motoの徒然なるままに…

日々是好日日記

「紫陽花」

2020年06月06日 | 日々徒然
紫陽花や 帷子時の 薄浅黄💠


江戸時代の俳人、松尾芭蕉の一句です。帷子とは夏用の衣を指します。 「紫陽花が咲き、今年も帷子を着る季節がやってきた。ちょうど紫陽花も帷子も同じ薄浅黄色をしている」という意味の俳句です。江戸時代にも、現代と同じように人々が梅雨から初夏の訪れを、花や衣服を通じ日々感じていたことを、私たちに教えてくれます🤗

コメント   この記事についてブログを書く
« 「喫茶室baton」 | トップ | I don't run from sadness. »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日々徒然」カテゴリの最新記事