的に地域社会に関わって
元気な間は他の高齢者への手助けを含め働いていくことが重要



つい最近、シルバーボランティアではないが、手伝えることを登録して
その地域の高齢者が買物・ゴミ出し・病院送迎手伝いや子育て世代支援などを行う組織を構築し
実験運用に乗り出そうという大田区内のNPOが活動を始めた
因みに費用は1コイン、500円



ともかく、手短かな地域社会との関りをもつことが大切だということを実感し
最近、積極的に地域社会へ参加を行っている
これが延いては自分自身の寝たきり解消につながればいいな!
とは言え、まだまだ、地域社会への新参者なので、これからボチボチやっていきます


(↑ 一番近い、地域社会??)

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 鱧の季節 映画を観てきた »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。