生保営業の達人

1.社長に会え法人保険が売れる
2.税理士と提携して法人保険契約が増える
3.ドル・変額保険をセミナー営業で売れる

ちょっとヤバいぐらい盛り上がってきた・・シニア向け相続・終活ビジネス周辺は相続保険の見込み客の宝庫だ

2020年11月25日 08時49分03秒 | 相続保険マーケティング

こんにちは、花田敬です。テレビ局の常務とのミーティングでちょっとヤバいぐらい
話が盛り上がった。

【相続保険大百科】 好評キャンペーン中です↓
http://www.efp-sms.com/pj/nakase/s4/opt/index.html


テレビ局常務「花田さん、盛り上がってきたよ。案件が100件進行中だよ。
具体的な案件も多く、保険FPさんも大活躍だよ。」

花田「今、10名の保険FPに手伝ってもらっていますが、
追いつかないのはないしょうか?」

テレビ局常務「そうだね。相続・終活のアドバイスができる人に手伝ってもらうか、
育てないといけないね。12月1月は相談案件引き受けを抑えようと思っていますよ」

花田「相続・終活マーケットを狙っている人からすると羨ましい状況ですね」

ということで、案件が多すぎるので、
1.マーケティングプロセス
2.商談プロセス
を見直すことにした。
今日のミーティングで議論する予定だ。


さて、昨日も書いたが、
僕は熊本でテレビ局と合弁会社(http://kazomado.com/)を作り、
シニア層の相続・終活支援ビジネスを行っている。

この会社は研修や勉強会だけではなく、実務を行っている。
弁護士、司法書士、公認会計士、税理士、社労士などの専門家も
10名協力参加している。

士業にとっては相続・終活相談者=見込み客だから、マーケティングが
苦手な彼らにとっては参加したいのだ。

保険FPにとっても同じだ。新規のシニア層との出会いがどんどん
生まれる。相続保険が得意な保険FPは目の前に見込み客が現れる
ので、このスキームは最高のマーケティングだ。

また、士業が集まって来るということは、保険FPが運営側に入れば、
士業提携は楽勝になるのだ。

話は変わるけど、
僕はソニー生命の前職で「ゼンリンの住宅地図」とリストを使って

ビジネスで大きな儲けを出した。

 

僕の担当事業の1つである自動車学校の売り上げを県下32校中31位から
NO1にした。さらに「運転免許相談会」というセミナーを行い、新規の顧客を
獲得し続けたのだ。

ゼンリンの地図を使うと、自分が狙っている見込み客をリスト化できる。
例えば、土地は場所によって値段が違うが、医者や社長などの
お金持ちが住んでいるのは土地代が高い場所だ。

このように富裕層のターゲットリストを作るには、ゼンリンの地図が活躍する。
ゼンリンの地図の活用法が天才的にうまいのが、中瀬敏さんだ。

ということで、、、

シニア資産家の社長・医者・地主から相続保険をお預かりする
100本以上の契約方程式をまとめた
中瀬敏氏の【相続保険大百科】を初公開します。
→ http://www.efp-sms.com/pj/nakase/s4/opt/index.html
https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2c/a8/177333c15a3a142ba6f992bb82da78bb.jpg

↑オンライン説明会の申し込みも上記URLからどうぞ。


いま、あなたは保険販売において
どんな戦略を持っているだろうか?

法人保険は
バレンタインショックからのコロナ禍で
ますます厳しくなっている。

個人保険も、
メインターゲットの若年人口が減るなか、
来店型ショップやネット販売など
ライバルが増える一方だ。

法人も個人も厳しい今の保険業界で、
ただやみくもに動いて成果を出すことは難しい。

あなたは次の3つの質問に
すぐ明確に答えられるだろうか。

1.どのマーケットで戦うか?
2.誰をお客さまにするか?
3.他のプレイヤーと何が違うのか?

この3つの「戦略」が勝負を左右する。

しかし、実際にはここがあやふやなために
法人と個人のマーケットの狭間で
にっちもさっちも行かなくなっている
保険営業パーソンが非常に多い。


では、どうすればいいのか?

このコロナ禍で保険営業パーソンは
どんなマーケットを開拓すればいいのか?

具体的に、
どうやって保険契約をお預かりすればいいのか?

その答えは、すでに用意してある。

カギを握るのは、
保険の契約単価が高く、
超有望なシニア資産家・相続マーケットだ。

その完全攻略法がすべて詰まった
相続保険大百科の内容を
今すぐ確認して欲しい。
↓↓
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

【相続保険大百科とは】

シニア資産家・富裕層の相続保険に特化して
27年のキャリアがある中瀬敏氏が今までの経験や
ノウハウをすべてまとめた相続保険の契約方程式。
その数は100本を超え、
具体的に何をどうすればシニア資産家の
社長・医者・地主から相続保険をお預かりできるかが
分かる大百科。

「期間限定」
実践レポート&動画プログラムを無料プレゼント
登録はこちら↓
http://www.efp-sms.com/pj/nakase/s4/opt/index.html
※登録後、すぐにプレゼントを受け取ることできます。
~相続保険プロジェクト~

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

なぜ「シニア資産家の相続マーケット」が
超有望だと言えるのか?

それは、このマーケットが
(1)規模 (2)ニーズ (3)資産と
3拍子揃っているからだ。

日本では若年層と対照的に、
65歳以上の人口は2040年まで増え続ける。

しかも、日本の家計金融資産1,903兆円のうち
実に9割を60歳以上のシニア層が占有している。

もしあなたが保険業界で勝ちたいなら、
人口・金融資産ともに
ボリュームのあるところに行くのは当然のことだろう。

しかも、
相続は資産家の誰しもに関係する話であり、
お金を分ける、渡すことにおいて
保険は大きな強みを発揮する。
ここには強力で広いニーズがある。

さらには、
コロナ禍でも収入が減っていないのがシニア層だ。
給料やボーナスと違い、
年金はしっかりと確保されているのだから。

この他にも、
シニア資産家の相続マーケットが
魅力的な理由はまだまだある。
もはや、やらない理由がないくらいだ。

「いや、資産家マーケットが有望なことくらい知っている。
でも、相続は知識が必要で難しいし、
具体的にどう保険に落とし込めばいいのか分からない。」

もしかしたら、
あなたはそう思ったかもしれない。

安心してほしい。

私たちは今回、
具体的にどう相続保険を契約するのか?
【相続保険大百科】には
その「方程式」が100本以上用意されている。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

【相続保険大百科とは】

シニア資産家・富裕層の相続保険に特化して
27年のキャリアがある中瀬敏氏が今までの経験や
ノウハウをすべてまとめた相続保険の契約方程式。
その数は100本を超え、
具体的に何をどうすればシニア資産家の
社長・医者・地主から相続保険をお預かりできるかが
分かる大百科。

「期間限定」
実践レポート&動画プログラムを無料プレゼント
登録はこちら↓
http://www.efp-sms.com/pj/nakase/s4/opt/index.html
※登録後、すぐにプレゼントを受け取ることできます。
~相続保険プロジェクト~

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


世の中には相続についての勉強会が多数ある。

しかし、保険営業パーソンの真の悩みである
「こういうときはどんな商品を提案すればいい?」
「このパターンはどういう保険契約に落とし込めばいい?」
「そもそもどうやって資産家・富裕層と出会うの? 何を話せばいいの?」

こんな具体的な疑問には答えてくれない。

そこで今回のプロジェクトでは、
シニア資産家・富裕層の相続保険に特化して
27年のキャリアがある相続保険のプロ・中瀬敏さんの
今までの経験やノウハウを
【相続保険大百科】としてまとめた。

これを見れば、
相続保険の契約パターンの方程式が
100本以上手に入る。

このプロジェクトを受講し終わったとき、
あなたの頭の中は

<<具体的に何をどうすれば
シニア資産家・富裕層から保険契約をお預かりできるのか?>>

この疑問がスッキリ解消し、
新規開拓も既存顧客からの追加契約も
次々に決められるあなたになっているはずだ。

期間限定で
「実践レポートと動画プログラム」を無料提供している。

まずはチェックしてみてほしい。

=====================

シニア資産家・富裕層から相続保険の契約を
お預かりする方程式が100本以上
【相続保険大百科】

社長・医者・地主がターゲット!
MDRT・COT10回の中瀬敏が実践する
相続保険が売れる方程式を完全公開

【期間限定】
相続保険プロジェクト
無料実践レポート&動画プログラムをプレゼント
登録はこちら↓
http://www.efp-sms.com/pj/nakase/s4/opt/index.html
※登録後、すぐにプレゼントを受け取ることできます。

=====================

<無料動画プログラムの内容>
〇法人マーケットも個人マーケットも厳しい今、
「資産家シニアの相続マーケット」が超有望な理由とは?
〇これから「資産家シニアの相続マーケット」に新規参入して
成果を挙げるために必要なこととは?
〇中瀬さんがコロナ禍でも連続で追加契約をお預かりし
変わらずCOTを達成し続けられるワケとは?
〇相続の知識よりも重要な「相続保険の方程式=フォーミュラ」とは?
〇相続マーケットを始めるときに多くの人がつまずくポイントとは?
〇30名以上のシニア層が相続の個別相談にすぐ集まった理由とは?
〇新規だけでなく既契約者からも
継続的に追加契約をお預かりする方法とは?

それでは、動画プログラムでお会いしましょう。
あなたのご参加をお待ちしています。



最後に【あなたへ】
あなたが大学で教壇に立って講師をすることを楽しみにしています。
すべての大学で「お金と営業」の授業を!  
花田敬


コメント   この記事についてブログを書く
« ゼンリンの地図から富裕層リ... | トップ |  毎月100件のシニア向けの相... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

相続保険マーケティング」カテゴリの最新記事