プロメテウスの政治経済コラム

プロメテウスは人間存在について深く洞察し、最高神ゼウスに逆らってまで人間に生きる知恵と技能を授けました。

マニラ市慰安婦像  銘板が傷つけられる

2018-03-28 20:52:55 | 政治経済

首都圏マニラ市・ロハス大通りのマニラ湾遊歩道に昨年12月設置された「慰安婦像」で、プレート版に書かれた像の題名や作者名が消されていたことが、27日までにまにら新聞の取材で分かった。(http://www.manila-shimbun.com/category/society/news236787.html)

像が設置されているバランガイ(最小行政区)701の自警団は「像周辺もパトロール区域内だが、損傷は知らなかった」としている。像周辺には昨年12月から約1カ月間は警備員が配置されていたが、最近はいなかったもよう。

彫刻家で像のデザイン、作成を担当したジョナス・ロセス氏(42)は、プレート板の自分の名前が消されていたことについて「全く知らなかった。とても悲しい」と落胆した口調で語った。

また、像の設置に関わった女性団体ガブリエラは声明を発表、「破壊行為について怒りと悲しみを感じる。これは70年以上正義を求めてきた元慰安婦女性に対する不当な仕打ち」と強く批判。「誰がやったのかしっかりと調査されるべきだ」と訴えた。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 金正恩委員長、中国をテコに... | トップ | 明仁天皇の「沖縄・与那国訪... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治経済」カテゴリの最新記事