生保営業の達人

1.社長に会え法人保険が売れる
2.税理士と提携して法人保険契約が増える
3.ドル・変額保険をセミナー営業で売れる

【脱・節税保険】 2537人のお医者さんへの販路を開き、保険契約の連鎖を起こしている仕組み&ツールとは

2019年03月06日 09時20分49秒 | キャンペーン

【脱・節税保険】2537人のドクターマーケットを開拓した驚きのツール公開(オンライン講座)


https://doctor-brain.jp/sp/1902lp/
(現役のお医者さんの反応・・・)



説明会(参加特典付き)で直接聞きたい方は

http://gu-works.com/lp-test/doctorbrain6/thanks.html


個人事業者の新事業承継税制のメインターゲットは開業医だ。

富裕層である個人事業者の事業承継を円滑にできるために
できたのが、個人版事業承継税制。

事業用宅地、建物、減価償却資産の100%が納税猶予の対象だ。

高額な医療器材、土地、建物などが必要な開業医はターゲットに
なるのは間違いないですね。

ということで、
【脱・節税保険】から流れが大きく変わる。

注目されるのはドクターマーケットだ。

ドクターブレインプロジェクトに受講生の事例を紹介します。

01.浜田さん(1社専属のため仮名)

取材件数25件 契約7件 初年度手数料トータル約400万。
開業医の知りあいゼロ 契約者ゼロ クリニックの前で30分
飛び込もうか やめようか と30分悩むところからのスタート。
勉強会を開催しているクリニック様の事務局を今では担当!
毎月、見込客が勝手に増えるようになりました。
今では、医療法人しかいきません。

02.田中さん(1社専属のため仮名)

損害保険中心の代理店勤務 損保営業のかたわらに、
プロジェクトの活動を開始しました。
勉強会の仲間の知り合いの税理士から、紹介がもらえるようになった。
紹介してもらったクリニック様から3契約。
【取材件数】25件(訪問件数90件→院長面会45件)
契約件数5件ACトータル355万
開業医の見込客 30件。

とうことで、
開業医を開拓している保険営業マンと毎月勉強会をしているが、
成果がデカいね。

先週も月額145万円の保険契約をしたと報告受けました。


さて、
僕は1995年から数多くのお医者さんと保険契約をしてきた。
個人の開業医から50億円の売り上げがある医療法人が顧客だった。

僕は現在保険募集人ではない。
だからこそ、見える世界がある。

この立場が社長や医師、税理士と話をする上で有利だ。
僕から保険を売り込まれる心配がないからね。


ということで、
開業医攻略のポイントを全公開する。

https://doctor-brain.jp/sp/1902lp/
(開業医開拓の極意に興味がある方どうぞ)

東京と大阪で開催中。
(3月15日東京は僕が講師します)

まず、なぜお医者さんが保険のマーケットとして有望かを
整理してみよう。

お医者さんは代表的な資産家層である。
個人保険で月額50万円の保険料を払う。
医療法人だと年間1億円払うこともある。

しかも、医療マーケットは超拡大している

こんなに右肩上がりの業種はほかにない。

保険営業マンが成功を継続するには、伸びるマーケットで
活動することが大事だ。

どんな知識やノウハウがあっても開拓するマーケットを間違うと、
宝の持ち腐れになる。

日本の長寿化はしばらく続く。医師不足だ。
クリニックの売上は安定して右肩あがり。

ということは、開業医に倒産がすくない。
保険料を安定的に払える貴重なマーケットだ。



僕らの仲間になりませんか?
お医者さん2537人を開拓した方法 まずはこれをご覧ください
https://doctor-brain.jp/sp/1902lp/
(本物のお医者さんが登場しています)


もう手遅れか。そんなことはない。
毎年新規で5000の開業医が誕生している。
3年もすれば立派なクリニックとして、
売上も安定してくる。



ということで、
お医者さんとの保険契約が増えてくると、
あなたのマーケットは富裕層に広がる。

理由はこれだ。

お医者さんは信頼性が高い。だからあなたの信頼性が上がる。
お医者さんをターゲットにした富裕層ビジネス家があなたに近づく。
税理士はお医者さんを開拓したいからあなたと提携したがる。
会社社長もお医者さんには弱い。だからあなたをすごいと思ってしまう。
お医者さんの友達はお医者さんが多い。紹介連鎖が広がる。

お医者さんを顧客に持っているあなた。
お医者さんを開拓しているあなた。

あなたには5大マーケットが待っている

それは、

・資産家マーケット
・相続マーケット
・税理士マーケット
・社長マーケット
・ドクターマーケット

魅力的なマーケットばかりだ。


「お医者さんは保険契約になりやすい」

開業医は経営者でもある。しかし、経営に必要な「人」「もの」「金」
のうち「もの」は自分の技術と知識があるが、
「人」と「金」には弱い。

「お金」に関しては、ドンブリ医者が多い。
税理士に任せていれば、資金繰りを良くなり、お金を残すことができると
思っている。

「保険」に関しては、「なんとなく医者」が多い。
なんとなく勧められたので契約している。

だから、個別に話ができれば下記のように保険契約になりやすい。

技術者=経営者なので、お医者さんに万一のリスクが大きい。医師の死亡=廃業
お医者さんに万一のことがあっても、妻は子供を医者にさせたいので
保険金は高額になる。
医師または奥さまが身体のリスクに詳しいので、保険の良さがすぐにわかる。
高額収入が安定して入るので、高額な保険料が継続して払える。
家族、親戚が富裕層で相続が問題になっているので、保険契約になりやすい。


「どんな保険が売れるのか」

開業医は「個人」「法人」両方の保険が当てはまる。
医療法人でない限り個人保険と同じだ。

富裕層が多いので相続問題が起こる可能性が高い。
だから終身保険(外貨・変額含む)が売れる。

医療法人だって終身保険で良い。
税率が低いので、節税保険は必要ない。
(消費税もない)

院長のライフプランを聞くことで、保険のニーズは
どんどん出ている。

「では、どうやって会えばよいのか」

キーワードは院長先生のハートを掴むことだ。

ます、これの実例を見て学習しよう。

オンラインライブ(開業医開拓の現場)
https://doctor-brain.jp/sp/1902lp/






【花田敬がやりたいこと】

1.金銭教育は社会貢献である

小学校、中学校、高校、大学とお金の勉強をする機会が
ない。
しかし、社会に出てお金の知識がなく苦労する人も多い。
会社社長もお金の知識がなくては、経営がうまくいかない。
EFPが行う事業の中で、金銭教育ができる講師を育てる
ことがマネーセミナー講師養成プロジェクトの目的の1つだ。
プロジェクトメンバーを大学や中小企業で行う「お金の授業」の
先生にしたい。


2.営業教育は社会貢献である。

小学校、中学校、高校、大学と営業の勉強をする機会が
ない。経営学部はある・・・しかし、経営者になる数は少なく
実際は、営業マンになる数が圧倒的に多い。
なぜ、営業学部はないのか? 営業の授業はないのか?
また、中小企業の会社社長は忙しく、営業の研修をする
ことができない。

だから、EFPは保険営業マンに
1.「マーケティングプロセス」研修
2.「セールスプロセス」研修
3.「セミナー営業」研修
など営業関係の講師プロジェクトを行っている。

プロジェクトメンバーを大学や中小企業で行う
「営業の授業」の先生にしたい。

これが僕のやりたいことだ。

↓関東学園大学での取り組み


http://www.kanto-gakuen.ac.jp/univer/academics/sales.htm

では、また!
あなたの成功をお祈りしています。
花田





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【相続保険100本ノック】税務... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

キャンペーン」カテゴリの最新記事