自分を好きになる女性のためのギター☆ライアー  癒しのメソッド

楽器が弾けなくても、弦を奏でるだけ
432hzにチューニングすると、ハープのようにやさしい音色になります。

どの花もみな美しいです

2019-03-02 | 自分を愛する

さあ、今日から3月

意識を自然界の周波数に合わせましょう。

木の芽を見るだけ、
花をみるだけ
青空を見上げるだけ

これだけであなたの周波数がチューニングされます。

季節は春から夏から秋、そして、冬へと、移り変わります。
春の野山に咲く花、
夏の海辺に咲く花、

木の実をつける花もあれば
朝の短い時間に咲く花もあれば
夜、月夜にあかりでひっそり咲く花もあります

誰にも見られないで高山の岩かげに咲く花もあります。
どの花もそれぞれに美しく個性をもっています。

みなさんも同じです。
みんなそれぞに個性があり、どれが特別に美しいとかはありません。

 もし、自分に自信がないとき、
自分はなんのために生まれてきたのだろうと思ったとき

このように考えてみたらどうでしょう。


自分が植物だったら何に例えようかと。

水仙かもしれない
ひまわりかもしれない
すみれかもしれない

 もし、自分がすみれの花かもしれないと思ったら
すみれの花の特長をあげてみましょう。

特別に目立たないけど
花びんに飾ってもらったり、お花屋さんで売られる花ではないけれど
林や道端にひっそりさいているすみれは、ふしぎと足を止めて話しかけたくなる。
もしかして、自分はすみれの花のような存在かも・・・
私はすみれの花のようでありたい。

 私は椿の花が好き
雪が降っていても、どんな寒くても凛としたあの強さ、
私は椿の花のように生きたい
枯れるときは未練なくポトリと地面に落ちて
私は椿の花ように生きたい

・・・

どの花も美しくて比べることは゛てきません

あたなも花とおなじ美しいです

 

コメント

白髪をたのしむ~ 染めない生き方

2018-01-10 | 自分を愛する

白髪が生えてきて、悩んでいませんか?

白髪ってちょっとでも生えてくると、気になって気になって、隠そうとしても、生え際の目立つとこに出てくるからやっかいです。

白髪は染め始めると、もう、止められないんですね。ループを断ち切るには相当の覚悟いりますね。

とくに、60代を過ぎてから、染めるかそめないかが人生の分岐点。

染めない生き方は、モノを持たないシンプルな生き方に通じます。

私は6年前から染めない生き方を選択しました。
白髪にすることによって人生が変わりました。

 

以下の写真は雑誌の取材のときにカメラマンが撮影して下さいました。さすが、プロのカメラマンですので、きれいに撮ってくださいました^^

●AreYou Happy?
 岡本 淳志氏 撮影

 

 

 

 

 

 

●サンキュ! 編集部 

 

高齢になっても染めているひとを(頭が白黒がなってぃる)をみると、もったいない~と思います。染めないとおカネもかからないし、それに染めている本人がいちばんわかっている、面倒くさいこと、これが生活から削除されました。

白髪にするには、決意がいります。

私も白髪が伸びるまでに帽子をかぶったり、ボゥーグを楽天で買ってそれはそれは苦心しま。笑

近所の方たちに、白髪宣言をしました。周りのひとたちも私の頭が日に日に白髪になるのをたのしんでいたようです。

染めないってことは、どんな生き方をしたいか、どんな自分を表現したいか・・・

 

このことが明確になってくると、染めいぞ、こんなばからしいこととは決別!

自分は自分らしく生きて行こう!

そうすると、街を歩いているときに

あら? 不思議。白髪のひとがいっぱいいる。

わあ~なんてきれいな白髪だろうって、思わず声をかけて

染めないとラクねえ~10年前から染めていないのよ

私は7年前から~

こんなやりとりが。

白髪は白髪どうしで認め合い、尊敬しあってるんですよ。

白髪で悩んでいる方方、
染めない生き方を選択してみたら?どうでしょう。

人生が変わりますよ☆

モノもたくさん持たなくなりますよ☆

 

 

コメント

感情の調律

2016-10-13 | 自分を愛する

寒くなってきましたね。

着る洋服をあれこれ引っ張り出して取り換えたりしています。

私は毎朝家のことを済ませて、自分の本業に取りかかる前に楽器の調弦をします。

ライアーとギターとミニギターの三つですから、結構面倒なのですが、これをやらないと楽器が弾けないので。弦楽器は気温に左右されるので、手間はかかります。でも、調弦をしていると自分の意識も調律しているので落ち着きます。

調弦をしながら思ったのですが、人間の感情も天気や周りに影響されますよね。

ですから、感情も調律する必要があるんですね。

楽器はチューナーという音合わせをする道具がありますが、

人間の感情のチューナーの代わりになるものは、自然を見ることがてっとり早いと思います。

草花を見て、空を見あげて、風にあたって、一分でもボーとします。

私は外出中のときは、人ごみで疲れると駅中の花屋さんの前で立ち止まって、花の香りとをかいで花の美しさに見とれます。これだけで感情の調律ができます。


季節が大急ぎて入れ変わるとき、自分の感情・意識の調律をして自分を愛してあげましょう。

 

感情の周波数を整える

銀河で遊ぶ天使

音と光のシャワー

 

コメント

自分を愛する~視覚化

2016-09-30 | 自分を愛する

昨日の続きです。

昨日、自分を愛することをについて、たとえば
モノ(ハンカチ)を処分するとき、手放すモノに愛をもって手放す場面を視覚化することをました。

視覚化を他のことで例えると

共同募金におカネを入れるときに、

100円玉か500円玉をサイフから出して、ポトンと入れると思うんです。

このときに、視覚化します。

サイフからおカネを出す時に、

おカネさん、ユニセフの子たちや災害の人たちの役に立ってあげてね、

と愛を込めておカネを握って、

ユニセフの子や被災地ひとの顔を思い描きます(顔を視覚化する。これがとても大切です)

その子たちがあなたの愛を受け取っている様子描きながら
募金箱におカネをい入れます。

後は募金箱のことは頭から離れて大丈夫。

 

こうした視覚化のちいさな実行が、

いつしか、自分自身が愛のひとに変わっていきます。

待ち合わせた相手が遅れたときに、
イライラして待ちながら、あのひととは二度と付き合いたくないわ、と思っているときは

相手のイメージを悪く描いている(波動が低い)状態です。

ふだんから、視覚化の練習をしておくと、感情の周波数をパッと切り替えることができるようになります。

自分の周波数が変わっていくと、人間関係も変わっていきます。

 

視覚化を修練していくと、見えない世界をみることができるようになります。

五次元意識、アセンション(次元上昇)もこのようなことです。
レベルはそれぞれに差がありますが。

純粋な意識、高い波動、無条件の愛が高まると

肉体のない存在たちとチャネリングもできまし、あの世の人とコミニュケーションをとることもできるようになります。

私は今、ダスカロスの講座に参加していますが、ダスカロスは視覚化はとても重要なことだといっています。 ダスカロスのことはいつか機会があるときに・・



視覚化は何も大げさに考えないで、
家族の夕食をつくるとき、キャベツの葉っぱを一枚捨てるにも
虫が食ってて気持ち悪いとか、農薬がかかっているからとかでなく
キャベツが育っていた畑を描き、雨のも風の日のシーンも描いてみます。

そして、キャベツの世話をしている農家のひとの姿をちょっとイメージすると、キャベツも農家さんもよろこぶでしょう。地球もよろこぶでしょう。

 

これを書いていて、今、思い出しました。

小学生の子が書いた詩です。

ーー

がっこうで田というかんじをならいました。

田んぼではたらいている、おとうさんとおかあさんをおもいながら

田のかんじをれんしゅうしました。

 ライアーと波の音で感情の周波数を整える

ライアーと銀河で遊ぶ天使

コメント

自分を愛するってとてもカンタンなことだった!

2016-09-29 | 自分を愛する

 

自分を愛するって、もしかして、いちばん難しいことかもしれません。

スピリチュアルもセラピーもたくさんの方法がありますが、

つまるところは

「あなたは宇宙に神に愛されています」
「何も不安も恐れもありません」

ということなのです。昨日、レムリアのメッセージに書きましたが

「あなたは何も恐れることはありません。あたなは愛されています」を

日常的にカンタンに「自分を愛する」方法を私のことばで書きます。

 

私は時間術と整理術の専門なので、プロの立場で生活の中で即実行する方法をおはなししますね。

たとえば、不要なモノが家の中やバックの中、引き出しの中にいろいろとあると思うんです。

なんでもいいんです。

色あせてきたハンカチでも、使いづらいシャープペンでも。
どれか捨てよう、と思っても、まだ、使えるかも、・・・
こんどこそ、捨てようと・・・迷っう自分に疲れますよね。

こんどこそ処分と「決意」します。

この決意は、感情を手放している、状態です。
まだ、使えるかも、汗ふきに便利だった・・・・と
捨てられない口実をつけてきた感情に区切りをつけた、自分になりました。

たかがハンカチ一枚を処分するって、すごいエネルギーなんです。

迷いの周波数が他の周波数にチェンジしたのです。

 

イメージ、視覚化する

せっかく、処分する決意をしたのですから、ここから、もう一歩踏み込んで。

イメージ、視覚化の練習です。
スピリチュアル探求をすると、この視覚化はとても重要な要素です。

ハンカチにはなしを戻します。

ハンカチを買ったときの自分を思い出せますか?
そのハンカチをはじめて使ったときのことを覚えていますか?

ハンカチはいくらしたのでしょう?
100円? 300円? 500円?

そのおカネはどこからきたの?
あなたが働いた大切なおカネ。一所懸命働いた報酬。
だんなさんの給料?

自分が働いている姿を想像できますか?
だんなさんが働いている姿を想像できますか?


このハンカチをこの手で握って、汗を拭いたな~、

ハンカチがあって助かったな~

ハンカチさん、ありがとう
ハンカチさんを作ったひとたもありがとう

私のためにボロボロになってくれてありがとう
もう古くなったから、クツを拭いて、処分するね。。。

ありがとう。

ハンカチにありがとうを言っているあなたは、実は、自分にありがとうをしているのです

ハンカチに感謝したあなたは、ハンカチを取り巻くものたちから愛されたのです。

ということは自分を愛したのです。

(鏡に向かってにっこりすれば、鏡に映る姿もにっこりします)

・・・・・

感情を手ばなすをハンカチに例えましだか、
この決意と感謝の感情の気は、いつまでも空中を漂っています。

あなたが発信した感謝のエネルギーは誰かをここちよくします。

その感謝のエネルギーは自分の元に返ってきてあなたをここちよくします。
ネガティブのエネルギーも同じてす。

自分を愛するって、そんなにむつかしいことじゃないでしょう?

あなたは宇宙いちに愛されていますよ!

ネガティブになったり、ポジティブになったり、

それでいいのですよ。人間だもの。

バランスを調整しましょう。

次の映像を見ながら、何か不要なモノを流しているイメージすると視覚化しやすいでよ

 ライアーと波の音で感情の周波を整える 

 

コメント

意識の衣替え

2014-10-07 | 自分を愛する

台風が過ぎ去った後の空はきれいでしたね。
それほど、大きな被害が今のところなかったようで、ほっとしています。 

さて、暑かったり肌寒かったりのこの頃ですが、引きき出しやら、タンスを開けて、衣替えをしている方も多いのではないでしょうか。
朝顔も衣替えをして、茶色の殻(コート)が種を包み込んでいます。

実はこの時期ってすごく大切なんです。
というのは、わたしの専門は時間と空間をデザインする、・・・人々がシンプルに幸福に暮らすためのライフデザインをします。(書籍の他、大手企業さんからたくさん商品化されました)。少しでもお役にたてたらと思って書きます。ちょっと、独断的かもしれませんが。

 ・・・

 今、自然界は季節が入れ替わる、秋~晩秋~冬~「変化」を静かに進めています。
アセンションと似ていますので、今の季節の過ごし方を現実とスピリチュアルの両方で考えます(行動します) 

たとえば、衣替えをするときに、衣類がシミついていたり、汚れていたり、ボタンが取れかかっていたり、裾がほころびていたりしますので、クリーニングに出したり、アイロンをかけたりします。

 そのように、私たちの肉体は心身ともに傷ついて、汚れ(老廃物)がたまっています。
肉体の傷ついた手や足や指に、がんばったねとほめてさすってあげます。
肉体は大切な地球着ですので、衣類と同じように手入れします。

かなしい思い出や苦しい感情には、あたたかな洋服を着せて、あたたかなクツ下を履かせます。
洋服もクツ下も、宇宙の愛はほしいだけプレゼンしてくれます。

 意識のクリーニングの方法はいろいろありますが、スピ本に頼らないように・・・。

今の季節は、「衣替え」と同時に、「意識の衣替え」が大切だということをお伝えしておきたいと思います。

 

もうひとつ、大切なことを書きます。 

季節が入れ替わろうとするとき、時間が早くなります。どんな世界でも入れ替わるときは、バタバタしますよね。カレンダーでは、10月、11月、12月、1月へと、ハロウイン、バザー、クリスマス、大みそか、元旦・・・と一気に進みます。物質世界の商戦が世の中を支配します。

 

そこで、こんな考え方をします。

一日を23時間にする(あるいは22時間)

今年の終わりを12月10日にする。(15日でもいいんですが) 

これはどういうことか言いますと

たとえば、収入・給料を生活費や医療費、教育費、その他に割り当てていると思いますが、「万一のためのお金」をできるだけ手をつけないように確保していると思います。(それでも、計算どおりにいかないのが現実ですが)

 1日23時間にするという考えは、万一のため1時間をとっておくというより、

時計の時間、物質の時間は、一日24時間=行動+行動+行動+行動+行動+行動+・・・・・(エゴ・自動操縦装置)だけに使わないで、1時間を非物質の時間にする。

 

思考・エゴ(自動操縦装置を外して)、「ハートの時間」のためにも使うことを計算にいれます。ハートの時間・非物質の時間は無限です。

 わたしは、ある時期、時計を部屋に置かないで、太陽と月の動きに合わせて行動をしたことがあります。今でも、わたしは夜11時は物資世界の一日が終わりですので、その後は、非物質世界の愛の光に浸ります。

もし、生活に支障がない方は、時計に支配されない行動をしてみるといいでしょう。

 

それで、大事なことはゴールを描くことです。現実世界では夢を叶えた人たちは、ゴールを描くといいますが、非現実世界も霊性回復のゴールを描くことは、とても大切なことなんです。

 「意識の衣替え」は衣替えと同時に、季節が入れ替わる今が準備のときです。かなしい思い出や苦しい感情には、あたたかな洋服を着せて、あたたかなクツ下を履かせてください。

洋服もクツ下も、宇宙の愛はほしいだけプレゼンしてくれます。「意識の衣替え」をていねいにしておくと、「変化」にあわてません。年末のバタバタに巻き込まれないで、愛の光の世界へ次元シフト(新年をゆうゆうと迎えることが)できます。

 何事にも準備があります。試合、受験、登山、個展、事業、旅行・・・、成功者は準備に時間をかけます。意識の衣替えを入念にするのでしょうね。 

コメント

どうせ~

2014-09-28 | 自分を愛する

4年前、

近くの団地の朝顔の花の写真を携帯電話で撮って、ブログでアップして、ツイッターで朝顔のことをつぶやいていました。

ツイッターは、誰かと誰かをつなげてフォローし合う仕組みになっていて、誰かが、

「ツイッターの中で朝顔が今頃咲いているというのが話題になっています」

「 今朝のツイットでは、○○さんちではまだ朝顔が咲いているとのことですよ」

「こっちでは、こんな朝顔が咲いていました」「うちのの近くで見つけたあざ顔です」

朝顔の画像が、秩父や広島、三重県から、九州、新潟、富山、東京~から送られてきました。

 

ある日の朝、台風でどしゃぶりの雨が降っていました。朝顔の場所まで徒歩5分。
どうせ、このどしゃぶりだと咲かないから、そう思って、朝顔を見に行くのをやめました、

 部屋の窓から、ドシャブリの雨風の様子を眺めていました。

 駅の入り口のところで、演説をしている男性の姿が。
その周りをバスに乗りもうと突っ走る人、人。
 演説の男性は、雨しぶきの中、もくもくと演説をしています。

どうせ、誰もきいてくれない・・・。
どうせ、投票したって、世の中変わるわけでないから、投票しない人がたくさんいますが、演説する姿は、そんな考えが少しもないようです。

 わたしはすぐ、朝顔を見にいくことにしました、

どうせこのドシャブリじゃ咲かないから・・・・。朝顔に対して失礼だ・・・

 ・・・・

ドシャブリの雨に打たれて、朝顔の花がテッシュペーパーがべとべとに濡れたような姿で咲いていました。 

写真を撮って家に戻り、ブログでアップして、ツイッターでツイート(つぶやき)しました。
すぐ、タイムラインでリツイート( あるつぶやきを皆に知らせる機能)がありました。

 「どうせ、客がこないと思って店のシャッターを閉めましたが、すぐ、シャッターを空けます」(自営業) 

「どうせ、生徒さんが休むと思って、教室を休んで花の仕入れをしませんでした。すぐ、花の仕入れをします」(フラワーアレンジメント講師) 

「どうせ、試験に出ないと思って飛ばしたところを、これから暗記します」(高校生) 

「どうせ、私なんか・・。ずっと、自分を卑下してきました。誰かにわかってもらえなくていい。そう、思える人間になりたいと思いました」(OL)

 「どうせ、こんな世の中だから、夢ということばに:嫌悪さえ抱いていました。どうせは、自分を放棄したと同様」(大学生) 

「子どもたちがいうことを聞かなくて、どうせ、言ったってわからないとあきらめていましたが、子どもたちを信じます」(主婦)

・・・

このことがあってから、わたしは「どうせ」という考えをしなくなりました。

 

さて、9月もそろそろ終わりです。

わたしのブログをふり返ると、朝顔の花の観察を、11月7日が最後になっています。

朝顔の観察をはじめた時は、まだ、ブログをやっていなかったので(ブログを始めたのは2010年7月30日)、朝顔の観察を始めたのはたぶん7月上旬だったので、それから11月7日まで約三か月半、一日も休まず霜が降りるまで朝顔を観察しました。

 

 

コメント

自分を愛するために

2014-09-21 | 自分を愛する

自分を愛する、いちばんかんたな方法ーー

自分の肉体に傷ついている、ケガやヤケドのあとは、誰にも二つや三つはあると思います。

わたしも左の手にかすかなヤケドの痕、

右足の親指に草を刈っているときにカマで切った傷

腰におできの痕、

おでこにもキズがあります。これは母が私を叱ったときにできたらしいです。

その時は、痛くて、痛くて、泣きました。

 

キズのついた手や足にに、

がんばったね、

この手でいろんなことをしてきたね

この足で、いろんなところへ行ったね

ありがとう

やさしく、キズのあとをさすって、あげるとキズが喜びます。

 

みんな、誰にもかなしい、悔しい過去があります。

よくよく、考えてみると、過去は記憶であって、どこにも存在していません。

キズをやさしく、いたわってあげると、

かなしい記憶も薄れていきます。

 

コメント

やまびこの正体は?

2014-09-20 | 自分を愛する

やまびこって知ってますか?

山に向かって、ヤッホーと呼ぶと、ヤッホーと返ってきます。

子どものときに、みんなで大声をあげて、やまびこ遊びをしたものです。

大人になって、ふるさとに帰って、やまびこをやってみました。

ヤッホー、ヤッホー、

バカヤローと呼ぶと、バカヤローと返ってきました。

 

考えてみたら、やまびこは、山にだけこだまするのではないのですね。

最近、気がついたのですが、

空に向かって、ありかとうと呼ぶと、かすかに、ありがとうの声がこだましています。

周りの音にかき消されて、聞こえないだけです。

ということは、やまびこのように声が反射するのは、

人や物にもこだますということなんですね。

誰かに、ありがとう、と言うと、相手も、ありがと、と言います。

あれは、自分の言ったことばが、こだまして自分に返ったきたのです。

「自分が世界一好き」と呼ぶと

「自分が世界一好き」とかえってきますよ。

 

 

 

 

コメント

自分愛するってことは、とてもシンプルで簡単なこと

2014-09-19 | 自分を愛する

スピりチュアルの世界では、必ず、「自分を愛する」ということばが出てきます。

自分を愛するって、実はいちばんむつかしいことなんですね。

たしかに、自分を愛するって、むつかしいです。

でも、かんたんなことでもあるんです。

たとえば、帰宅して家に入るときに、

自分のクツを揃えて、「ありがとう」といえば、クツがよろこびます。

家族が後から帰宅したときに、

玄関のクツがきれいに並べてあると、気持ちがいいものです。

たった、これだけのことです。

自分を愛するって。

ごはんを食べた「箸」そろえて、ごちそうそま、と言えば、箸が喜びます。

たったこれだけのことをするだけです。

自分を愛するって。

 

 

コメント

今日はまだ終わってない・・・

2014-08-18 | 自分を愛する

毎日が思う通りにいかないこともあります。

体調の具合やら、相手や家族の都合やらで・・・。

そうすると一日の終わりがなんとなく、すっきりしないものです。

中には、まあ、いいっかー・・。一日を放棄する人がいます。

こういう人は、自分を愛していなのです。

まあ、いいっかー・・。と思う人は、

どうせ~何何してもと、どうせが口グセになって、結局は社会のせいにしたりする傾向にあります。

そこで、

時計の針が夜の12時をさしかかる10分前でも

「今日は終わってない、まだ間に合う」

そして、急いでやるんです。

以下のどれかひとつ。

・ストレッチをする
・デスクの片づけ、
・気になっていた洋服の取れたボタンを取り付ける
・処分しようと思っていたCDをゴミ置き場に出す
・パソコンをきれいにふく

ほかにもいろいろ。

そうすると、ああ、今日は無駄にしなかった
そんな充実感がふつふつとわいてきて、明日のエネルギーにつながるんです。

1分~5分のちいさな実行が。
いい一日に変わります。

ああ、自分もできた! が自信につながるのです。

 

コメント (1)

鏡に向かってありがとう

2014-08-14 | 自分を愛する

だいぶ前に知人から借りた本「生命の世紀への探求」(L・ポーリング/池田大作)の中に

「鏡に向かって礼拝すれば、

映る姿もまた私自身に礼拝する」と書いてありました。

「鏡は笑う」は私自身もよくやりますが、

鏡に礼拝すると、鏡の自分が礼拝する・・・当たり前のことですが

自分が尊い存在であることを、鏡が自分に教えてれくる・・・。

なるほど・・・

わたし流に書き直すと

毎朝、毎晩、鏡に向かって

ありがとう をすれば

鏡も自分に向かって

ありがとう をする

コメント

嫌なヤツをいいヤツに上書きする

2014-05-17 | 自分を愛する

どこにでも、嫌なヤツはひとりや二人はいるものです。困ったものて゜す。

たとえば、職場で嫌なヤツがいたとします。

職場に行きます。嫌なヤツが現れます。

たちまち、、ああ、嫌なヤツだ、の怒りがこみ上げてきます。

ちょっと、待って。嫌なヤツの正体は?

「嫌なヤツ」は、頭がコピーして、ただ、勝手にくるくる回っているだけなんですね。

脳がコピーした「嫌なヤツ」をどうやって止めることができるか?

頭は止めようとすればするほど、働きますから上書きをすればいいのです。

まず、頭をおとなしくしてやります。ではどうすればいいか?

緑の葉や光や空を、しばらく眺めているだけです。
私たちは自然の中にいると癒されるのは、緑の葉や光や空は無条件の愛の周波数に満たされるからです。

頭は愛の周波数に弱いのです。

愛の周波数でおとなしくなった頭は、素直にいうことをききますから、あいつは「いいヤツ」と脳に教えます。

つまり「嫌なヤツ」が「いいヤツ」に上書きされます。

これを何回か繰り返していくと、嫌なヤツに対する自分の波動が少しづつ変わっていきます。

頭はおいしいものを食べたり、楽しんでいるときは、嫌なヤツのことは思い出しませんからね。

とにかく、頭は特に嫌なことをコピーするのが得意です。

これは、夫や子ども恋人に対しても、同じことがいえます。

上書きしましょう。


 

コメント

何を信じたらいいかわからない

2014-04-23 | 自分を愛する

 

<何を信じたらいいかわからない>について。

わたしは講演で最後にこんなことを話します。


リンゴが一個、家の窓ぎわのテーブルに置いてあります。
朝日にあたっています。しばらくすると、太陽は雲に隠れて、リンゴはすこし色が変わりました。

夕方、外出から帰宅するとガラス窓に夕焼けがさしています。

リンゴの色も夕焼けに染まっています。

外は暗くなり窓ガラスは街のネオンと信号の景色に変わり、リンゴとわたしの姿がうっすら映っています。

わたしはカーテンを閉めて部屋の蛍光灯をつけました。

りんごの色が変わりました。

それからしばらくして、わたしはアロマキャンドルに火をつけました。キャンドルの炎のなかにぼんやりとリンゴがみえます。

しばらくしてから、キャンドルを消して床に入りました。リンゴの香りがほのかに漂ってきます。

朝、目が覚めて、リンゴをみてわたしはびっくり。

「何、このリンゴ! 」わたしはメガネをかけました。

ああ、スーパーでリンゴを買ったときは、メガネをしていなかったんだわ。ちいさなシミだらけ・・。


さて、朝日の光、夕焼け、蛍光灯の照明、キャンドルの炎~と、リンゴは姿、形を変えていきます。

どっちのリンゴがほんとうでしょうか?


カメラでリンゴを撮り続けたら、何千ものリンゴの写真があり、一枚として、そっくり同じものはないはず。ましてや、視力でリンゴの見え方が変わります。

もし、リンゴを見たこともないひとに、リンゴを説明するとしたら? 

どうやってリンゴを説明しますか?


どのリンゴがほんとうかと議論する必要なんていらないでしょう。どんな姿をしたリンゴが食べたいのか、リンゴを飾ってしばらく眺めていたいのか、リンゴの絵を描きたいのか、リンゴがどのように朽ち果てていくのか実験をしたいのか・・・。


自分にとって必要なリンゴはどれですか?

何を信じたらいいかわからないも、そのときどきの状況で変わります。

みんな、ひとりひとり、見方、感じ方が違いますから、他人と違っていて当たり前です。

そのときに感じことを信じたらいいと思います。

 「あの世は?」の考え方もこのようなことではないとないかと思います。

 

 

コメント

これがあれば安心をつくらない~

2013-02-04 | 自分を愛する

「これがあれば安心」は

「これがないと不安」というこでもあります。

おカネも保険もマイホームも、人間ですからたしかにこれがないと不安ですよね。

でも、できるだけ、これがあれば安心という 囲いをつくらないほうがいいような気がするのです。

愛する彼がいるから安心、
可愛いペットがいるから癒される、
愛する彼がいてもいいんですよ。ペットがいてもいいです。

でも、安心は一瞬で恐れに化けます。

愛する彼から電話がないということで、悲しみと怒りでワアワア泣いてわたしに電話してきた女性がたくさんいます。わたしの知り合いでペットが亡くなると彼との会話がなくなり別れた人もます。動物病院の先生からきいた話ですが、不思議とペットが亡くなると、分かれる男女が多いそうです。

なぜか、わかるような気がします。


人や物から得る愛や安心は、依存だからです

今、ふり返ると、わたしもずっと宗教に依存していました。

このお守りがあれば安心、身の安全を守ってもらえる、幸せの願いを叶えてもらえる、お守りがあれば安心。でも、このお守りがないと不安、何かあったら怖い。だから余計に、お守りがあれば安心。

人生の半分以上も首に下げていたお守りを一年前に首から外して、今年の一月に宗教から除籍しました。

わたしの人生の経験と反省から、「これがあれば安心」をつくらないようにすると生きるのがラクだよということです。

この人がいるから安心、このモノがあれば安心。

 

この人とモノのほかに、もうひとつ、観念や教義があります。

親や学校やマスコミに教えこまれてきた観念です。

こうしたら幸せになれる、こうしたら美しくなれる、こうしたら立派な人になれる。

この観念が、いちばんタチが悪いような気がします。

ときどき、ほとんどの人が世の中についていけない、あの人についていけない、~と口にしますが、

他者が作り出した概念に対する反発が、自分の中に湧いてくるからだと思います。ある意味で、とてもいいことだと思います。

では、世の中についていけない、何何についてけない、そのやり場をどこへ向けたらいいのかということになりますよね。そうなんです。ここからなんですね。

それは何ものにも縛られない、自由な心だと思います。

最近、わたしの知り合いが「かもめのジョナサン」の本を読んで感動したというので、わたしも動画で「かもめのジョナサン」を観ました。

自由を求めて大空を飛ぶジヨナサンの姿に、胸がジーンときました。

ただ、ただ、大空を飛ぶ・・・ジョナサンには、これがあれは安心がありません。

果てしない海と空だけです。

私たち肉体は、空を飛ぶことができませんが、こころは果てしない宇宙を旅することができます。

 

コメント