生保営業の達人

1.社長に会え法人保険が売れる
2.税理士と提携して法人保険契約が増える
3.ドル・変額保険をセミナー営業で売れる

【生命保険営業】 ヒアリング  「ポイント4  提案するための条件を聞く 」

2012年03月28日 21時52分46秒 | 保険マーケティング

最新のコンテンツ、ノウハウはメルマガで配信中

 

 

●ポイント4 提案するための条件を聞く

ポイント1で「お客さまの心をさらに開かせる」
http://blog.goo.ne.jp/e-fp/e/2c7d0fdf8c75589abbc0b5cfcdf622cd 

ポイント2で「お客さまの現状を把握する」
http://blog.goo.ne.jp/e-fp/e/15ba3673ce23ea343801930e19cd7fc9

ポイント3で「お客さまのニーズを引き出す」
http://blog.goo.ne.jp/e-fp/e/423a7f5c75fee933a57a4c30a0df6c61

ここまで来たら、提案するための情報を聞き出さなければなりません。


クロージングで失敗する原因は「ヒアリング」にあります。


「お金が払えない」「知人、親戚だから今の契約を断れない」
など、新しい提案への断りの理由があります。


これは、「ヒアリング」でしっかり聞いていないことが原因です。


お金に関しては、


お客さまの予算、支払能力も聞いておきます。そもそも「いくらなら
出す」というものはお客さんのニーズにはないものです。


お客さまにとっては、「安ければ安い方」が良いのです。


そうは言っても安い保険を提案してもお客さまのニーズを
満たすことができないかもしれません。


例えば、「月々2万円の予算であらゆる保障が必要な場合、
すべてをカバーすることができないので、優先順位をつけ
なければなりません」

「月々4万円なら、貯蓄性がある保険にも加入できますが、
ご予算はございますか?」

と、お金について率直に聞いておかなければならないのです。

また、人間関係については
「知人から加入しなければならない」
「親戚から頼まれている保険を断ることができない」
などの事情があるでしょう。


これはヒアリングの段階で聞いておかなければならないのです。


実際にプレゼンテーションまで進んだ場合、お客さまも営業マンも
どうしていいのかわからなくなります。


1. 知人、親戚がいても、いい提案ならあなたから入る
2. いい提案でも、知人、親戚に頼む


この2点ははっきりしておいた方がいいでしょう。
現実にはこのようなケースが頻繁におきます。


お客さまに提案するときには、事前にお客さまの立場や
状況をしっかりと聞いておくことは、お互いのためになります。


*****

保険営業の課題は
1.有効な見込み客との「出会い」
2.有効な見込客に使える「時間」
3.有効な見込み客を「フォロー」

つまり、新規顧客開拓!!

【マネーセミナー集客、見込み客の育成、紹介数の増加】



ザイオンスの効果をご存じですか? 検索で調べてみてください。
売れる営業マンは顧客との接触をあらゆる形で行っています。
ポイントは「顔」なのです。
「顔」も「名前」も知らない人、覚えていない人に選挙で投票するひとは
いません。 それほど、「顔」と「名前」を覚えてもらうことは大事なのです。

【1】人脈のリストを作ることはとても大事です。しかし、そのリストに何も
提供できるものがないと作る気がしません。リスト作ろうという気にさせるのが
eFPの営業メールシステム(ACTION M)

【2】eFPの営業メールシステム(ACTION M)は毎月のメールには
顔写真が入ります。(誕生日やクリスマスグリーティングも同じ)

【3】営業マンの大事な顧客との面談時間を確保するため、毎月のメールは
自動配信されます。(誕生日やクリスマスグリーティングも同じ)
安定的に顧客を創造するためのメールシステム(ACTION M)

無料のコンテンツは↓
http://www.imu.tokyo/contents/

コメント   この記事についてブログを書く
« セミナー開催 私の友人、牧... | トップ | 【生命保険営業】 プランニ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

保険マーケティング」カテゴリの最新記事