生保営業の達人

1.社長に会え法人保険が売れる
2.税理士と提携して法人保険契約が増える
3.ドル・変額保険をセミナー営業で売れる

「GOTOトラベルキャンペーンと法人クレカ・マイル活用術の融合ノウハウ」に社長は大喜び。その理由は、、、

2020年10月09日 15時25分55秒 | 法人保険

こんにちは、GOTOトラベルとマイル組み合わせネタが社長に
ウケた花田敬です


●社長の可処分所得をトコトン増やし、
法人保険が契約できるSTRONGコンテンツ
「法人クレカ・マイル100%活用術」


【動画・レポート】プレゼント

無料でもらう

-------------------------------------------
当メールは過去にEFPのセミナーにご参加いただき、
当社社員とお名刺交換させていただきました方々、
または当社へお問合せ、資料請求、WEBセミナーに
お申込みいただきました方々にお送りしております。
配信停止はメルマガの最後のリンクからお願いします。
----------------------------------------------

さて、
僕はコロナ前までは2か月に1回のペースで0円海外視察旅行に
行っていた。EFPのコンテンツ作りやビジネスモデル作りに
大いに役立つ海外視察旅行だった。

アメリカのビジネス視察は経営に大きなヒントになる。
昨年末に行ったサンフランシスコは特に良かった。

(Facebook本社前)

今年は2月にシンガポールに行ったのが最後で、
それ以降、海外には行っていない。

ということで、
旅行、観光業は厳しい経営状態になっている。

観光庁が推し進める「GOTOトラベルキャンペーン」で、
なんとか、日本の大事な産業である観光業を盛り返そうとしている。

航空会社もあの手この手で業績回復のため努力している。
実は、航空会社にとってマイルを使って欲しい事情がある。

知っている人が少ない情報だが、ANAはJALに続いて、
今年の年末年始でもマイルが使えるようになった。

なぜか、会計基準が国際会計基準(IFRS)に移行すると、
航空チケットを購入、登場してもマイル分は売り上げから
差し引きされ、マイルが使われた時に全額売上計上するように
なるからだ。

つまり、マイルを使ってもらう=売り上げがあがる。

だから、JALは「どこかにマイル」、ANA「トクたびマイル」を展開し、
少ないマイルでも使えるようにしている。
とにかく、両社はマイルを使って欲しいのだ。

ということで、

【GOTOトラベルとマイルの融合で社長が喜んだ】

GOTOトラベルは旅費の35%が値引き、15%分が地域クーポン券で
もらえるので、実質50%の負担で旅行に行けるキャンペーンだ。

このGOTOトラベルにマイルをうまく組み合わせれば、
簡単に0円国内旅行が可能だ。

具体的な事例を紹介しよう。

JALグループにJALパックという旅行パッケージがある。
(ANAも同様にある)

JALパックは往復の航空券と宿泊がパッケージになった旅行商品だ。
この旅行商品はGOTOトラベル対象になっている。

ここで注意することは、その旅行商品がGOTOトラベル対象に
なっているかだ。

JALパックで35%割引になった後の支払いは、eJALポイントで
可能なのは知っているだろうか。
(ANAの場合、ANAスカイコイン)

JALのマイルを最大1.5倍のeJALポイントに交換できる。

例えば、5万のJALパックの旅行商品はGOTOトラベルキャンペーン
35%引きで、32500円となる。

22000マイルは33000eJALポイントになるので、これで
支払えば、自己負担0円で旅行に行ける。

また、JALパックでは飛行機が片道で宿泊付きの旅行商品を出している。
この場合、旅行商品代はeJALポイントで支払い、帰りの飛行機代は
マイルを使うことも可能だ。

この方法を知らない人が多く。
僕が話した社長とその奥さんにウケた。

ほんの一部のノウハウを使うだけでも社長夫婦との距離が
縮まるのだ。

今は、国が国内旅行をGOTOトラベルで盛り上げているが、
次の展開としては国際線をどうするかだ。

特に東京は来年オリンピックを予定しているので、
その対策は進めるだろう



ということで、
0円海外旅行の話も社長、院長、税理士にバカ受けだ。
まさか、「法人クレカ」が法人保険開拓の
肝になるとは誰も思わない。

法人クレカのルールは面白いが、慣れないと複雑に感じてしまう。

これはマイルの使い方も同じだ。
何をどう使ったらいいのかがわからないのだ。

多くの人は「ポイント」「マイル」を期限切れにしたり、
ほったらかしにしている(貯まっているのに)。

ところで、保険営業マンにとって、
「ベースマーケット」「Xマーケット」「イニシャルマーケット」
が保険契約になりやすい。

では、「ベースマーケット」「Xマーケット」「イニシャルマーケット」
を増やす仕組みを作っているか。増やす行動をしているか。

このマーケットは
「保険以外の付き合いの中で出来上がっている」はずだ。

社長、院長、税理士などの富裕層が喜ぶコンテンツで、
人間関係を作るとベースマーケットができるのだ。

しかし、そのコンテンツも保険契約につながらなければ意味がない。

ということで、
保険契約につながる「法人クレカ・マイルのノウハウ動画」
を無料でプレゼントします。


  • 花田敬の法人クレカ・マイル100%活用術

「決算書& 保険証券」を驚くほど簡単にお預かりでき、

紹介連鎖が続く法人開拓スキームとは︖
http://efp-sms.com/pj/mile3/index.html
(メルアド登録でレポートゲットできます)

【レポートの内容は】
01.花田が年会費 65 万円払って作っているコンテンツ …P3
02.法人クレカ・マイル 100% 活用術で法人開拓できる 3 つのポイント …P4
03.クレカ払いできる事業経費には何がある …P6
04.経費をクレカ払いにして得られる経営メリット …P7
05.チャンスの理由は法人クレカの普及率にある …P7
06.勧誘ルートが確立されていない法人クレカ …P8
07.決済限度額は引き上げられる …P9
08.「決算書 & 保険証券」をお預かりできる …P11
09.国税庁が認めた合法的に納税を遅らせる方法 …P12
10.「税金のクレカ払い」からどう保険につなげるか …P13
11.「法人クレカ・マイル 100% 活用術」で税理士も味方に…P14
12.富裕層は旅行が好き。キーマンの奥様も味方に …P15
13.1 マイル=1 円だと思っていないか …P16
14.社長から社長へ。「無限紹介連鎖」を起こすには …P18
15.生保ビジネスのチャンスにつなげる王道ステップ …P20
16まとめ …P21



■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

0円でファーストクラスに搭乗し
最高級ホテルに宿泊する
「特別な旅行」を実現できる

社長・医者・その奥様にバカうけ
花田敬の法人クレカ・マイル100%活用術

驚くほど簡単に「決算書&保険証券」が出てきて
無限紹介連鎖が続くスキームの
新・法人保険STRONGコンテンツを
手に入れたい方は他にいませんか?

【期間限定】
法人クレカ・マイルプロジェクト
無料オンライン講座&解説レポート(全22ページ)をプレゼント
登録はこちら↓
http://efp-sms.com/pj/mile3/index.html

※登録後、すぐにプレゼントを受け取ることできます。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


<無料オンライン講座の内容>
〇法人クレカ・マイルプロジェクト受講生が
「法人保険STRONGコンテンツ」で挙げている【史上最高の成果】とは?
〇コロナ禍でも社長・ドクター・税理士が「ぜひ」と聞きたがって
ノンストレスで法人保険契約につながる法人クレカ・マイル100%活用術とは?
〇花田敬が年会費65万払って研究し開発した
社長・ドクター・税理士にバカうけの無限紹介連鎖コンテンツとは?
〇ファーストクラス・最上級ホテルで社長と一緒に「特別な海外視察旅行」に行ける理由とは?
〇優良企業から決算書・保険証券がいとも簡単に引き出せる理由とは?
〇社長にバカうけした、法人クレカで資金繰りをよくする方法とは?
〇税理士も驚いた、法人クレカで「合法的に」納税を遅らせる方法とは?
〇法人クレカで社員の福利厚生費や出張費を0円にする方法とは?
〇今までと全く違う!ワクワクしながら加速度的に法人マーケットを拡げる方法とは?

では、動画でお会いしましょう。


最後に【あなたへ】
あなたが大学で教壇に立って講師をすることを楽しみにしています。
すべての大学で「お金と営業」の授業を!  
花田敬


・・・・・・・・・【本文終わり】・・・・・・・・・

【編集後記】

来年の海外視察旅行を次々と予約している。
今なら、マイルで取りやすい。



では!また。


【花田敬がやりたいこと】

1.金銭教育は社会貢献である

小学校、中学校、高校、大学とお金の勉強をする機会が
ない。
しかし、社会に出てお金の知識がなく苦労する人も多い。
会社社長もお金の知識がなくては、経営がうまくいかない。
EFPが行う事業の中で、金銭教育ができる講師を育てる
ことがマネーセミナー講師養成プロジェクトの目的の1つだ。
プロジェクトメンバーを大学や中小企業で行う「お金の授業」の
先生にしたい。

2.営業教育は社会貢献である。

小学校、中学校、高校、大学と営業の勉強をする機会が
ない。経営学部はある・・・しかし、経営者になる数は少なく
実際は、営業マンになる数が圧倒的に多い。
なぜ、営業学部はないのか? 営業の授業はないのか?
また、中小企業の会社社長は忙しく、営業の研修をする
ことができない。

だから、EFPは保険営業マンに
1.「マーケティングプロセス」研修
2.「セールスプロセス」研修
3.「セミナー営業」研修
など営業関係の講師プロジェクトを行っている。

プロジェクトメンバーを大学や中小企業で行う
「営業の授業」の先生にしたい。

これが僕のやりたいことだ。

【関東学園大学での取り組み】
http://www.kanto-gakuen.ac.jp/univer/academics/sales.htm






コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大好評・・国税庁が認めた合... | トップ | 5億円の税金を法人クレカで決... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

法人保険」カテゴリの最新記事