生保営業の達人

1.社長に会え法人保険が売れる
2.税理士と提携して法人保険契約が増える
3.ドル・変額保険をセミナー営業で売れる

【急上昇】ポスト・節税保険は「社長の可処分所得をトコトン増やす法人55連発」。その理由とは?

2020年08月18日 08時54分52秒 | 法人保険マーケティング

こんにちは、大学の授業開始10分前に、休講だと気づいた
花田敬です。



昔を振り返ると、法人保険の売り方は、

法人保険1.0は、「定期保険などで債務保証、死亡退職金対策」
法人保険2.0は、「節税保険などで生存退職金や含み資産作り」

そして、節税保険がストップした。

ということで、
法人保険3.0の時代に突入したのではないか?

バレンタインショックで、銀行・税理士の法人保険提案が止まった。
同じく、保険営業マンも動きが鈍くなった。

そして、新型コロナで、保険営業マンの法人保険提案も
完全に止まった。

が、

リモート、オンライン、リアルを組み合わせたハイブリット型営業で、
法人保険を確実に契約している保険営業マンが出てきた。

バレンタインショックだろうが、新型コロナだろうが、
生き延びる企業はある。そして、成長する企業はある。

そして、今後も大活躍する保険営業マンは必ずいる。

ということで、

今回の法人55連発は「法人保険3.0」時代に
マッチしています。

「社長の可処分所得」をトコトン増やすという
コンセプトだ。

法人と社長個人、その家族の手取り収入を最大限にする手法で、
保険販売につなげる方法だ。

実は、
節税保険が販売停止になった後でもTOTペースで法人保険を
販売し続けている保険営業パーソンがいる。


法人55連発プロジェクトの講師である大田勉さんです。

節税保険の商品力が弱まった今後「社長の可処分所得をトコトン増やす」は
強力な武器だ。

中小企業や社長のニーズは変わっていません。
節税保険の税務の取り扱いが変わっただけです。

すべての法人が保険を見直す時期に来ている今、
最大のチャンスだ。


●1200名が手に入れた「法人55連発のレポート」「動画」は↓
http://www.efp-sms.com/pj/55_s8/

「法人55連発プロジェクト」はこんな人にオススメです。


◯法人保険と社長の個人保険をW契約できる
 アプローチ方法を手に入れたい方
◯年収1800万以上の社長をメイン顧客にしたい方
◯コロナ禍でも影響をうけることなく売上が上がる
 ビジネスの基盤をつくりたい方
◯オーナー社長や医業オーナーから信頼される
 「情報」や「コンテンツ」を手に入れたい方
◯保険という言葉を使わずにアプローチして
 自然と保険が売れてしまうスキームを手に入れたい方
◯社長から社長へ次々と紹介される好循環をつくりたい方
◯社長に貢献し喜んでもらいその結果として、
社長から保険契約を依頼される王道ポジションを確立したい方
◯個人から法人にシフトチェンジして
 週末はゆっくり家族の時間と自分の趣味の時間に使いたい方
◯税理士と提携して、法人マーケットを拡げたい方
◯オーナ
ー社長や医業オーナーを集客できる
 セミナーコンテンツを手に入れたい方
◯コロナ禍でもワクワク楽しみながら
 保険営業に取り組みたい方




【生保の達人ブログ】

・【大好評】1000名突破!社長が知りたいのは生命保険で現金を生み出す方法。で、その効果的なトークとは?
https://blog.goo.ne.jp/e-fp/e/8774f4b2f4cd824bacd27d714a8da5dd


・月額5万円の経営コンサルタント料をもらっている保険営業マンは、個人保険しかやったことが無かった。彼に何が起きたのか?
https://blog.goo.ne.jp/e-fp/e/49f8e4464290b51fa5753785ce01eaf2

・預金残高4,500 円「全く売れない営業マン」だったソニー生命時代の大田さんの秘密とは
https://blog.goo.ne.jp/e-fp/e/90fd1d4c48c325d8818017e61f350cdd

・【法人保険】5人の社長を集めZoomでセミナー開催し、4人の社長の個別相談を獲得した保険営業パーソンとは
https://blog.goo.ne.jp/e-fp/e/5a4369f8b0fd8c5cde625dc2091caef9

・法人保険をZoomなどオンライン・リモートで開拓・契約できますか? はい、解決策はここにあります。
https://blog.goo.ne.jp/e-fp/e/03653dd533ee69eef0b6a43b643b9b2c


【オススメ】
コロナ時代を生き抜く営業アイデア・「リモート営業戦略とは」
保険マーケティング大学校の無料コンテンツで一部公開中!
http://imu.tokyo/free/video/video_t1.html

最後に【あなたへ】
あなたが大学で教壇に立って講師をすることを楽しみにしています。
すべての大学で「お金と営業」の授業を!  
花田敬


・・・・・・・・・【本文終わり】・・・・・・・・・

【編集後記】

新型コロナの影響で、大学の授業は5月スタートだった。
その関係で授業のスケジュールはそのままスライドのはず。

だった、、、

14日の大学の授業が始まる前にオンライン出席表を確認すると、
出欠のボタンがない。まさかの休み。


では!また。


【花田敬がやりたいこと】

1.金銭教育は社会貢献である

小学校、中学校、高校、大学とお金の勉強をする機会が
ない。
しかし、社会に出てお金の知識がなく苦労する人も多い。
会社社長もお金の知識がなくては、経営がうまくいかない。
EFPが行う事業の中で、金銭教育ができる講師を育てる
ことがマネーセミナー講師養成プロジェクトの目的の1つだ。
プロジェクトメンバーを大学や中小企業で行う「お金の授業」の
先生にしたい。

2.営業教育は社会貢献である。

小学校、中学校、高校、大学と営業の勉強をする機会が
ない。経営学部はある・・・しかし、経営者になる数は少なく
実際は、営業マンになる数が圧倒的に多い。
なぜ、営業学部はないのか? 営業の授業はないのか?
また、中小企業の会社社長は忙しく、営業の研修をする
ことができない。

だから、EFPは保険営業マンに
1.「マーケティングプロセス」研修
2.「セールスプロセス」研修
3.「セミナー営業」研修
など営業関係の講師プロジェクトを行っている。

プロジェクトメンバーを大学や中小企業で行う
「営業の授業」の先生にしたい。

これが僕のやりたいことだ。

【関東学園大学での取り組み】
http://www.kanto-gakuen.ac.jp/univer/academics/sales.htm


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【大好評】1000名突破!社長... | トップ | 富裕層マーケティングの達人... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

法人保険マーケティング」カテゴリの最新記事